メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「常滑焼マグカップ」検索結果。

常滑焼マグカップの商品検索結果全18件中1~18件目

信楽焼カフェオレボウル緑作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

Amazon

3,240

信楽焼カフェオレボウル緑作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる、信楽焼の陶器です。良質の陶土を持つ土地柄で、陶器の長い歴史があり、日本六古窯のひとつに数えられています。陶器の質感を楽しめるシンプルな食器をお探しの方に、信楽焼のなか工房がオススメです。フランスの朝食でよく使われているのが、この形のカフェボウル。パンをコーヒーに浸して食べる習慣があり、日本のご飯茶碗に取っ手を付けたようなこの形が、とても使いやすいんです。コーヒーを飲む他にも、スープマグとして使ったり、フルーツを盛ったり、お菓子を入れてテーブルに出したりするのもオススメです。容量はなみなみ注いで約280ml。マグカップとしては大きめですので、男性用にもどうぞ。中村文夫 陶歴1949年静岡県浜北市に生まれる1968年県立浜松北高等学校卒業1974年静岡大学中退信楽に入る1980 - 81年メキシコ、アメリカで1年間研修1981年ギャラリー「SINNO」展示(ロサンゼルス)、個展 ギャラリー陶園('83 '85)1982年信楽造形展(信楽伝産会館)1983年滋賀明日の美術展(八日市文芸会館)、常滑 信楽ジョイント展('85)、蔵王野外展、東京真木画廊企画(山形市)、クラフト展(大津西武百貨店)1985年カップ展(有楽町阪急百貨店)1986年セラミック・アネックス・シガラキ('86 '87 '88 '89 '90 '91)、信楽伝産会館・滋賀県立美術館ギャラリー1988年セラミックス・ワーク・ショップ(渋谷東急百貨店)1990年1990国際工芸ビエンナーレ 招待出品(フランス パリロス市)1991年信楽現代作家陶芸展(信楽伝産会館)1993年「北の菓子器」展参加(北海道)1994年「メモリアル フェスタしがらき」陶芸展参加(信楽陶芸の森)1995年第2回四日市万古焼土鍋コンペ:審査員特別賞受賞、器展...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク