メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山椒すりこぎ」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
美濃焼 梅花皮(かいらぎ)しのぎ鼠志野 コーヒー椀皿佐藤 公一郎作

LOG CABIN ログキャビン

12,960

美濃焼 梅花皮(かいらぎ)しのぎ鼠志野 コーヒー椀皿佐藤 公一郎作

美濃のやきもの 今から四百数十年前、信長・秀吉・家康が生きた戦国時代に美濃の国(現在岐阜県美濃地方)では、日本独自のやきもの志野が生まれ、ほぼ同時期に黄瀬戸・織部・瀬戸黒など個性豊かな陶器が数多く焼かれました。 そして戦国大名や堺の豪商たちに間では茶の湯が流行し、志野・黄瀬戸・織部・瀬戸黒の茶器はおおいに用いられ、その姿は現代に生きる私たちの目にも触れることができます。今でも当時の窯跡が可児や土岐の山中に点在しています。 弊窯は可児市に位置し、当時に近い原料を用いて、黄瀬戸・鼠志野・かいらぎ(梅花皮)の赤志野などを簡素で機能的な器として現代の生活に生かすべく制作に取り組んています。美濃のやきもの 今から四百数十年前、信長・秀吉・家康が生きた戦国時代に美濃の国(現在岐阜県美濃地方)では、日本独自のやきもの志野が生まれ、ほぼ同時期に黄瀬戸・織部・瀬戸黒など個性豊かな陶器が数多く焼かれました。 そして戦国大名や堺の豪商たちに間では茶の湯が流行し、志野・黄瀬戸・織部・瀬戸黒の茶器はおおいに用いられ、その姿は現代に生きる私たちの目にも触れることができます。今でも当時の窯跡が可児や土岐の山中に点在しています。 弊窯は可児市に位置し、当時に近い原料を用いて、黄瀬戸・鼠志野・かいらぎ(梅花皮)の赤志野などを簡素で機能的な器として現代の生活に生かすべく制作に取り組んています。 伝統工芸士 佐藤 公一郎 寸法 カップ 口径 約9cm 高さ 約7cm 皿 直径 約17cm 梅花皮 (かいらぎ) かいらぎ(「梅花皮」「梅華皮」とも書く。 井戸茶碗の高台付近に焼き付けられた粒状、縮れ状の焼き物。 刀剣の柄に巻くエイの皮を「梅花皮(かいらぎ)」と言い、 その表面に似ていることから「かいらぎ」と呼ばれる。 しのぎ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク