メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「小茶碗」検索結果。

小茶碗の商品検索結果全2,046件中1~60件目

送料無料
萩粉引小服茶碗

日本橋ギャラリー紫苑

10,800

萩粉引小服茶碗

サイズ 径 約 11.8cm 高さ 約 8cm 付属品 真田紐付桐共箱、しおり 原産地 日本製(山口県) 商品の特徴 新品(最新作)、手造り全て手作りのため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、荒土のため石はぜや、焼成中炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。また萩焼は、水が染み出す場合がございますが、使い込むうち自然に止まり、茶慣れが味わいとなり愛着が湧くのでございます。 数 量 こちらの商品は現品限りでございます。 ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。萩焼の由来 萩焼は、わが国の陶器の中でも特に古来より「一楽二萩三唐津」と称せられ、その軟らかく口当たりの良い土味で古くから茶器としてお茶人の間に広く賞用されて参りました。 慶長の昔、毛利藩主輝元公が、朝鮮の陶工、李勺光、李敬兄弟を連れてきたり藩の御用窯として開窯したのを始めとし、以来400余年の間伝統を守り、歴代陶工のたゆまぬ精進と愛好家のご支援の下、今日の名声を戴くに至っております。 萩焼はご使用と共に、次第に色及び光沢に古雅にして素朴な風趣変化を見せ、世人は「萩の七化け」と賛え非常に珍重されております。 山本京山 作 萩粉引小服茶碗 山水庵 人丸窯 山本京山 略歴 日展常任理事故吉賀大眉先生に師事。 昭和52年 第26回萩市美術展入選、以降連続入選。 同年 第31回山口県美術展覧会入選、以降連続入選。 第17回現代工芸美術中国部会展入選 第76回九州・山口陶磁展入選 今回出品の作品は...

えんむすびご飯茶碗 芳山 小

Amazon

6,800

えんむすびご飯茶碗 芳山 小

清水焼京焼の代表的な絵柄、縁起の良いえんむすびのご飯茶碗 小のサイズです。 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 何処が縁結びかと云いますと、茶碗内側と外側で描きわけられた染付の青と赤絵。 縁でしっかり結ばれていることにあります。 外側に赤絵の網目、内側に青の網目が描かれているのがお分かり頂けるかと思います。 青は男性を、赤は女性をあらわしています。 茶碗の形状は丸みを帯びず、高台からスッとストレートに開いた昔ながらの茶碗の形をしています。 外側の赤絵。下絵と上絵を織り交ぜてますので焼き上がりまで都合3回窯で焼く手の込みようです。 網目が縁起が良い理由のひとつに投網のように幸せがすくえることが挙げられます。 京焼・清水焼の網目の茶碗は高台の中まで描き込んで網に穴が開かないように閉じています。 内側の染付の網目。 均等に同じ線の太さで割り付けられています。 ご縁のために結び目はほころぶことなくしっかりと内外両側で結びあっています。 ◆商品番号 4113 えんむすびご飯茶碗 小【送料無料】 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 ■食器洗浄機 電子レンジ OK ■寸法 小 直径12cm 高さ4.8cm 重さ100g 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

赤絵平八龍小茶碗

Amazon

8,800

赤絵平八龍小茶碗

京焼き清水焼の代表作。 五爪の龍、平八龍ご飯茶碗の、小茶碗です。平八の赤い龍は珍しいです。 約直径10センチ、ダイエットや少食のかたにぴったりのサイズです。 古の昔、五条の平八が始めたことで有名なこの平八龍の絵付け、 京都では五爪の龍として、出世の縁起を担いで代々男の人に使わせているご家庭も多いです。 正面の龍の絵付け。京都独特、平八独特の龍です。 中国の陶磁器のように精緻に描くと言うよりむしろ豪快に筆の勢いを活かした速筆で描かれています。 龍につきものの長く炎が伸びる火炎宝珠、雲や雷の菱文も龍の肢体の隙間にびっしり描かれています。 力強い龍の体。鱗一枚一枚まで手描きです。 昭和の京都、男は龍、女は網でたべるものとされ、特に平八の龍は出世の縁起物。 割れてもこのお茶碗をいまでも買い足して代々使っておられるご家庭が多いです。 内側は真っ白。芳山さんのご飯茶碗はどれも驚くほど軽いです。 京都の出世の縁起物の茶碗、平八五爪龍。 五本爪の龍といえば、ご存知のように「皇帝」のみが所持できた最高位の龍です。 ◆商品番号 3708 平八龍小茶碗 赤 芳山 ■食器洗浄機 電子レンジ OK ◆寸法 直径10.5cm×高さ5cm 重さ100g 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

網目蓋付ご飯茶碗 小

Amazon

8,800

網目蓋付ご飯茶碗 小

清水焼京焼の代表的な絵柄、網目の蓋付ご飯茶碗 小のサイズです。 網目で幸がすくえる網は必ず結び離れないこと網の絵は内外続き底まで書き穴がないこと 網、特に赤い網は血管を表し、中風のまじないであること外国でも内側の中心にオアシスにみえること 投げ網でいわゆる一網打尽、一度に捕らえ尽くして勝利を得ることから武将の紋章に喜ばれたこれらはすべて伝え聞いた網目の縁起を書き起こしたものです。 全国的に見られる網目の器、機械化された現代においても、京都は正真正銘の手作り、手書きで行っております。中でもこの窯のものは見込み(器の底)はもちろん、蓋の裏から高台の中までつながって描かれています。 特に筒状の器の内側まで描き込むのは直筆できず、呉須飛びや線描の統一に相当気をやり誰にでも描けるものでありません。京都では網目、編み目、地方名で、網代、網白、アジロ、投網など様々に呼ばれるのは昔から日本人が好んでいる証でもあります。この窯元のロクロ師さんはご飯茶碗を最も得意とされていますので手に持った時の感覚が全然違います。よく見る網目文の器ですが、蓋付きとなると作りにくく、値段も高いせいかグンと種類は少なくなります。この茶碗、蓋の裏はもちろん、高台の中まで網目模様を描いています。 清水焼らしい白地に藍の色合いとシンプルな輪繋ぎの図柄、網目文は昭和から平成に変わっても愛用されている不朽の逸品です。 ◆商品番号 2530 染付網目ご飯茶碗 蓋付 小 ■食器洗浄機 電子レンジ OK 直径12cm 高さ7cm

白山陶器 ねじり梅 なつめゆのみ 小(赤)

ベルセーブ

2,160

白山陶器 ねじり梅 なつめゆのみ 小(赤)

シリーズ ねじり梅サイズ約φ58×H80mm(160cc)材 質磁器セット内容湯呑み茶碗 × 1デザイン森正洋原産国日本製(Made in Japan)メーカー白山陶器 株式会社商品説明手に収まりの良い、使い勝手の良いデザインの湯呑み茶わん。赤が小ぶりで、青が大きめのサイズになっています。ねじり梅湯呑み茶碗(大)青は、コチラ [白山陶器 ねじり梅 TOP]おすすめ! ご飯茶碗白山陶器 茶碗かのん大白山陶器 茶碗かのん小白山陶器 茶碗丸紋つなぎ白山陶器 茶碗セピアライン大白山陶器 茶碗セピアライン小白山陶器 茶碗平茶碗 E-4白山陶器 茶碗平茶碗 F-15白山陶器 茶碗平茶碗 G-10白山陶器 茶碗平茶碗 Q-54白山陶器 茶碗平茶碗 Q-58有田焼 KIHARA水玉ご飯茶碗伊賀焼 長谷園十草 ご飯茶碗ねじり梅 2011年度グッドデザイン賞/ロングライフ・デザイン賞受賞森正洋によりデザインされ1968年から販売されている食器のシリーズ。家庭用食器の基本アイテムを、丸味をおびたモダンで親しみやすいフォルムデザインとし、肥前地区の伝統技法「呉須濃(だ)み」をもちい、家紋の「ねじり梅」を描いた。古典的な家紋を伝統的技法と大胆なアレンジにより、モダンなフォルムと見事に融合させています。発売以来、アイテム構成に多少の変遷を経ながらも、幅広い層の生活者から支持を得て生産・販売を続けているロングセラー商品です。

昇竜ご飯茶碗 芳山 小

Amazon

8,800

昇竜ご飯茶碗 芳山 小

清水焼の加藤芳山の染付昇龍ご飯茶わん 大のサイズです。 清水焼の通称、いしもん、と呼ばれる磁器の白さを活かしたご飯茶碗。 外側には龍の画が描かれています。 玉を掴んだ五本爪の竜が昇っていく、昇竜の絵柄は縁起の良い意匠です。 五本爪の龍は中国の青華でとりわけ好んで描かれ、皇帝のみしか使うことを 許されなかった龍の文様です。 日本でも割合、高級な染付に、最高の吉祥文の一つとして使われています。 内側は縁の下に正面から見たときの遠近がでるように雲が描かれています。 空にのぼって行く竜。のぼり竜。 縁起のよい昇り竜と意のままに欲しいものが手に入る宝珠は最高の組み合わせなのです。 スッーと横に開いた形状。 外側の白磁の素地は純白で清い光りを放つ。 清水焼の魅力を存分にたたえる作品に仕上がっています。 ◆商品番号 4381 染付昇竜ご飯茶碗 芳山 大 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 ■手洗い ◎ 食器洗浄機 △ 電子レンジ △ ■寸法 大 直径12.5cm 高さ5cm 重さ 100g 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 京焼・清水焼 窯元 陶歴 芳山窯 加藤 吉継 昭和二十八年 京都市東山区今熊野に生まれる。 昭和四十六年 京都市立伏見工業高校窯業科を卒業 京都府立陶工訓練校にて、ロクロ成形を習得、専攻科にて技術を磨く。 その後、家業の芳山窯を継承し、 現在京都日吉製陶協同組合にて活躍中

色絵だるまご飯茶碗 小

Amazon

2,800

色絵だるまご飯茶碗 小

清水焼の陶仙窯の七転び八起きをモチーフにしただるまの絵柄のご飯茶碗 小のサイズです 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 茶碗の内外には8人のダルマさんが描かれていますので、七転び八起き。 だるまさんがクルッと転んだ。 でも「転んでも転んでも心配することはありません。その度に起き上がり、 また、一から始めなさい。今度はきっとうまくいくでしょう」 「だるま」の心を描いています。 縁起ダルマの赤を正面に描いて、それを取り巻くように色とりどりのダルマが 描かれています。つぶらな瞳、踏ん張ったような物言わぬ表情。 一筆ずつ職人が手描きで完成させました。 茶碗の丸い形は家庭や社会の円満を意味しているそうです。 水彩画のような柔らかい色合いは釉薬の下に描かれる、 通称、下絵付けとよばれるもの。 傾いたり、ひっくり返ったり、物言わぬダルマの口は描かれていません。 内側は白。たっぷりとかかった白泥がミルクのような白さ、 粉引の白は磁器の白と異なり白に暖かみという要素が加わります。 かわいくて、丸っこいダルマさんは幸せの縁起物、 七転び八起きの茶碗を手元に置いて、お守りにもおすすめです。 ◆商品番号 2488 色絵だるま ご飯茶碗 小 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 ■手洗い ◎ 食器洗浄機 △ 電子レンジ △ 寸法 小 直径11cm 高さ5cm 重さ160g 化粧箱付

小久慈焼 湯呑み煎茶碗

Amazon

1,080

小久慈焼 湯呑み煎茶碗

【小久慈焼 湯呑み_伝統的に受け継がれた釉薬のもつ渋味と素朴さ】 小久慈焼の起源はいまから約二百年前、初代熊谷甚右衛門が相馬から来た陶工嘉蔵に師事したことに始まります。甚右衛門は師の技術を習得するとともに、地元で採れる粘土を用い小久慈焼特有の釉薬を創り出しました。その釉味が八戸藩主に認められ藩の御用窯として茶碗、皿、ツボ等を焼き出すに至ります。それら釉薬のもつ渋味と素朴さは伝統的に受け継がれ、今日でも変わらない小久慈焼の大きな魅力になっています。また、製作も昔ながらのロクロを用い手作りをしています。それらは、生活に即した民藝品に注目して「用の美」を唱え、民藝運動を起こした柳宗悦氏にも認められ、その真価はさらに高められました。粘土は久慈市夏井の久慈粘土、乳白色を出すためのもみがら、どちらも地元で採れるものを原材料としています。自然のものを使っているため、焼き上がりは、釉薬の具合いから、粘土の収縮具合いまでひとつひとつ異なって参りますので、その点ご了承下さい。程よい厚みと独特の青みがかった乳白色は、緑茶を入れて召し上がるのにちょうどよいです。茶呑みは、煎茶碗と比べ飲み口が少し厚めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク