メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「多用椀」検索結果。

多用椀の商品検索結果全422件中1~60件目

送料無料
【送料無料】伝統の技が光る淡竹椀かご【smtb-KD】

虎斑竹専門店 竹虎

14,040

【送料無料】伝統の技が光る淡竹椀かご【smtb-KD】

高足真竹かご足付き台所籠磨き楕円盛り籠足付スズ竹水切り籠(大)篠竹水切り籠水きりかご(大)スズ竹手付き六角盛籠(大)伝統と匠の飯籠(網代蓋)一生もの、苺籠■伝統の技が光る淡竹椀かご■サイズ:約直径35×H15cm■重さ:約390g■素材:淡竹■原産国:日本製・国産昔から継承されてきた竹の手仕事。その長い伝統の中で磨かれ鍛えられてきた技が光る椀かごです。工房の周りの山で手にはいりやすいのは竹細工に多用される真竹ではなく淡竹(はちく)でした。 職人によっては扱いが難しいと敬遠されることもある竹を「しなりと粘りがある」と自分達にとっては手に馴染んだ竹素材だと手際よく籠を編み込んでいく姿に圧倒されます。人の暮らしの中で生まれ、鍛えられてきた籠だけが持つ強さと優しさを感じる今の日本では本当に少なくなった希有な存在なのです。 今でも自ら竹林に出掛けて行き、これと決めた自分好みの竹を伐りだします。竹を割りヒゴにして編み込む技は父から受け継いだ伝統の技。ずっと昔から続けてきた生活の中の竹籠作り。 使い手と直接触れ合う事で鍛えられ、磨かれてきた自信の竹編みは代々使われてきた竹包丁と共に脈々と受け継がれているのです。 一般的に日本で竹と言われる場合に皆様が思われる竹は、真竹、孟宗竹、そして淡竹(はちく)の三種類。その中のひとつ淡竹の表皮を活かしながら均等に綺麗な竹ひごを取り、しっかり丈夫に編み込まれています。 水切りが大きな目的である碗籠の底編みは、幅広に取った表皮部分の竹ヒゴでキッチリと編み込まれた四ツ目編み。 水気に強く、重さのある食器類をしっかり支えます。 食器籠に求められるのはまず通気性です。水分がたまらないように半割した竹を足を付けて高さを保ち乾燥を早めることで竹籠自体も長くご愛用いただく事ができるのです。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク