メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「土佐刃物」検索結果。

土佐刃物の商品検索結果全131件中1~60件目

送料無料
【送料無料】ZAKURI 両刃 黒打 舟行 包丁 青一 165mm #531-008【戸梶通国 鍛冶屋 ザクリ 和式 #241725 庖丁 ナイフ 青鋼 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 鍛造 安来...

堺の刃物屋さん こかじ

6,800

【送料無料】ZAKURI 両刃 黒打 舟行 包丁 青一 165mm #531-008【戸梶通国 鍛冶屋 ザクリ 和式 #241725 庖丁 ナイフ 青鋼 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 鍛造 安来...

■ZAKURI(ザクリ) ザクリは高知県土佐山田地域が発祥の土佐打刃物の協同組合、 土佐刃物流通センターの有志が集ってできた鍛冶屋集団です。 ザクリは、伝統工芸や手作りの道具を未来へつなぐため、打刃物の伝統をいかに重ねていくかを考えています。 他産地の打刃物には無い土佐鍛冶ならではの無骨な見た目と切れ味を是非味わっていただきたいと思います。 ■仕様/スペック 刃渡り:165mm 全長:308mm 刃幅:46mm 刃厚(峰):3.1mm 重さ:110g 刃材:青一(両刃) ■土佐打刃物とは 土佐刃物の歴史は鎌倉時代後期、徳治元年(1306年)大和国より移り住んだ刀鍛冶五郎左衛門吉光派に始まります。 その後、室町末期まで繁栄し、戦国乱世に武具刀剣等を製造していました。 1590年、土佐一国を統一した長宗我部元親が記させた「長宗我部地検帳」には399軒の鍛冶屋が存在していたと記録されています。 江戸時代初期(1621年)、農林業用打刃物の需要が一気に拡大し、刃物生産技術が著しく発展、量産体制および品質が向上し、土佐打刃物が確立されました。 土佐打刃物は現在の土佐山田町の刀鍛冶から習い、鎌、鉈、のこぎり、鍬など農山林具としての道具を中心に発達し、今でも全国有数の刃物産地として認められています。 ■黒打仕上げ(くろうち) 包丁製造工程において鍛造及び熱処理を行う際、炭化により焼き、ハンマーで鍛えることで、黒色の酸化皮膜がブレード表面に出来上がります。これが黒打と呼ばれる伝統的黒肌仕上げです。 多くの和包丁はその後、表面をバフで磨き、光沢と艶のある肌にするのですが、邑田氏の包丁は鍛え抜かれた黒肌をそのまま活かし、趣と奥深さを作り出しています。 そのブレードは匠の風合いを持つだけでなく、酸化皮膜をあえて残すことで実用的な耐錆効果を出しています。

送料無料
土佐刃物 包丁 黒打ち 三徳 スーパー鋼 150mm

Amazon

5,845

土佐刃物 包丁 黒打ち 三徳 スーパー鋼 150mm

●400年にもおよぶ歴史ある土佐打刃物●日本刀の作刀技術から生まれた秘伝の自由鍛造(すべてが経験による形づくり)を引継ぎながら、庶民の生活に添う「使い勝手」を思いやった土佐打刃物●日本刀に使われてきた伝統的なハガネを改良した鋼材である青紙スーパー鋼は、より硬く、非常に欠けにくく、切れ味の持続性も抜群!●黒打ち仕上げなので、焼き入れでできた黒い酸化膜の無骨さに趣があり、また磨き仕上げに比べて錆びにくい●両刃なので、刃がまっすぐ切り込み使いやすく、右利き、左利き用の区別が無い●鉄に鋼を割り込んだ割込包丁なので、外側がステンレスのものと違い、食材に対する抵抗感がなく、力を入れなくても吸い付くように食い込んでいく●肉、魚、野菜と三つの食材を扱うことができ、この包丁が一本あれば、食材によって包丁を持ち替えなくても大体のものは料理できる便利な包丁●クルミ柄は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、狂いが少なくプロの料理人の方にもお勧め●はらたいらのイラスト入りパッケージ●※刃先はさびやすい「鋼製」なので、使用後は汚れを落とし、しっかり水気をふき取ってください

送料無料
【送料無料】ZAKURI 両刃 黒打 小出刃 包丁 青一 105mm #531-061【戸梶通国 鍛冶屋 ザクリ 和式 #241729 庖丁 ナイフ 青鋼 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 出刃...

堺の刃物屋さん こかじ

9,000

【送料無料】ZAKURI 両刃 黒打 小出刃 包丁 青一 105mm #531-061【戸梶通国 鍛冶屋 ザクリ 和式 #241729 庖丁 ナイフ 青鋼 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 出刃...

■ZAKURI(ザクリ) ザクリは高知県土佐山田地域が発祥の土佐打刃物の協同組合、 土佐刃物流通センターの有志が集ってできた鍛冶屋集団です。 ザクリは、伝統工芸や手作りの道具を未来へつなぐため、打刃物の伝統をいかに重ねていくかを考えています。 他産地の打刃物には無い土佐鍛冶ならではの無骨な見た目と切れ味を是非味わっていただきたいと思います。 ■仕様/スペック 刃渡り:105mm 全長:230mm 刃幅:42mm 刃厚(峰):6.9mm 重さ:141g 刃材:青一(両刃) ■土佐打刃物とは 土佐刃物の歴史は鎌倉時代後期、徳治元年(1306年)大和国より移り住んだ刀鍛冶五郎左衛門吉光派に始まります。 その後、室町末期まで繁栄し、戦国乱世に武具刀剣等を製造していました。 1590年、土佐一国を統一した長宗我部元親が記させた「長宗我部地検帳」には399軒の鍛冶屋が存在していたと記録されています。 江戸時代初期(1621年)、農林業用打刃物の需要が一気に拡大し、刃物生産技術が著しく発展、量産体制および品質が向上し、土佐打刃物が確立されました。 土佐打刃物は現在の土佐山田町の刀鍛冶から習い、鎌、鉈、のこぎり、鍬など農山林具としての道具を中心に発達し、今でも全国有数の刃物産地として認められています。 ■黒打仕上げ(くろうち) 包丁製造工程において鍛造及び熱処理を行う際、炭化により焼き、ハンマーで鍛えることで、黒色の酸化皮膜がブレード表面に出来上がります。これが黒打と呼ばれる伝統的黒肌仕上げです。 多くの和包丁はその後、表面をバフで磨き、光沢と艶のある肌にするのですが、邑田氏の包丁は鍛え抜かれた黒肌をそのまま活かし、趣と奥深さを作り出しています。 そのブレードは匠の風合いを持つだけでなく、酸化皮膜をあえて残すことで実用的な耐錆効果を出しています。

送料無料
【送料無料】武峰作 黒打 サバキ包丁 青紙一号 165mm 和式 #0241441 【庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 捌き さばき 鍛造 安来 ※沖縄...

堺の刃物屋さん こかじ

6,780

【送料無料】武峰作 黒打 サバキ包丁 青紙一号 165mm 和式 #0241441 【庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 捌き さばき 鍛造 安来 ※沖縄...

■用途 魚をオロす作業や骨から肉をはがす時に便利な包丁です。 包丁の峰の部分が少し厚めで平(ひら)にかけてグッと薄くなっています。アジなどの小型の魚をさばくのに最適です。 小型で使いやすいので家庭に1つあると大変便利です。 ■仕様/スペック 刃渡り:165mm 全長:305mm 刃幅:mm 刃厚(峰):mm 重さ:g 刃材:青紙一号(両刃) 鍛冶職人:邑田武男 1949年高知県須崎市生まれ。鍛冶職人として名人と謳われた叔父戸梶氏に16歳で入門。 戸梶家は代々刀匠の伝統技術を受け継いでおり、邑田氏はその技術習得のため約10年間叔父の下で 修行を重ね、32歳で独立した際には、すでに現在の作品の数々を支える独自の鍛造技術を確立していました。 南国市にある工房では、スタンダードな形状から依頼を受けた特殊包丁まで、 さまざまな名品といわれるモデルが生み出されます。 ベルトハンマーの脇にすえられた金床の上には40ワットの電球が下がっています。 そのほの暗い光が、正しい加工温度を肉眼で判断する最適な環境なのです。 熱せられた金属の色を見極め、絶妙なタイミングで加工を施すことで、鋼に命が与えられ、 名品と称される邑田氏の包丁が作られていきます。 2009年、邑田氏は高知県を代表する名工のみに贈られる「土佐の匠」を受賞し、 その成熟した匠の技をいかんなく発揮し続けています。 黒打仕上げ 包丁製造工程において鍛造及び熱処理を行う際、炭化により焼き、ハンマーで鍛えることで、 黒色の酸化皮膜がブレード表面に出来上がります。これが黒打と呼ばれる伝統的黒肌仕上げです。 多くの和包丁はその後、表面をバフで磨き、光沢と艶のある肌にするのですが、 邑田氏の包丁は鍛え抜かれた黒肌をそのまま活かし、趣と奥深さを作り出しています。 そのブレードは匠の風合いを持つだけでなく...

送料無料
土佐刃物 包丁 黒打ち 三徳 スーパー鋼 165mm

Amazon

6,165

土佐刃物 包丁 黒打ち 三徳 スーパー鋼 165mm

●400年にもおよぶ歴史ある土佐打刃物●日本刀の作刀技術から生まれた秘伝の自由鍛造(すべてが経験による形づくり)を引継ぎながら、庶民の生活に添う「使い勝手」を思いやった土佐打刃物●日本刀に使われてきた伝統的なハガネを改良した鋼材である青紙スーパー鋼は、より硬く、非常に欠けにくく、切れ味の持続性も抜群!●黒打ち仕上げなので、焼き入れでできた黒い酸化膜の無骨さに趣があり、また磨き仕上げに比べて錆びにくい●両刃なので、刃がまっすぐ切り込み使いやすく、右利き、左利き用の区別が無い●鉄に鋼を割り込んだ割込包丁なので、外側がステンレスのものと違い、食材に対する抵抗感がなく、力を入れなくても吸い付くように食い込んでいく●肉、魚、野菜と三つの食材を扱うことができ、この包丁が一本あれば、食材によって包丁を持ち替えなくても大体のものは料理できる便利な包丁●クルミ柄は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、狂いが少なくプロの料理人の方にもお勧め●はらたいらのイラスト入りパッケージ●※刃先はさびやすい「鋼製」なので、使用後は汚れを落とし、しっかり水気をふき取ってください

送料無料
【送料無料】 武峰作 黒打 三徳 包丁 青紙一号 165mm 和式 #241435 【庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 文化 万能 鍛造 安来 ※沖縄...

堺の刃物屋さん こかじ

6,480

【送料無料】 武峰作 黒打 三徳 包丁 青紙一号 165mm 和式 #241435 【庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 文化 万能 鍛造 安来 ※沖縄...

■仕様/スペック 刃渡り:165mm 全長:305mm 刃幅:44mm 刃厚(峰):3.5mm 重さ:114g 刃材:青紙一号(両刃) ■鍛冶職人:邑田武男 1949年高知県須崎市生まれ。鍛冶職人として名人と謳われた叔父戸梶氏に16歳で入門。 戸梶家は代々刀匠の伝統技術を受け継いでおり、邑田氏はその技術習得のため約10年間叔父の下で 修行を重ね、32歳で独立した際には、すでに現在の作品の数々を支える独自の鍛造技術を確立していました。 南国市にある工房では、スタンダードな形状から依頼を受けた特殊包丁まで、 さまざまな名品といわれるモデルが生み出されます。 ベルトハンマーの脇にすえられた金床の上には40ワットの電球が下がっています。 そのほの暗い光が、正しい加工温度を肉眼で判断する最適な環境なのです。 熱せられた金属の色を見極め、絶妙なタイミングで加工を施すことで、鋼に命が与えられ、 名品と称される邑田氏の包丁が作られていきます。 2009年、邑田氏は高知県を代表する名工のみに贈られる「土佐の匠」を受賞し、 その成熟した匠の技をいかんなく発揮し続けています。 ■黒打仕上げ(くろうち) 包丁製造工程において鍛造及び熱処理を行う際、炭化により焼き、ハンマーで鍛えることで、 黒色の酸化皮膜がブレード表面に出来上がります。これが黒打と呼ばれる伝統的黒肌仕上げです。 多くの和包丁はその後、表面をバフで磨き、光沢と艶のある肌にするのですが、 邑田氏の包丁は鍛え抜かれた黒肌をそのまま活かし、趣と奥深さを作り出しています。 そのブレードは匠の風合いを持つだけでなく、酸化皮膜をあえて残すことで実用的な耐錆効果を出しています。

送料無料
土佐刃物 包丁 黒打ち 小 柳刃包丁 青鋼 2号 75mm

AZstore 楽天市場店

3,766

土佐刃物 包丁 黒打ち 小 柳刃包丁 青鋼 2号 75mm

※他モールと併用して販売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、メーカー取り寄せになりますので別途ご連絡させていただきます。 本体サイズ:約3×19.1×2.1cm、(全長)約19.1cm、(刃幅)約2.5cm、(刃渡り)約7.5cm本体重量:約35g素材・材質:鉄、青鋼2号原産国:日本刃渡り:75mm刃の構造:両刃 商品IDtk-860052 商品名土佐刃物 包丁 黒打ち 小 柳刃包丁 青鋼 2号 75mm カラー モデルサイズ 【銀行振込にてご購入をご希望のお客様へ】 ご注文を受付けた段階で銀行振込先のご案内メールをお送りさせていただいておりますが、何らかの理由によりメールが届かない状況が多々ございます。 下記に振込先を明記しておりますので、3日経っても振込先案内メールが届かない場合は、ご購入時のお客様名義にてご入金いただく等のご協力をお願い申し上げます。 【振込先】 楽天銀行(ラクテンギンコウ) 楽天市場支店(ラクテンイチバシテン) 普通 1971681 ラクテン(AZSTOREラクテンイチハ゛テン 【発送について】 1.この商品はネコポス(ポスト投函)でお送りしますので、他の無料ではない商品と同梱した場合には送料が発生しますので、ご注意ください。 2.ネコポスでお送りするため、受け取り日時のご指定はできません。 3.ネコポスでお送りするため、お支払方法に『代引き』はご指定いただけません。

送料無料
【あす楽】【送料無料】【武峰作】#241435 黒打 三徳 包丁 青紙一号 165mm 【和式 庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 文化 万能 鍛造 安来】

ものうりばPlantz

6,600

【あす楽】【送料無料】【武峰作】#241435 黒打 三徳 包丁 青紙一号 165mm 【和式 庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 文化 万能 鍛造 安来】

【商品仕様】■刃渡り:165mm■全長:305mm■刃幅:44mm■刃厚(峰):3.5mm■重量:114g■刃材:青紙一号(両刃)【鍛冶職人、邑田武男】1949年高知県須崎市生まれ。鍛冶職人として名人と謳われた叔父戸梶氏に16歳で入門。戸梶家は代々刀匠の伝統技術を受け継いでおり、邑田氏はその技術習得のため約10年間叔父の下で修行を重ね、32歳で独立した際には、すでに現在の作品の数々を支える独自の鍛造技術を確立していました。南国市にある工房では、スタンダードな形状から依頼を受けた特殊包丁まで、さまざまな名品といわれるモデルが生み出されます。ベルトハンマーの脇にすえられた金床の上には40ワットの電球が下がっています。そのほの暗い光が、正しい加工温度を肉眼で判断する最適な環境なのです。熱せられた金属の色を見極め、絶妙なタイミングで加工を施すことで、鋼に命が与えられ、名品と称される邑田氏の包丁が作られていきます。2009年、邑田氏は高知県を代表する名工のみに贈られる「土佐の匠」を受賞し、その成熟した匠の技をいかんなく発揮し続けています。■黒打仕上げ(くろうち)包丁製造工程において鍛造及び熱処理を行う際、炭化により焼き、ハンマーで鍛えることで、黒色の酸化皮膜がブレード表面に出来上がります。これが黒打と呼ばれる伝統的黒肌仕上げです。多くの和包丁はその後、表面をバフで磨き、光沢と艶のある肌にするのですが、邑田氏の包丁は鍛え抜かれた黒肌をそのまま活かし、趣と奥深さを作り出しています。そのブレードは匠の風合いを持つだけでなく、酸化皮膜をあえて残すことで実用的な耐錆効果を出しています。【使用上の注意】●使用目的である調理以外に使用しないでください。●使用するときは、必ずまな板をご利用ください。●冷凍食品を切る場合は専用の包丁をお使いください。通常...

スポンサーリンク
スポンサーリンク