メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「印判」検索結果。

印判の商品検索結果全212件中1~60件目

東屋/豆皿 印判 梅【あす楽対応】(女性 母親 母の日 祖母 おしゃれ プレゼント ギフト)

STYLE STORE version.R

1,008

東屋/豆皿 印判 梅【あす楽対応】(女性 母親 母の日 祖母 おしゃれ プレゼント ギフト)

商品スペック■素材/原料 :磁器 天草陶石 呉須 石灰釉■サイズ :Φ82×H20mm■原産国 :日本(長崎県波佐見町 白岳窯)■電子レンジご使用可■食器洗い機ご使用可スタッフより■印判で作られているため、柄にはにじみやズレ、欠け等がある場合があります。こちらの商品ならではの個性・味わいとしてお楽しみいただける方におすすめです。■ご使用のパソコンのモニターによって、実際の商品と色柄が異なって見える場合があります。予めご了承下さい。HOME > キッチン・食器 > 皿/プレート > 皿/プレート食卓を華やかにしてくれる印判の豆皿 東屋/豆皿 印判 梅普段からおもてなしまで活躍東屋の豆皿には「何を盛ろうかな」、「どの柄を組み合わせよう・・・」と思わずいつもの食卓に取り入れたくなる魅力があります。取り皿、お漬物、お蕎麦の時の薬味、お醤油、小さなお菓子などはもちろん、アクセサリー置き場として。つかい手のアイディアによって、暮らしの中のさまざまなところで活躍します。昔からハレの日に使われるような縁起の良い柄がモチーフになっているので、数種類を食卓に乗せるだけで華やかな雰囲気に。普段のご飯の時間はもちろん、お客様がいらっしゃる時のおもてなしや、ベビーのお食い初めなどハレの日に取り入れるのにもぴったりです。特におもてなしの時。乾杯した後、メインの食事までの間、あらかじめこの豆皿に前菜やおつまみをちょこっとずつ盛ってお盆で食卓にお出しするだけで、一気におもてなし感がアップ。ゲストの会話もきっと盛り上がって、安心してメインの調理に取り掛かれそうです。こちらの豆皿を作っているのは、焼き物の産地・長崎県波佐見町の白岳窯。版を1点1点手作業で転写し量産していく、江戸時代から続く伝統的な「印判」と呼ばれる染付で柄が付けられています。手作業で行われる印判は...

そばちょこ 蕎麦猪口 湯呑み 湯飲み デザートカップ そば猪口 コップ 陶器 日本製 和風 カップ カフェ かわいい 和食器 モダン お猪口 湯のみ おしゃれ 可愛い お祝い 湯のみ猪口 小鉢...

アーネ インテリア

1,080

そばちょこ 蕎麦猪口 湯呑み 湯飲み デザートカップ そば猪口 コップ 陶器 日本製 和風 カップ カフェ かわいい 和食器 モダン お猪口 湯のみ おしゃれ 可愛い お祝い 湯のみ猪口 小鉢...

monono ahareシリーズは「よい兆し、めでたいしるし」の意味を持つ吉祥文様をモチーフにしております。普段使いはもちろん、さりげない贈り物にもおすすめです。サイズ:直径77 高さ70 mm箱サイズ:幅80 奥行き80 高さ85 mm材質:陶器カラー:ブルー/レッドからお選びください。ブランド:ANGLE日本製※図柄の重なりや、かすれ、にじみ等が見られる場合がありますが、一つ一つ手作りの為、また印判の性質によるものですので不良ではございません。予めご了承下さいませ。ラッピング可※北海道・沖縄・離島は別途お見積もりいたします ※メーカー取り寄せ商品のため、ご入金確認後3〜7営業日で出荷0198a00032/0198a00033キッチン雑貨一覧はコチラmonono ahare 【もののあはれ】知性や理性で判断できず、心と直感でのみ感じることのできる、心の底から「ああ(=あはれ)」と思うなんともいいがたい感情。美的理念。「monono ahare」は「あはれ」と、心と直感で感じる「物」「事」をコンセプトにしたシリーズです。 ブルーレッド

そばちょこ 蕎麦猪口 湯呑み 湯飲み デザートカップ そば猪口 コップ 陶器 日本製 和風 カップ カフェ かわいい 和食器 モダン お猪口 湯のみ おしゃれ 可愛い お祝い 湯のみ猪口 小鉢...

アーネ インテリア

1,080

そばちょこ 蕎麦猪口 湯呑み 湯飲み デザートカップ そば猪口 コップ 陶器 日本製 和風 カップ カフェ かわいい 和食器 モダン お猪口 湯のみ おしゃれ 可愛い お祝い 湯のみ猪口 小鉢...

monono ahareシリーズは「よい兆し、めでたいしるし」の意味を持つ吉祥文様をモチーフにしております。普段使いはもちろん、さりげない贈り物にもおすすめです。サイズ:直径77 高さ70 mm箱サイズ:幅80 奥行き80 高さ85 mm材質:陶器カラー:ブルー/レッドからお選びください。ブランド:ANGLE日本製※図柄の重なりや、かすれ、にじみ等が見られる場合がありますが、一つ一つ手作りの為、また印判の性質によるものですので不良ではございません。予めご了承下さいませ。ラッピング可※北海道・沖縄・離島は別途お見積もりいたします ※メーカー取り寄せ商品のため、ご入金確認後3〜7営業日で出荷0198a00034/0198a00035キッチン雑貨一覧はコチラmonono ahare 【もののあはれ】知性や理性で判断できず、心と直感でのみ感じることのできる、心の底から「ああ(=あはれ)」と思うなんともいいがたい感情。美的理念。「monono ahare」は「あはれ」と、心と直感で感じる「物」「事」をコンセプトにしたシリーズです。 ブルーレッド

倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 オラウータン

プロキッチン

1,080

倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 オラウータン

ギフト対応について 詳しくはこちらを ご覧下さい。 サイズ(目安) W11×D8×H1.5cm 材質 磁器 使用区分 電子レンジ ○、食洗機 ○、オーブン × 原産国 日本 スタッフのおすすめポイント 倉敷意匠と型染ユニットkata kataとのコラボレーションにより誕生した、可愛らしい印判皿シリーズに新しい仲間が登場です。こちらは、オラウータンをモチーフにした豆皿です。もこもことした毛のデザインやのっそりとした大きな体など、オラウータンの特徴をkata kataらしいタッチでデザインしています。豆皿の形状はオラウータンのシルエットに模られているため、小さくても食卓での存在感は抜群ですね。同じ商品なら重ねて収納できますのでまとめ買いも安心です。ちょっとした箸休めのお漬物を盛り付けたり、チョコレートやクッキー、アクセサリーなどのトレイとしても。 ■この商品について KATA KATA は松永武さんと高井知絵さんご夫婦による型染めユニットで、主に型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作しています。動物、昆虫、植物、風景・・・など日々の暮らしの中で感じるそれら全てに物語を想像しながら、会話が生まれるデザインを手掛けています。手にしたとき、目にしたとき、映像がふわーと浮かび上がるような温かな雰囲気とちょっとした遊び心が魅力です。 ■ご購入前にご確認ください(印判手皿についてのご注意) ●この商品は、印判手の印刷手法である「銅版転写法」という印刷による絵付けを一枚一枚手作業で印刷しております。 「銅版転写法」とは、呉須(ゴス)と呼ばれる顔料で和紙に印刷した転写紙から、絵柄を素焼き生地に写し取るものです。 その為、絵柄のカスレや切れ・にじみ・色抜け・色ムラといったものがなにかしら含まれております。 これらは印刷の不具合や不良品ではなく...

倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 オラウータン [94722-12]【小皿 鍋 取り皿 和食器 国産 日本製】

生成りな暮らしのご提案/キナル

1,080

倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 オラウータン [94722-12]【小皿 鍋 取り皿 和食器 国産 日本製】

ギフトBOX別売なんとも言えない表情が愛らしいオラウータンの豆皿。 調味料を入れたり、おやつの小皿など食器としてはもちろん。 クリップやアクセサリー受けとしての使用もオススメです。 kata kata(カタカタ)は松永武さんと高井知絵さんご夫婦による型染めユニットです。 伝統の技法を守りながらも、ものがたりを想像でき、そこで会話が生まれるようなデザインを心掛けているそうです。 そんなカタカタさんデザインによる「印判手」の食器。 印判手とは「型紙摺り」や「銅版転写」など印刷による絵付けのことで、古くから続く量産の手法です。 こちらの商品は銅版転写法で、呉須(ゴス)と呼ばれる顔料で和紙に印刷した転写紙から、絵柄を素焼き生地に移し取ったものです。 ※商品の特性について 印判手皿は、絵柄が印刷された転写紙(和紙)を器に張り付け、ひとつひとつ指先で押さえつけていきます。 立体物への転写は難しく、滲みや柄切れがでることもしばしばです。 カスレや色抜け、色ムラなど1点1点それぞれに個体差があり、釉薬の調合や窯の温度によっては色の出方に違いが出る場合もございますが、製品特有の味わいとしてお楽しみ頂ければと思います。 kata kata 松永 武さん・高井 知絵さん 東京や浜松で制作活動されている松永武さん、高井知恵さんご夫婦による型染めユニット「kata kata(カタカタ)」。 共にオランダのロッテルダム芸術アカデミー短期留学し、2004年活動スタートしました。 カタカタさんが生み出す染め布は、伝統の技法を守りながらも、そのデザインスタイルにおいて、独自の世界観にあふれています。モチーフとなるのは動物、昆虫、植物、風景など日々の生活の中で感じる全ての事柄で、布を広げた時に、ものがたりを想像できるような、会話が生まれるデザインを心がけているのだそうで...

スポンサーリンク
スポンサーリンク