メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「南部急須」検索結果。

南部急須の商品検索結果全755件中1~60件目

南部鉄器 小鉄瓶/急須 石庭 Sekitei 0.7L[壱鋳堂]

ディノス

9,504

南部鉄器 小鉄瓶/急須 石庭 Sekitei 0.7L[壱鋳堂]

壱鋳堂は2009年に誕生した日本の伝統工芸の新しいブランドです。【ブランドコンセプト】使いやすさを基準とした##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】四角形状の鉄瓶です。またその形状に丸み加え、柔らかさも加味させています。四角形は制作が難しく、高い技術を要します。また蓋も中に収まるデザインで、こちらもあえて高い技術を要する仕様を選択しています。卓越したデザインの中に、そうしたハイレベルの技術が込められていると思いながらティーポットを眺めてみるのも楽しいものです。デザインと技術の融合した傑作のティーポットです。約900度の炭火で焼くことにより、表面に四酸化鉄の皮膜を形成させて錆止めとする伝統技法です。沸かした湯には体に吸収されやすい二価鉄が豊富に含まれ、鉄分補給に効果的。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く、文化に造詣の深かった代々の南部藩主によって約400年前より保護育成され、今日まで受け継がれています。【南部鉄器の特長】・職人の手によってじっくり丁寧に造られる鉄鋳物は...

[肘折に花を!] 南部鉄器 急須 球型

肘折温泉 ほていや

3,900

[肘折に花を!] 南部鉄器 急須 球型

南部鉄瓶の急須です。 本体は内部はホーロー加工で錆びることなく使いやすく、 蓋裏は加工されていないので、お茶を入れた際に鉄分補給ができますよ。 深い緑の球状の美しい形と、取っ手が持ちやすくカーブしています。昔ながらの顔料を使い、鋳造から塗装まで手作業で行っていますので、塗装の色に濃淡のムラが起こる場合があります。 また、温度や湿度によって色が変化致します。(写真は23℃前後の室温で撮影してあります。) 冷えた状態の急須を持つと、手の形に色が変わることがありますが、慌てずにしばし置いておくと元の色に戻ります。 こちらは、0.3リットルのサイズです。[サイズについて:鋳物屋のサイズ表記は、入る水の容量ではなく内部の全容積で、かつ鋳造時の鋳型のサイズです。冷める段階で縮みますので、実際に入る水の容量はサイズの7~8割ほどです。] メーカー在庫のため、納期が一定ではありません。在庫・納期の確認はメールにてご連絡くださいませ。 [南部鉄器/南部鉄瓶/文秀堂/お土産/東北/伝統工芸品] [商品売上の5%を、毎年の花苗の購入費用とし、肘折に花を植えていきます。 詳しくはページ上部「肘折温泉って?」をご覧ください。]

南部鉄器 ティーポット/急須 胡桃 Kurumi 0.5L[壱鋳堂]

ディノス

8,100

南部鉄器 ティーポット/急須 胡桃 Kurumi 0.5L[壱鋳堂]

700年の歴史を誇る岩手の伝統工芸品『南部鉄器』は素朴で温か味のある質感を持ち、使うほどに風合いが増すのが特徴です。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】蓋と本体が一体となり、ほぼ球形を形作っています。蓋と本体の勘合部の内部構造に工夫が必要な制作が難しいティーポットです。浮き出した縦筋が形作っている領域毎に、交互に違う鋳肌(細目、粗めの鋳肌)が現れ、その交互の異なった質感が球面に独特のアクセントを加えます。球面の形状と特徴ある鉄肌の織りなす妙。エレガントな雰囲気を醸し出すティーポットです。南部鉄器のティーポットは日本的なデザインと重厚感が海外のお茶を愛する人たちの間で人気を呼び、年間数万個がヨーロッパや北米などに輸出され、今では日本以上にポピュラーな存在となっています。鉄器ティーポットは素材の持つ高い蓄熱性により保温力に優れ、内面は丁寧なホーロー引きで仕上げられています。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く...

南部鉄器 ティーポット/急須 雫 Shizuku  0.65L[壱鋳堂]

ディノス

9,720

南部鉄器 ティーポット/急須 雫 Shizuku 0.65L[壱鋳堂]

700年の歴史を誇る岩手の伝統工芸品『南部鉄器』は素朴で温か味のある質感を持ち、使うほどに風合いが増すのが特徴です。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】水滴をモチーフにしたモダンな南部鉄のティーポットです。内部は洗った後に水分を拭き残しやすい縁の部分までホーローで仕上げていますので錆の心配がありません。注ぎ口は尻漏れがしにくい作りなので、テーブルやクロスを汚しにくく普段使いにとても便利です。(※直火での使用はできません。)南部鉄器のティーポットは日本的なデザインと重厚感が海外のお茶を愛する人たちの間で人気を呼び、年間数万個がヨーロッパや北米などに輸出され、今では日本以上にポピュラーな存在となっています。鉄器ティーポットは素材の持つ高い蓄熱性により保温力に優れ、内面は丁寧なホーロー引きで仕上げられています。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く、文化に造詣の深かった代々の南部藩主によって約400年前より保護育成され、今日まで受け継がれています。...

南部鉄器 小鉄瓶/急須 刷毛目 Hakeme 0.6L[壱鋳堂]

ディノス

9,720

南部鉄器 小鉄瓶/急須 刷毛目 Hakeme 0.6L[壱鋳堂]

南部鉄瓶の伝統的な風合いがありながら、現代の生活様式にもマッチする鉄瓶。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】オーソドックスな形状、伝統的な鉄瓶の印象を受けますが、どこか今までの鉄瓶にない佇(たたず)まいがあります。それは左右と前後の高さが違う蓋のデザイン。これにより鉄瓶に豊かな膨らみを加味させ、立体感を与えていす。いままでの鉄瓶にない個性的なフォルムです。表面仕上げは伝統的な「天然漆焼付け」になっています。黒色の上に、鉄さびとお茶を混ぜたものを上色として塗っています。(おはぐろと呼ばれる技法)全体に黒を基調とした中に茶系が混じった色合いとなっています。約900度の炭火で焼くことにより、表面に四酸化鉄の皮膜を形成させて錆止めとする伝統技法です。沸かした湯には体に吸収されやすい二価鉄が豊富に含まれ、鉄分補給に効果的。明治の盛岡大火の時に火災で焼けた蔵から出てきた鉄瓶にいつまでも金気が出なかったため錆止めの技法として用いられるようになりました。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ...

南部鉄器 ティーポット/急須 刷毛目 Hakeme 0.4L[壱鋳堂]

ディノス

7,344

南部鉄器 ティーポット/急須 刷毛目 Hakeme 0.4L[壱鋳堂]

700年の歴史を誇る岩手の伝統工芸品『南部鉄器』は素朴で温か味のある質感を持ち、使うほどに風合いが増すのが特徴です。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】安心感のあるフォルムで、よりくつろぎのあるお茶の時間が楽しめそう。内部は洗った後に水分を拭き残しやすい縁の部分までホーローで仕上げていますので錆の心配がありません。注ぎ口は尻漏れがしにくい作りなので、テーブルやクロスを汚しにくく普段使いにオススメ。(※直火での使用はできません。)南部鉄器のティーポットは日本的なデザインと重厚感が海外のお茶を愛する人たちの間で人気を呼び、年間数万個がヨーロッパや北米などに輸出され、今では日本以上にポピュラーな存在となっています。鉄器ティーポットは素材の持つ高い蓄熱性により保温力に優れ、内面は丁寧なホーロー引きで仕上げられています。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く、文化に造詣の深かった代々の南部藩主によって約400年前より保護育成され...

南部鉄器 鉄瓶/急須 刷毛目 Hakeme 1.0L(IH200V対応)[壱鋳堂]

ディノス

12,960

南部鉄器 鉄瓶/急須 刷毛目 Hakeme 1.0L(IH200V対応)[壱鋳堂]

壱鋳堂は2009年に誕生した日本の伝統工芸の新しいブランドです。【ブランドコンセプト】使いやすさを基準とした##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】オーソドックスな形状、伝統的な鉄瓶の印象を受けますが、どこか今までの鉄瓶にない佇(たたず)まいがあります。それは左右と前後の高さが違う蓋のデザイン。これにより鉄瓶に豊かな膨らみを加味させ、立体感を与えていす。いままでの鉄瓶にない個性的なフォルムです。表面仕上げは伝統的な「天然漆焼付け」。黒色の上に、鉄さびとお茶を混ぜたものを上色として塗っています。(おはぐろと呼ばれる技法)全体に黒を基調とした中に茶系が混じった色合いです。約900度の炭火で焼くことにより、表面に四酸化鉄の皮膜を形成させて錆止めとする伝統技法です。沸かした湯には体に吸収されやすい二価鉄が豊富に含まれ、鉄分補給に効果的。南部鉄器は強磁性(磁石のくっつきが良い)ですので、なべ底の形状やサイズがIHクッキングヒーターのメーカー推奨のものであれば相性は抜群です。また、鉄器は板厚で強度もある為、短時間の急激な温度変化でも熱膨張しにくく安全にご使用頂けます。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わい...

【ベルメゾン】南部鉄器の鍋敷き OIGEN

ベルメゾンネット

3,240

【ベルメゾン】南部鉄器の鍋敷き OIGEN

南部鉄器ならではのずっしりとした重みとマットな質感を活かしたモダンなモチーフが、飾っておきたくなるほど素敵。「及源鋳造(おいげんちゅうぞう)」で作られた別売の南部鉄器の急須と合わせるといっそうモダンに。高熱に強く、どんな鍋でも安心してのせることができる、南部鉄器の鍋敷き。鉄器職人の熟練技を洗練されたデザインで表現しています。裏にはゴム脚がついているので、テーブルを傷めません。【奥州の南部鉄器】岩手県南部にある奥州市の南部鉄器には約900年に渡る歴史があります。時の権力者・奥州藤原氏が平泉に鋳物師を呼び寄せたことから、鋳造業が発展。北上山地の砂鉄や木炭、北上川から出る砂や粘土など、良質の鋳型材料が容易に手に入ることもあり、地場産業としての地位を確立。今では世界に誇る鋳物師集団の地としてマーケットを広げています。なかでも、1852年の創業当時は南部鉄器の鉄瓶や鉄鍋をすべて一社で手作りしていた「及源鋳造(おいげんちゅうぞう)」は、長い歴史にわたって、今の時代に合う製品を次々と国内外に送り出している、南部鉄器の先駆的存在。日本各地の素敵な雑貨をあつめました!『ローカル雑貨に出会う旅。』特集はコチラ≫≫

送料無料
南部鉄器の急須(0.6リットル)

Amazon

8,120

南部鉄器の急須(0.6リットル)

奥州市の名産品・南部鉄器でできた急須です。 ポットでは出せないまろやかな味わいになります。 鉄なので少し重いですが、丁寧にお手入れすれば末永くご利用いただけます。 ◆お手入れ方法◆ 残ったお湯は全部あけ、フタを取ったまま余熱で水分を蒸発させます。 水分が残っている時は、軽く空焚きして内部を乾燥させてください。 長時間の空焚きは厳禁です。 使うだけで鉄分が簡単に補給できます。体にとっても大事な成分の鉄分。 毎日とるのが大変でも、これなら手軽に続けられます。 ※こちらの商品は製造元に在庫がない場合がございます。 その場合、1週間程度お時間をいただくことになります。お急ぎの場合はお問い合わせくださいませ。 鉄分は“食物"と“南部鉄器"から。 南部鉄器で調理すると鉄が溶けだすので、料理中の鉄量はステンレス製に比べて多くなります。 また、鉄瓶から溶け出す鉄の80%近くが人体に吸収されやすい形の鉄(2価の無機鉄) でした。 現代の食生活に不足しがちな鉄分は、南部鉄器の調理器具を使用することによって 知らず知らずのうちに補給することができます。 鉄製の調理器具を日常的に活用することで鉄の補給を心掛けたいものです。 なお、南部鉄器の調理器具はガスコンロだけでなく電磁調理器にも使えるののが多くあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク