メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「加藤産業」検索結果。

加藤産業の商品検索結果全5件中1~5件目

茶道具 茶碗茶碗 古都の夕暮れ 中村与平

千年の香り 千紀園

8,078

茶道具 茶碗茶碗 古都の夕暮れ 中村与平

楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here茶道具 茶碗 茶道 さどう さどうぐ 茶道道具 お茶道具 抹茶 通販 千紀園 楽天作家・作品名中村与平・茶碗 古都の夕暮れ詳細 作家について 中村 与平 1950年京都府山城町に長男として生まれた 1965年3月京都府陶磁器高等訓練学校卒業 1965年4月加藤如水先生の愛弟子となる 1966年伝統産業展 市長賞授賞 1967年上絵協同組合登録賞授賞 1968年京都真湯金庫四条河原支店 皇后陛下の前にて実演 1970年京都陶磁器協会賞授賞 1971年京都中小企業会館 墨絵展 市長賞授賞 1973年伝統産業会館 努力賞授賞 1974年京都伝統産業展 青年会 入選 1976年京都陶磁器協同組合賞授賞 1977年京都商工会議所賞授賞 1978年京都府立総合資料館 入選 1983年京都陶磁器協同組合 京焼・清水焼展大坂通商産業局長賞授賞 1983年上絵陶芸展 市長賞授賞 箱化粧箱寸法---商品番号103470[stc010-279-秋-04-10]注意●商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございます。ご了承ください。 ●在庫の状況により、発送までお時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。 ●商品の在庫は、実店舗と共有しております。また、季節商品は数に限りがございます。在庫切れにも関わらず、ご注文が完了してしまう場合がございます。在庫切れの場合、生産状況によりお届けが遅れる場合は、メールまたはお電話にて連絡いたします。 ●掛物・茶杓など、お届けまでに約1ヶ月お待ちいただく場合がございます。 ※掛物は...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 萩焼 松本窯 坂高麗左衛門作 (号:熊峰)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

667,440

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 萩焼 松本窯 坂高麗左衛門作 (号:熊峰)【smtb-KD】

サイズ約縦14.9×高7.9cm 作者萩焼松本窯:12代:坂 高麗左衛門(号:熊峰) 仕様井戸型茶碗御物袋入 箱木箱 (山目り) 【コンビニ受取対応商品】 ○【・・】【(萩焼松本窯)12代:坂高麗左衛門作 本名:達雄(号:熊峰)】 ●(昭和63年襲名)(平成06年:日本工芸会正会員) 作者陶歴 :。・・・・・ 井戸茶碗 萩焼松本窯 12代:坂高麗左衛門作【号:熊峰】 ・・・・ 参考資料 ・・・・ ●萩焼は、文禄・慶長の役後の江戸時代初期、毛利藩の保護のもとで、李敬(坂高麗左衛門)と李勺光(坂倉新兵衛)の、李朝の陶工達により現在の山口県萩市松本に開窯され、後に長門市深川等に伝えられる。萩茶碗は、日本人の侘び茶にかない、萩の七バケといわれ、茶人に愛された。主原料である山口県内防府市大道産の白色粘土との相性が良かった。※現在も松本萩(御用窯)・深川萩と伝承されています。・・・・・・・ ◆【松本萩焼(御用窯)】 坂家は松本御用窯(松本萩)の名門です・・ ・・・・・ ※1625(寛永2)年に李敬は2代藩主・毛利秀就より「高麗左衛門」の名前を賜りましたが、通称として「助八」を名乗りました。 ※初代以後も2代・5代・7代は「助八」、3代・4代・6代・8代は「新兵衛」と、助八か新兵衛の何れかを名乗りながら明治に至ります。 ※2代~8代までは「高麗左衛門」を使用せず、明治に入って9代以降が使用しています。・・・・・ 【初代 坂高麗左衛門(李敬)】1568年(永禄11)~1643年(寛永20) 【2代 坂助八(忠李)】1617年(元和3)~1668年(寛文8) 【3代 坂新兵衛(忠順)】1648年(慶安元)~1729年(享保14) 【4代 坂新兵衛(忠方)】1683年(天和3)~1748年(寛延元) 【5代 坂助八(忠達)】1722年(享保7)...

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 三島茶碗 浅見五郎助作(祥瑞窯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

136,080

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 三島茶碗 浅見五郎助作(祥瑞窯) 【smtb-KD】

サイズ約直径13.6×高7.1cm 作者浅見五郎助作(祥瑞窯) 箱木箱 (礼丸大) 【コンビニ受取対応商品】6代 祥瑞とは、染付の一種で中国明代末に、日本からの注文によって景徳鎮の民窯で焼成された 上手の染付磁器で、潤いのある地肌に発色の美しい青です 代表作の器底に「五良大甫、呉祥瑞造」の染付銘が記されたものがあることから祥瑞と呼ばれます 【初代 浅見五郎助(あさみごろうすけ)】 1829年文政12年~1895年明治28年 本名は辰親のち五郎助 摂津国(大阪府高槻市)出身。 元々は摂津高槻藩士樋口宗親の次男として生まれた。 後に京都の浅見家に養子として出され、その後、2代六兵衛の作陶指導を受けて、陶工となる。 1852年嘉永05年 京都五条坂に開窯。磁器、陶器共に制作し抹茶茶碗、菓子鉢、酒器等の器物や茶陶を能くした。 特に祥瑞の写しに優れ、自ら「祥瑞五郎助」を名乗る。 以降現在まで、京焼を代表する名家として代々五郎助の名と陶技を継承している。 1943年昭和18年 通産省より技術保存作家に認定 【5代 浅見五郎助】 1923年大正12年生まれ 国立京都工芸繊維大学窯業科を卒業後、京都陶磁器試験所及び4代に師事 1943年昭和18年 通産省より技術保存作家に認定 1967年昭和42年 5代 五郎助を襲名 【6代 浅見五郎助】 祥瑞窯 1951年昭和26年 5代の長男に生まれ。 京都市工業試験場で陶磁器の研修を終了後 1972年昭和47年 先代に師事。 京都市工業試験場にて、窯業研修を修了し以後、研鑽を積む 渡米し、サンタクルーズにおいて、陶芸を指導する 1982年昭和57年以後 京展や展覧会で入賞多数 1987年昭和63年 6代目を襲名する。 現在...

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 利休忌】 単品木箱入 楽茶碗 利休七種茶碗(丸印) 長次郎写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

16,146

【茶器/茶道具 抹茶茶碗 利休忌】 単品木箱入 楽茶碗 利休七種茶碗(丸印) 長次郎写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

作者佐々木昭楽作(丸印) 箱木箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (申棒大・赤20196黒21168) 【コンビニ受取対応商品】 利休七種茶碗セットはこちらから【茶道名数】長次郎七種(ちょうじろうしちしゅ)とは ・楽長次郎作の茶碗から千利休が七種を選んだもの 赤楽(検校(けんぎょう)・早船(はやふね)・木守(きまもり)・臨済) 黒楽(大黒(おおぐろ)・東陽坊・鉢開(はちひらき)) 【佐々木昭楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 利休忌】 楽茶碗 利休七種茶碗セット(丸印) 長次郎写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

104,490

【茶器/茶道具 抹茶茶碗 利休忌】 楽茶碗 利休七種茶碗セット(丸印) 長次郎写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

作者佐々木昭楽作 箱木箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (仕黒ス申大・134460) 【コンビニ受取対応商品】 利休七種茶碗セットは単品購入は:こちらから【茶道名数】長次郎七種(ちょうじろうしちしゅ)とは ・楽長次郎作の茶碗から千利休が七種を選んだもの 赤楽(検校(けんぎょう)・早船(はやふね)・木守(きまもり)・臨済) 黒楽(大黒(おおぐろ)・東陽坊・鉢開(はちひらき)) 【佐々木昭楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 萩焼 波多野善蔵作 指月窯 鵬雲斎付 (やや大振り)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

572,400

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 萩焼 波多野善蔵作 指月窯 鵬雲斎付 (やや大振り)【smtb-KD】

サイズ約径13.2×高9.4cm 作者萩焼:波多野善蔵作(指月窯) 仕様裏千家:14代・鵬雲斎付 箱木箱 (山輪り) 【コンビニ受取対応商品】 ○【やや大振り】【萩焼 波多野善蔵作 (指月窯)】 作者陶歴 :日本工芸会正会員。・・・・・ 萩焼茶碗 波多野善蔵作(指月窯)鵬雲斎付作 ・・・・ 参考資料 ・・・・ ●萩焼は、文禄・慶長の役後の江戸時代初期、毛利藩の保護のもとで、李敬(坂高麗左衛門)と李勺光(坂倉新兵衛)の、李朝の陶工達により現在の山口県萩市松本に開窯され、後に長門市深川等に伝えられる。萩茶碗は、日本人の侘び茶にかない、萩の七バケといわれ、茶人に愛された。主原料である山口県内防府市大道産の白色粘土との相性が良かった。※現在も松本萩(御用窯)・深川萩と伝承されています。・・・・・・・ ◆【萩焼 波多野善蔵作(指月窯)】1942年(昭和17年)~ 1942年昭和17年唐津に生まれ ※有田・唐津焼で作陶を学ぶ 1968年昭和43年、萩の波多野栄三の養子となり萩での作陶を開始 1972年昭和47年山口県美術展知事賞 1973年昭和48年日展入選~から50年連続入選 1977年昭和52年日本伝統工芸展入選~昭和63年連続入選~つづく 1986年 田部美術館茶の湯造形展で優秀賞を受賞する 1987年 山口県芸術文化振興奨励賞を受賞する 2002年平成14年一 山口県指定無形文化財保護者に認定 一 日本工芸会正会員 東京黒田陶苑個展・日本橋高島屋・大阪大丸・京都高島屋等々で多数個展開催 ・・・・・

茶器/茶道具・抹茶茶碗/昭楽作 長次郎写 「木守(きまもり)」

Amazon

15,500

茶器/茶道具・抹茶茶碗/昭楽作 長次郎写 「木守(きまもり)」

商品説明:昭楽窯 三代目 佐々木昭楽作。 銘「木守」。 由来は、利休門下の大名に数個の長次郎茶碗を贈ったのだが、この茶碗だけ手許に留め置いた為、柿の木守に因んで呼ばれたという。伝来は、武者小路千家伝来―真伯宗守―高松侯松平讃岐守家―大正12年関東大地震に東京松平頼寿邸で焼失。その後、楽家が真っ二つに割れていた茶碗とその残片を組み上げ原型の復興に成功。名碗とされる。 長次郎七種(検校、大黒、臨済、早舟、鉢開、木守、東陽坊)とは楽家、初代長次郎の内の七種をいう。利休が選んだということから利休七種ともいう。 ※一点ずつ手作りですので、個体差が生じます。あらかじめご了承下さい。作家:佐々木昭楽略歴1944年 京都に生まれる1962年 父、二代松楽に師事赤楽、黒楽といった楽焼の伝統を守りながら、茶陶として雅味のある作品づくりに力を注ぐ。また観賞用ではなく、お茶席で楽しくお茶が飲める茶碗づくりをモットーに作陶にいそしむ。サイズ:(約)直径12cm×高さ7.9cm箱:共箱入、共布・しおり付入できるだけ実際の商品に近づけるように努めておりますが、 撮影条件やお客様がお使いのパソコンにより、色味や質感が 実物とは異なって見える場合があります。 また、各製品ごとに色の濃淡や重量、サイズの誤差など、全て の商品に個体差が生じます。あらかじめご了承下さい。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 黒楽茶碗 銘「万代屋」写し 佐々木昭楽作 (長次郎作 利休所持写) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

33,598

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 黒楽茶碗 銘「万代屋」写し 佐々木昭楽作 (長次郎作 利休所持写) 【smtb-KD】

サイズ約直径11.7×高7.8cm 作者佐々木昭楽作 箱木箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (輪野輪野棒・大43632) 【コンビニ受取対応商品】【佐々木昭楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 黒楽茶碗 佐々木松楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

7,776

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 黒楽茶碗 佐々木松楽作 【smtb-KD】

サイズ約直径11.3×高8.1cm 作者佐々木松楽作 箱紙箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (礼礼の大・10044) 【コンビニ受取対応商品】【3代 佐々木松楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

【茶道具 楽茶碗/抹茶碗/抹茶茶碗】黒楽茶碗 上 佐々木松楽作

茶道具専門店 芳香園

9,300

【茶道具 楽茶碗/抹茶碗/抹茶茶碗】黒楽茶碗 上 佐々木松楽作

品 名 黒楽茶碗 上 作 者 佐々木松楽 1944年 京都府亀岡市生まれ 1962年 三代:松楽を継承 出口王仁三郎師や 大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901〜1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 二代昭楽に師事現在にいたる [作者略歴] 赤楽、黒楽を中心に伝統を守りながら、茶陶としての雅味のある作品づくりに力を注ぐ。 鑑賞用でなく、お茶席で楽しくお茶が飲める茶碗づくりをモットーに作陶にいそしむ。 (鋏(ヤットコ)のはさみ跡) 千利休が指導し、長次郎に作らせた楽茶碗は、お茶を喫する為に作られた最初の和物茶碗と云われています。 また楽茶碗の中でも黒楽は、他の焼き物とは、窯及び、焼き方がまったく異なっています。 窯の中を120度近くの高温に保ちながら釉薬を施した茶碗を長いベンチのような鋏で、茶碗の縁を、はさんで窯の中に入れます。 3分から5分焼成後、真っ赤に釉薬が溶けたところで、再び茶碗の縁を鋏ではさんで窯より出します。 その時、溶けた茶碗の縁に『はさみ跡』と言われる凹みが出来ます。 釉薬の溶けた茶碗が外気に触れることにより釉薬の温度が急激に下がります。 この温度の変化が釉薬を黒く発色させます。 楽家歴代では、代々使う鋏を変えていると云われています。 ですから、古く茶人の間では、溶けた釉薬をはさみ出す、はさみ跡を景色と見立て、また作者の特徴をあらわす印として『はさみ跡』は、興味深く見られています。 寸 法 直径12.0cm×8.2cm 梱 包 化粧箱 その他お茶碗一覧はこちら【茶道具 楽茶碗/抹茶碗】黒楽茶碗 上 佐々木松楽作 日本人に愛され続けてきた楽茶碗の魅力をお届け致します。 楽焼は天正の初めごろから始まった焼物で、京都で生まれ、京都で育った唯一の焼物です。 釉色から、赤、黒...

スポンサーリンク
スポンサーリンク