メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「備前焼皿」検索結果。

備前焼皿の商品検索結果全142件中1~60件目

和食器 黒備前 三角 和風パスタプレート パスタ皿 大皿 和皿 カレー 美濃焼 おうち うつわ

白いごはん器のお店ライスボール

1,730

和食器 黒備前 三角 和風パスタプレート パスタ皿 大皿 和皿 カレー 美濃焼 おうち うつわ

お買い物の際に必ずお読み下さいませ。ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんので予めご了承下さいませ。 素材 磁器 生産国 日本製 サイズ 268×268×高さ40mm 備考 電子レンジ:○ 食器洗浄機:○ 関連キーワード 和食器 和皿 和風 食器 陶器 磁器 皿 プレート お祝い 祝う 祝い 正月 お正月 誕生日 記念日 パーティー 新生活 引越し さんま皿 サンマ皿 秋刀魚皿 焼き魚 秋 前菜皿 焼物皿 長い皿 お皿 突出皿 長盛皿 オードブル レストラン風 カフェ風 ロング ロングトレー 楕円皿 楕円プレート オーバル皿 オーバルプレート 美濃焼 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)使いやすい食器をお品揃えしています。 お子様からご年配の方まで安心して使用できます。 薄さと軽さを活かしたすっきりとしたフォルムが特徴的。 普段使いからおもてなしまで幅広くお使いいただけます。 食卓で一番よく使われる器だからこそ お気に入りの食器を揃えたいですね。 安心安全の日本製です! 【サイズ(約)】 113×65mm 【素材】 陶磁器 【原産国】 日本製 【その他】 ○ 食器洗浄機OK ○ オーブンOK ○ 電子レンジOK ※個箱無し簡易梱包 【お取り寄せ商品】 ご注文後発注いたします。 お届け日ご指定のお約束はできかねます。 他の商品とまとめて発送となります。 欠品の場合はメールでご連絡させていただきます。 【ギフトラッピング・熨斗】 有料サービスとなります。ご希望の際は商品と一緒にご購入下さい。 ご購入ページはこちら。

香蘭社蘭 オーバルボール(40561-EUN)

ギフトギャラリー石橋

2,700

香蘭社蘭 オーバルボール(40561-EUN)

商品サイズ/26.7×15×4.5cm 箱サイズ/29×17×6.7cm 材質/磁器 心に花咲く、美しい器を贈ろう。 贈られた人の心にも、贈った人の心にも 美しい花を咲かせる贈りもの。 思いやりと言う最高のご馳走をのせて、 使う人の暮らしの中にずっと咲き続ける器を贈ろう。 『香蘭社の由来』 今からおよそ三百年前、江戸文化が華麗に花開いた元禄の頃、初代深川栄左ヱ門が備前有田で『香蘭社』の前身となる磁器の製造を始めました。そして日本の近代化をもたらした明治維新の激動期、有田焼は佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失いました。その再興に指導的役割を果たしたのが、八代深川栄左ヱ門でした。強い自立の精神が、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、それに陶商達を一つにまとめ結社を作りました。これが「香蘭社」です。時に明治八年。その後、相次いで世界各国で行われた万国博で数々の名誉金牌を受賞。海外でもその評価を高めるとともに、明治二十九年には宮内省御用達の栄にも浴し今日に及んでいます。 *お取り寄せの為、最短で1週間後のお届けとなります。 日曜・祝日も発送いたします。 御年賀・御中元・お歳暮・快気祝・御結婚内祝・御出産内祝などいろいろなギフトにいかがですか? ご要望に応じて御礼状もおつけします。ギフト対応

送料無料
備前焼 大皿 取皿 銘々皿 盛皿 菓子皿 備前焼 丸皿(胡麻) 送料無料

器茶房 彩庵

12,960

備前焼 大皿 取皿 銘々皿 盛皿 菓子皿 備前焼 丸皿(胡麻) 送料無料

皿 260×35 木箱 295×295×65備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
備前焼 楕円皿 中皿 取皿 菓子皿 備前焼 伊勢崎創作 だ円皿(小)二枚組(創-05) 送料無料

器茶房 彩庵

12,960

備前焼 楕円皿 中皿 取皿 菓子皿 備前焼 伊勢崎創作 だ円皿(小)二枚組(創-05) 送料無料

皿 160×90 紙箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用される...

アボカドディップの彩り野菜スティックサラダ ほっけ皿 長角皿 大皿 31.5cm(黒備前 ブラック)

白いごはん器のお店ライスボール

2,128

アボカドディップの彩り野菜スティックサラダ ほっけ皿 長角皿 大皿 31.5cm(黒備前 ブラック)

●お買い物の際に必ずお読み下さいませ。ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんのでご了承下さいませ。 素材 磁器 生産国 日本製 サイズ 315×140×高さ20mm 備考 電子レンジ:○ 食器洗浄機:○ 関連キーワード 和食器 和皿 和風 食器 陶器 磁器 皿 プレート お祝い 祝う 祝い 正月 お正月 誕生日 記念日 パーティー 新生活 引越し さんま皿 サンマ皿 秋刀魚皿 ほっけ皿 ホッケ皿 焼き魚 秋 前菜皿 焼物皿 長い皿 お皿 突出皿 長盛皿 オードブル レストラン風 カフェ風 ロング ロングトレー 角 四角 長角 細角皿 美濃焼 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)長角皿(又は、長さのある食器)は、サンマ皿のイメージがあり サンマを盛り付ける以外に上手く活用出来ていない方も多いのでは? さんまの季節だけ活用するなんてもったいないです! おしゃれで簡単にレストランやカフェ風演出ができる便利アイテム♪ 1年中、毎日活用できちゃうお料理メニューをご紹介します。 ▼ 丸ごと塩焼魚き 長角皿といえば、秋が旬のサンマ。または、ホッケなんかも良いですね。 長角皿は、焼き魚にはぴったりのアイテムですね。 サンマは、身ばなれもよいので食べやすく、皮も身もワタも美味しい。 7月~11月が旬の、脂ののったふっくらほろほろホッケ♪ どちらもシンプルな塩焼きが一番美味しい!白ごはんにもよく合う! すだちや大根おろし、大葉を添えて。 ▼ ひと口サイズの ピンチョス ひと口サイズに切ったパンの上にトマト、バジル、生ハム、サーモン、アボカドなど 様々な食材を爪楊枝や串に刺してつまんで食べる軽食のこと。...

黒織部コーヒーカップ 珈琲碗皿 織部焼 [和食器] 美濃焼 玉山窯

美術工芸備前

5,940

黒織部コーヒーカップ 珈琲碗皿 織部焼 [和食器] 美濃焼 玉山窯

商品説明商品説明黒織部高台ぶどう文コーヒーカップ 人気の高いコーヒーカップです。つばめが描かれています。一つ一つ丁寧に作られた作品は、上品で繊細で使う方の心を惹きつけます。 ソーサーはお皿としてもお使いいただけます、「ソーサーのみ販売可2160」 サイズ*カップ 径8.5cm 高9.5cm ソーサー 径16cm 高さ1.5cm 窯元/作家*美濃焼/玉山窯/四代玉置兼光 市之倉に4代続く現代和食器の窯元。百年の伝統ある老舗窯元で、作品は織部・志野・黄瀬戸など食器を中心に手掛けております。 発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~30日 美濃焼とは岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部(おりべ)焼などを言います。tamaoki58 織部ぶどう文高台珈琲碗皿 5940円 [玉山窯]美濃焼を代表する老舗窯元・・ 確かな技術と品質の高さには定評があります・・ 玉山窯のうつわをお楽しみください。織部焼定番のぶどうが描かれています。 高台付きで高級感のある作品に仕上がっています。 口縁部と高台に織部釉を配置が素敵な作品に仕上がっています。 プレゼントにも最適です。 くつろぎのコーヒータイムなど様々な シュチエーションでお使いください。千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で作られたのが織部焼 織部好みの奇抜で斬新な造形や文様が今も受け継がれています 生活の中に歴史ある織部焼を・・ *玉山窯 プロフィール 市之倉に4代続く現代和食器の老舗窯元。 織部と志野に特に力をいれ、織部の美しい緑は見事に表現しています。...

生ハムとバジルのイタリアン押し寿司 前菜オードブル盛り合わせ ほっけ皿 長角皿 大皿 32.3cm(荒彫黒備前 岩石プレート風 黒ブラック)

白いごはん器のお店ライスボール

2,138

生ハムとバジルのイタリアン押し寿司 前菜オードブル盛り合わせ ほっけ皿 長角皿 大皿 32.3cm(荒彫黒備前 岩石プレート風 黒ブラック)

●お買い物の際に必ずお読み下さいませ。ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんのでご了承下さいませ。 素材 磁器 生産国 日本製 サイズ 323×159×高さ37mm 備考 電子レンジ:○ 食器洗浄機:○ 関連キーワード 和食器 和皿 和風 食器 陶器 磁器 皿 プレート お祝い 祝う 祝い 正月 お正月 誕生日 記念日 パーティー 新生活 引越し さんま皿 サンマ皿 秋刀魚皿 ほっけ皿 ホッケ皿 焼き魚 秋 前菜皿 焼物皿 長い皿 お皿 突出皿 長盛皿 オードブル レストラン風 カフェ風 ロング ロングトレー 角 四角 長角 細角皿 美濃焼 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)長角皿(又は、長さのある食器)は、サンマ皿のイメージがあり サンマを盛り付ける以外に上手く活用出来ていない方も多いのでは? さんまの季節だけ活用するなんてもったいないです! おしゃれで簡単にレストランやカフェ風演出ができる便利アイテム♪ 1年中、毎日活用できちゃうお料理メニューをご紹介します。 ▼ 丸ごと塩焼魚き 長角皿といえば、秋が旬のサンマ。または、ホッケなんかも良いですね。 長角皿は、焼き魚にはぴったりのアイテムですね。 サンマは、身ばなれもよいので食べやすく、皮も身もワタも美味しい。 7月~11月が旬の、脂ののったふっくらほろほろホッケ♪ どちらもシンプルな塩焼きが一番美味しい!白ごはんにもよく合う! すだちや大根おろし、大葉を添えて。 ▼ ひと口サイズの ピンチョス ひと口サイズに切ったパンの上にトマト、バジル、生ハム、サーモン、アボカドなど 様々な食材を爪楊枝や串に刺してつまんで食べる軽食のこと。...

黒織部コーヒーカップ【和食器】美濃焼 織部焼 早蕨窯 佐藤和次

美術工芸備前

7,560

黒織部コーヒーカップ【和食器】美濃焼 織部焼 早蕨窯 佐藤和次

商品詳細・商品説明satou76 黒織部幾何学文珈琲碗皿 7560円 [早蕨窯/佐藤和次] 使うごとにしっとりとした風合いに変わり愛着が深まります。 様々なシュチエーションでお使いください。プレゼントとしても最適です。 ・サイズカップ:径7cm 高さ7.8cm 170cc 170g 皿:径13.6cm 高さ2.5cm 238g(合計408g) 箱は付属しません・窯元/作家*美濃焼/早蕨窯/佐藤和次 昭和23年生まれ 志野の林孝太郎に師事、伝統的な桃山の焼物を経験し、昭和52年早蕨窯を開陶する。信条は料理と酒を楽しみ、食通として知られる芸術家の北大路魯山人の器を、高く評価しています。佐藤氏のこだわりは美濃ならではの土"五斗蒔土を使い,更にこの土に可塑性があって焼締まる信楽の土をブレンドし、釉薬は織部釉と灰、長石、銅を重ね又、焼成は酸化炎の1230度で焼上し、時間をかけて誕生した陶器はどれも独特の景色を醸し出しています。 美濃陶芸協会 副会長 岐阜県美術展、中日国際陶芸展、日本信工芸展、朝日陶芸展など各展に入選。 ・発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~30日 ・美濃焼とは岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部(おりべ)焼などを言います。satou76 黒織部幾何学文珈琲碗皿 7560円 [早蕨窯/佐藤和次]「土は陶工の宝、美濃は宝の山、 織部の夢をかなえた山、 美濃の山の中にいて、夢を見ていたい」 美濃ならではの土"五斗蒔土に信楽の土をブレンドし、 織部釉と灰、長石、銅を重ね、1230度で焼き、 時間をかけて誕生した器はどれも独特の...

盃 杯 ぐい呑 酒器 備前焼 酒呑(桟切)

器茶房 彩庵

3,780

盃 杯 ぐい呑 酒器 備前焼 酒呑(桟切)

酒呑 55×55 木箱 85×90×85備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様...

送料無料
焼酎サーバー デキャンタ 酒器 備前焼 サーバー(桟切)

器茶房 彩庵

27,000

焼酎サーバー デキャンタ 酒器 備前焼 サーバー(桟切)

サーバー 140×250備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々...

スポンサーリンク
スポンサーリンク