メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「信楽焼食器」検索結果。

信楽焼食器の商品検索結果全1,425件中1~60件目

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

THE COVER NIPPON

5,400

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須 使いやすさ抜群! お茶の時間が楽しくなる朱泥の急須 最大の特徴は、急須口の先端を三角形に作り上げたことでお茶の出方の良い、尻もれしない急須になりました。陶器製の常滑焼は、酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応し苦さが取れ、味がまろやかになるといわれています。 内側の網は陶器製のセラメッシュであるため、金属の茶こしでは表現できないお茶の持つ本来の旨みや味わいを最大限に楽しむことができます。 釉薬をかけずに固く焼き締めたオレンジ色の朱泥(しゅでい)の急須は、常滑焼を代表する一品です。 陶器製であることにより給水率が高く、長く使うと急須自体の色つやが良くなり、独特の味も出てきます。 使い続けることにより、その人とともに生きていく急須をぜひお手元にいかがでしょうか? 常滑焼とは 愛知県常滑焼は、およそ1,000年の歴史を持ち日本六古窯(常滑・瀬戸・信楽・備前・越前・丹波)のひとつとして長い歴史を持っています。その中でも常滑焼を代表する「急須」は、江戸時代末期から明治時代にかけて製作が始まり、現在も変わらず職人の手による「究極の常滑急須」作りが続いています。 常滑急須は常滑焼の歴史、技術に裏付けられた代表的な製品ではありますが、明治時代になると土管やタイル、洗面器など多様な焼き物の産地となり、陶磁器を通じて国民生活のインフラ整備の一端を担いました。 良質な陶土と長きにわたって培われてきた技術を生かして、芸術作品から土木建築まで、驚くほど幅広く多様な焼き物を産出しています。 常滑焼の急須のポイント 急須の産地としての伝統をベースに、使いやすい急須作り磨きをかけ、繊細な茶こし(セラメッシュ・陶製茶こしなど)や、お茶切れの良い注ぎ口、蓋と本体の摺り合わせの密着性の高さ...

【信楽焼】【食器】【お皿】「北欧食器から影響をうけたモダンな信楽焼」滋賀県 文五郎窯(ぶんごろうがま)十草 モーニングプレート/φ180(和楕円皿/陶器/贈答品/デザイン/プレゼント/おすすめ/冬...

日本の伝統工芸 REALJAPANPROJECT

3,024

【信楽焼】【食器】【お皿】「北欧食器から影響をうけたモダンな信楽焼」滋賀県 文五郎窯(ぶんごろうがま)十草 モーニングプレート/φ180(和楕円皿/陶器/贈答品/デザイン/プレゼント/おすすめ/冬...

※予約販売中の場合、6~7ヵ月程お待ち頂きます文五郎窯の創業は文久2年(1862年)。初代・奥田文五郎氏が開窯、信楽焼の窯元として、代々伝統を守り続けてきました。現在は伝統工芸士である兄の文悟さんが陶製浴槽や盆栽鉢などの大型陶器を、弟である章さんが食器を中心とした小物陶器の創作を行っています。章さんの生み出す器は、和洋問わずさまざまな料理を美しく引き立てるミニマムなデザイン。北欧の感覚を取り入れたシャープで柔らかな流線型のフォルムが特徴です。また、「いまのライフスタイルに合った、普段使いできる器を提案しています」とお話されるように、購入しやすいカジュアルな価格帯にもその想いが反映されています。代表的な作品は「信楽焼新総合展」で優秀賞を受賞したリバーシブル皿。料理の種類や気分に合わせて、表と裏、両方の面を使用できるので、"食"の楽しみを一層広げてくれる器です。十草の模様が施された黒いリムと、中央の白い刷毛目のコントラストが美しい「モーニングプレート」。どんなお料理も美しく引き立て、毎朝の朝食の準備を楽しくしてくれるお皿です。小さいサイズはサラダやおかずをのせたり、ケーキなどのデザートをのせるのにちょうどいい大きさ。大きなサイズには、サラダやオムレツなどのおかずとパンなどをのせて、これ一枚で朝食を取ることが出来るサイズです。大小2枚を重ねるときれいに収まるのも嬉しいポイントです。【サイズ】φ約18×h1.7cm REALJAPANPROJECTが紹介する伝統工芸品は以下のような 贈り物 用途ににもおすすめです /贈り物/ギフト/誕生日/御祝/結婚祝い/出産祝い/内祝/お返し/引き出物/入園・入学祝い/就職/昇進/退職祝い/引越し/新築/開店祝い/記念日/お祝い/還暦/古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿/母の日/お母さん/父の日...

常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】

THE COVER NIPPON

5,616

常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】

ギフトラッピングについて 【楽ギフ_包装】 【楽ギフ_のし】 【楽ギフ_のし宛書】常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】 陶器製の常滑焼は、酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応し苦さが取れ、味がまろやかになるといわれています。中でも焼き締めの土で作った急須は、お茶に含まれる余分な苦味・渋みを和らげてくれます。さらに、陶器製であることにより給水率が高く、長く使うと急須自体の色つやが良くなり、独特の味が出てきます。 茶っ切急須の最大の特徴は、急須口の先端を三角に仕上げていること。三角に作り上げることでお茶の出方が良く、尻漏れ知らずでお茶切れが最高です。また、セラメッシュと呼ばれる精巧な穴がたくさん空いている茶漉しで、深蒸し茶のような目の細かいお茶も目詰まりしません。 常滑焼の急須は持ちやすく、注ぎ具合が違います。ベテラン卸問屋番頭たちが選んだ、職人の伝統とこだわりの詰まった特別な急須です。 常滑焼とは 愛知県常滑焼は、およそ1,000年の歴史を持ち日本六古窯(常滑・瀬戸・信楽・備前・越前・丹波)のひとつとして長い歴史を持っています。その中でも常滑焼を代表する「急須」は、江戸時代末期から明治時代にかけて製作が始まり、現在も変わらず職人の手による「究極の常滑急須」作りが続いています。 常滑急須は常滑焼の歴史、技術に裏付けられた代表的な製品ではありますが、明治時代になると土管やタイル、洗面器など多様な焼き物の産地となり、陶磁器を通じて国民生活のインフラ整備の一端を担いました。 良質な陶土と長きにわたって培われてきた技術を生かして、芸術作品から土木建築まで、驚くほど幅広く多様な焼き物を産出しています。 常滑焼の急須のポイント 急須の産地としての伝統をベースに、使いやすい急須作り磨きをかけ、繊細な茶こし...

送料無料
信楽片口

日本橋ギャラリー紫苑

11,340

信楽片口

サイズ 幅 約 10.5cm 奥行 約 8.3cm 高さ 約 7.4cm容量 約 190cc 付属品 桐共箱、しおり 原産地 日本製(滋賀県) 商品の特徴 新品(最新作)、全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 信楽焼は荒土です。陶土に含まれる長石が噴き出したり、石を噛んだりしていますが、これが信楽の特徴でございます。 数 量 こちらの商品は現品限りでございます。 ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。皆川仁史 信楽片口 半世紀近く続く土の子窯は父の師である小森松庵先生の命名です。父、隆と共に信楽焼を愛する人に思いを馳せながら、日々新しい気持ちで土に触れ、火に向かい作陶を続けています。 穴窯焼成 土の子窯 皆川仁史 陶歴 1959年 滋賀県信楽に皆川 隆長男として生れる。 1980年 愛知県立窯業職業訓練校卒 1982年 岐阜県多治見工業高校窯業専攻科卒 多治見市に於いて鈴木蔵先生(人間国宝)に師事 1988年 信楽にて作陶を始める。 各地にて親子展 皆川仁史先生作、信楽片口です。肌理細かい土による薄造りと赤松割木焼成によるビードロと見事な緋色、すばらしい焼成の片口です。希少な作品をぜひご愛用下さい。 お待たせいたしました。新作入荷、現品限り

送料無料
信楽ぐい呑

日本橋ギャラリー紫苑

14,580

信楽ぐい呑

サイズ 径 約 5.8cm 高さ 約 4.9cm 付属品 真田紐付桐共箱、共布、しおり 原産地 日本製(滋賀県) 商品の特徴 新品(最新作)、全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 信楽焼は荒土です。陶土に含まれる長石が噴き出したり、石を噛んだりしていますが、これが信楽の特徴でございます。 数 量 こちらの商品は現品限りでございます。 ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。皆川仁史 信楽ぐい呑 半世紀近く続く土の子窯は父の師である小森松庵先生の命名です。父、隆と共に信楽焼を愛する人に思いを馳せながら、日々新しい気持ちで土に触れ、火に向かい作陶を続けています。 穴窯焼成 土の子窯 皆川仁史 陶歴 1959年 滋賀県信楽に皆川 隆長男として生れる。 1980年 愛知県立窯業職業訓練校卒 1982年 岐阜県多治見工業高校窯業専攻科卒 多治見市に於いて鈴木蔵先生(人間国宝)に師事 1988年 信楽にて作陶を始める。 各地にて親子展 皆川仁史先生作、信楽ぐい呑です。肌理細かい土による薄造りと赤松割木焼成による見事な榎肌、すばらしい焼成のぐい呑みです。希少な作品をぜひご愛用下さい。 お待たせいたしました。新作入荷、現品限り

スポンサーリンク
スポンサーリンク