メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「会津」検索結果。

会津の商品検索結果全1,064件中1~60件目

【伝統工芸 茶筒】 会津桐小物 茶筒 時代仕上 敬老の日 プレゼント ギフト 会津桐タンス株式会社 会津桐 三島町 会津 桐 茶 伝統工芸品 贈り物 和風 父の日 母の日

おもしろ雑貨通販エランドショップ

8,100

【伝統工芸 茶筒】 会津桐小物 茶筒 時代仕上 敬老の日 プレゼント ギフト 会津桐タンス株式会社 会津桐 三島町 会津 桐 茶 伝統工芸品 贈り物 和風 父の日 母の日

八角形の茶筒で、お茶(約)100g が入ります。 密閉性が良く、茶葉を湿気から守ります。 主な仕様 ■サイズ:幅/約8.4×高さ/約16×奥行/約8.4(cm) ■材質:桐 (会津桐) ■容量:お茶/約100g 会津桐タンス株式会社 会津藩の藩祖 保科正之が植栽を奨励した桐は「会津桐」というブランドになり、その中で奥会津三島桐は最上級品とされています。 およそ40年ほど前から中国を主とする外国産桐が大量に輸入され、近年の会津桐の流通量は、国内の1%未満となってしまいました。こうした状況の中、昭和59年本物の会津桐を守りそして育てる為創業し、会津桐にこだわった桐たんすをはじめ、グッドデザイン賞を受賞したスライド式茶筒や桐サーフボード等、様々な会津桐製品を作り続けています。 会津桐について 会津桐(あいづきり)は1600年頃から植栽歴を有していると伝えられており、会津地方では女の子が生まれると桐を植える風習があり、嫁入り箪笥の材料として大切に栽培されてきました。 桐は日本国内の木材の中で最も軽く、湿気を防ぎ、防虫効果が高く、燃えにくい木材です。割れや狂いも少ないため精密に加工する事が出来る事から高級木材と重宝されています。 一口に「会津桐」といっても会津に育った桐の全てを称せるモノではありません。 会津三島町を中心に半径10kmほどの只見川沿いの一部地域(会津地方のごく一部)に育った桐が「会津桐」として取り扱われます。会津桐タンス株式会社では、この 「会津桐」にこだわり、産地を確かめた桐だけが使用されています。 桐製品への加工 仕入れた丸太を数種類の厚みに製材し、工場内の板干場に立てかけ、陽に当て雨や雪にさらす天干をしてシブ抜きと乾燥を行います。製材直後の板は、150%以上の含水率がありますが、2~3年後には15%程度まで水分が抜け...

会津漆器 卓上小物 曙 箸箱1膳入 天然木製 漆塗り 会津塗り 18-115-20

Amazon

4,320

会津漆器 卓上小物 曙 箸箱1膳入 天然木製 漆塗り 会津塗り 18-115-20

天然木製 漆塗り(会津漆器) 化粧箱入梱包サイズ:28×5×3.5cm 実寸:26×3.4×2.5cm 【会津漆器の特徴・利用場面】 【会津漆器の特徴】 会津漆器は会津地方に伝わる伝統技術です。 会津藩政時代には技術革新に熱心に取り組み、中国やオランダなどへも輸出されるほど素晴らしい技術に発展しました。 現在では国の伝統工芸の指定を受け、螺鈿・漆絵・乾漆・蒔絵・花塗など多彩な技法の漆器を生み出しています。 食器洗浄機対応の器をはじめとした伝統の中にも現代の暮らしに求められる機能を盛り込んだ漆器の開発に取り組んでいます。 蒔絵・・・漆器の表面に漆や塗料で花や模様などを描き、その上に金粉や色粉を蒔きつけて絵柄を表現する方法。 金虫喰塗・・・黒漆を塗り、乾く前に大麦または籾殻を全面に蒔き、乾燥後大麦を取り除くことにより作られる。その後、銀粉を蒔き乾燥後炭で磨き、 完成する。 花塗・・・油を加え、光沢を持たせた漆で上塗りをして仕上げる技法であり、ハケの跡やムラを残さず塗りあげる高度な技術で作られる。 【会津漆器の利用場面】 お祝い 内祝 引き出物 引出物 結婚式 プレゼント お祝い返し 記念 記念日 御返し お礼 御礼 挨拶 あいさつ 餞別 披露宴 出産祝い 命名祝い 入園祝い 卒園祝い 入学祝い 卒業祝い 就職祝い 引越し祝い お見舞い 快気祝い 開店祝い 節句祝い 七五三 成人式 新築祝い 卒寿祝い 白寿祝い 長寿祝い 米寿祝い 喜寿祝い 結婚記念日 カタログ ギフト 贈答品 記念日 誕生日父の日 母の日敬老の日 受賞 景品 賞品 香典 お中元 お歳暮 お年始

スポンサーリンク
スポンサーリンク