メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「二重グラス」検索結果。

二重グラスの商品検索結果全3,497件中1~60件目

cores ゴールドフィルター コーヒードリッパー 1カップ用 キッチン雑貨 > コーヒーグッズ

e-goods

3,024

cores ゴールドフィルター コーヒードリッパー 1カップ用 キッチン雑貨 > コーヒーグッズ

cores ゴールドフィルター ドリッパー 1カップ用 cores シングルカップ ゴールドフィルター コーヒーを一層おいしくする、cores(コレス)のゴールドフィルター。 『大きなゴールドフィルターでの1杯分抽出が難しい』という声に応えて開発された、1杯分ドリップ用のフィルターです。 純金コーティングされた粗いメッシュでコーヒーのオイルをダイレクトに抽出し、ペーパーフィルターとは異なるコーヒー本来の味と香りをお楽しみいただけます。 純金コーティングと粗いメッシュの理由 コーヒー豆が持つ個性や旨味成分を味わうには、コーヒーオイルをそのまま抽出することが重要。そのためにはオイルが吸収されてしまうペーパーフィルターよりも金属フィルターが適しています。 中でも純金はコーヒー劣化の原因の一つである酸化に強く、二重のゴールドメッキで耐久性もアップしています。 湯が抜けやすい縦型スリット。よりスムーズに抽出できるよう、メッシュの穴は内側から表側に向かって打ち抜かれています。 計量スプーンいらず。 ロゴプレートで計量できます。 コーヒー粉は中挽き〜中粗挽きで、湯を適度にホールドする新鮮で挽きたてのものがおすすめ。 Coresのロゴマーク部分のプレートを目安に量を計ってください。 ※あくまでも目安となりますのでお好みで調節してください。 SIZE サイズ / キッチン雑貨 コーヒーグッズ / 家具 インテリア

伊賀焼/ふたり御飯鍋(2合用・専用飯碗付) 川上正志・坂口弘三 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

12,420

伊賀焼/ふたり御飯鍋(2合用・専用飯碗付) 川上正志・坂口弘三 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

米の旨さが違う。昔懐かしい「御飯鍋」「昔の竈の御飯は旨かった」と断言するのは、伊賀焼の古窯〈長谷園〉の長谷優磁さん。「竈の薪からは遠赤外線が出ていましたから、お米の芯からふっくらと炊き上げる効果があったのです」。“竈で薪”というのは、現代の生活では無理な相談です。そこで長谷さんが開発したのが、大好評を得ている「御飯鍋」。実際の製作は川上正志さんを中心に行いました。御飯鍋の秘密は、伊賀の粗い陶土を使い、遠赤外線効果のある釉薬を塗布したこと。内部が熱をうまく対流させる構造であること。直火部分は肉厚成形により、熱を蓄えてから穏やかに伝えるので保温性を発揮。また、二重構造の蓋が、圧力釜としての機能も果たし、吹きこぼれも防いでくれます。炊き上げる時間を1、2分延長すれば、香ばしいおこげも完成です。各ご家庭でお使いのガスの種類や器具の火力に合う炊き上げ時間を2、3度試してみる必要はありますが、一度分かれば、いつでも美味しいふっくら御飯の出来上がりです。御飯鍋の愛用者によると、「炊き上げる時間の短さもポイント。電気炊飯器だと通常40分~50分くらいかかるのに、これなら強火で10分、火を止めて15分蒸らせばふっくらツヤツヤの美味しい御飯が炊き上がります。時間も手間もかからないのが嬉しい」といわれています。川上さんが手がけた黄瀬土の御飯鍋は、それ自体の美しさも魅力です。

Menu サーモカップ 2個セット

ディノス

9,720

Menu サーモカップ 2個セット

ノルディックウールデザインのサーモカップ。オレンジ/イエロー2個セット ○一見普通のカップですが、内部の二重構造により保温・保冷の機能を持ったカップです。○熱い飲み物を入れても手に触れる外側は熱くなりにくく、結露もしにくいです。○熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいまま楽しむことができます。○スカンジナビアデザインらしいシンプル&モダンなデザインです。《デザイナー・コメント》デザイナー: Pernille Vea「ものをデザインするとき、時の流れを頭に入れておくことはとても重要である。その時代の流行を把握し、そしてその先を見据える才能を養うことは、デザインをする上で欠かすことはできない。今日新しいデザインを創り出すことは容易な事ではない。デザイナーは常に速さを増す時の流れと戦わなくてはいけないからだ。しかし自分のつくり出すデザインに関わる時間を把握し、それに未来を見出すことが出来れば、その人は勝者となれるのである。」MDD産業デザイナー。家具と照明器具を先行とし、1996年名門のデンマークデザインスクールを卒業。今までにいくつもの国際デザイン賞を受賞し、革新的なデザインを考案する彼女は、スカンジナビア諸島で最も成功しているデザイナーです。*2003年に国際的ファッション・デザイン誌“Wall Paper”で最も注目を集めているデザイナーの1人として取り上げられました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク