メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「九谷焼皿」検索結果。

九谷焼皿の商品検索結果全740件中1~60件目

九谷焼【小皿】

鳥の巣箱

1,080

九谷焼【小皿】

九谷焼の歴史に残る古九谷や吉田屋窯の名品絵柄を 小皿にしたレプリカシリーズです。 伝統工芸 九谷焼【小皿】 九谷焼 名品コレクション/吉田屋双鴨図 サイズ:約径10.5×高さ2cm 専用皿立て付き 〈化粧箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 ※付属の皿立て飾った「古九谷色絵亀甲牡丹蝶文」イメージ 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。九谷焼 豆皿 名品コレクション 九谷焼の歴史に残る古九谷と吉田屋窯の名品31点を精密に写した 10cmサイズの小皿のコレクションです。 主に17世紀後半~江戸後期に製作されており、ほとんどが 石川県立美術館に所蔵されている九谷焼の代表的な絵柄です。 特に、MC-15古九谷色絵亀甲牡丹蝶文は梅沢記念館に所蔵されており、 重要文化財とされています。 本物の名品は30cm以上の大きな物ですが、ミニチュア化する事で...

九谷焼【小皿】名品 豆皿コレクション

鳥の巣箱

1,080

九谷焼【小皿】名品 豆皿コレクション

九谷焼の歴史に残る古九谷や吉田屋窯の名品絵柄を 小皿にしたレプリカシリーズです。 伝統工芸 九谷焼【小皿】 九谷焼 名品コレクション/吉田屋万年青図 サイズ:約径10.5×高さ2cm 専用皿立て付き 〈化粧箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 ※付属の皿立て飾った「古九谷色絵亀甲牡丹蝶文」イメージ 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。九谷焼 豆皿 名品コレクション 九谷焼の歴史に残る古九谷と吉田屋窯の名品31点を精密に写した 10cmサイズの小皿のコレクションです。 主に17世紀後半~江戸後期に製作されており、ほとんどが 石川県立美術館に所蔵されている九谷焼の代表的な絵柄です。 特に、MC-15古九谷色絵亀甲牡丹蝶文は梅沢記念館に所蔵されており、 重要文化財とされています。 本物の名品は30cm以上の大きな物ですが、ミニチュア化する事で...

送料無料
九谷焼 角皿 セット 古九谷絵変り( 和食器 取り皿 )

和座 和風空間創造工房

18,360

九谷焼 角皿 セット 古九谷絵変り( 和食器 取り皿 )

こんな時にお薦めです 記念品/引き出物/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/退職記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/結婚記念日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼 皿一覧 >> 九谷焼 中皿一覧 使い勝手の良い取り皿。食卓に必ずと言っていいほど欠かせない食器です。九谷焼の皿は、陶磁器をキャンパスに色とりどりに彩色する華やかなデザインやシンプルを極めるものまで多種多様なバリエーションがあり、毎日の食卓をデコレートする器としてとても重宝致します。伝統的な画風の作品を洋風なお料理で、またモダンなデザインの作品を和食と合わせて、 テーブルの上で様々な色合いの組み合わせをお楽しみ頂けましたら幸いです。お料理と器をゆっくりと楽しむ、そんな贅沢な時間を九谷焼とともにお過ごし頂ければと思います。 九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出したのです。以降、加賀百万石、前田家の豪放華麗な文化の中で、その加飾技術は磨き上げられ今日の絢爛豪華な作品の数々が生み出されました。そして明治期に輸出用の作品として贅沢に金を用い描かれた作品が現代の九谷焼の「派手」なイメージの基になっていることは間違いありません。もちろん九谷焼の中にも染付(藍と白)で描かれたシンプルな作品も多々あります。しかし最近になり感じるのは九谷焼の派手過ぎるくらいの彩色が持つデザインの強さ...

送料無料
【九谷焼】 5.3号皿揃 小紋手バラ 中皿 楕円皿 取皿 銘々皿 和食器 取り皿 五枚セット ギフト プレゼント 結婚祝い 引き出物 出産祝い 出産 結婚 内祝い 新築祝 お返し贈り物 女性 ...

彩々や

6,480

【九谷焼】 5.3号皿揃 小紋手バラ 中皿 楕円皿 取皿 銘々皿 和食器 取り皿 五枚セット ギフト プレゼント 結婚祝い 引き出物 出産祝い 出産 結婚 内祝い 新築祝 お返し贈り物 女性 ...

九谷焼は世界に誇る陶器、陶磁器、和食器 内 容 皿5枚 サイズ 長辺16×短辺11.5cm 箱 化粧箱 原産地 日本製・九谷焼 結婚式 の 引き出物 ( 引出物 ) 結婚記念日 金婚式 銀婚式 父の日 母の日 敬老の日 新築祝 増築祝 開業祝 開店祝 快気祝 全快祝 就任祝 昇進祝 栄転祝 定年 退職祝 誕生日 出産祝 就職祝 初任給 の贈り物 ボーナス 還暦 古希 喜寿 傘寿 米寿 御中元 御歳暮 暑中お見舞い お土産 贈り物 上場記念 株式公開記念 創業記念 法人ギフト 高級贈答品 官公庁ギフト 等としてお薦めです 九谷焼が語るロマンの世界 九谷焼の魅力は、「上絵付けで色絵装飾のすばらしさにあります。 上絵付けは、本焼きした陶磁器の上に顔料で紋様を描き再度焼く技法のことで、九谷焼は広くその技法が用いられています。 九谷焼の上絵付けの特徴は「五彩手」と呼ばれる、赤、黄、緑、紫、紺青で色彩効果と豪放優美な絵模様に表れています。 模様や色は古九谷、木米、吉田屋など時代によって生み出されたいくつかの作風があり、木米風の作風は素地に赤絵写しの文人を描く和やかな絵が特徴です、 吉田屋風は素地に緑、黄、紫の塗り埋め手が特徴です、 庄三風は赤絵線描、五彩に花鳥山水を描いた彩色金襴手の技法が用いられています。 九谷焼は各年代の窯ごとに、特徴ある作風が打ち立てられて、九谷焼の作品の層を幅広いものにし、各画風に名工を多く輩出させてきました。 九谷焼の多彩な絵付け技術の発達を可能にしたのは、九谷にもともと絵付けの技術をもつ陶画工が存在しなかったためで、絵師に絵付けさせたと言われています。 これが、素地業と上絵業に専業化され、上絵を専門分野としていくことにつななりました。 加賀百万石文化は、藩の強力な文化施策がありました。...

送料無料
【九谷焼】 4.6号皿揃 色彩花 中皿 丸皿 取皿 銘々皿 和食器 取り皿 五枚セット ギフト プレゼント 結婚祝い 引き出物 出産祝い 出産 結婚 内祝い 新築祝 お返し贈り物 女性 【楽ギフ...

彩々や

5,400

【九谷焼】 4.6号皿揃 色彩花 中皿 丸皿 取皿 銘々皿 和食器 取り皿 五枚セット ギフト プレゼント 結婚祝い 引き出物 出産祝い 出産 結婚 内祝い 新築祝 お返し贈り物 女性 【楽ギフ...

九谷焼は世界に誇る陶器、陶磁器、和食器 内 容 皿5枚 サイズ 径14cm 箱 化粧箱 原産地 日本製・九谷焼 結婚式 の 引き出物 ( 引出物 ) 結婚記念日 金婚式 銀婚式 父の日 母の日 敬老の日 新築祝 増築祝 開業祝 開店祝 快気祝 全快祝 就任祝 昇進祝 栄転祝 定年 退職祝 誕生日 出産祝 就職祝 初任給 の贈り物 ボーナス 還暦 古希 喜寿 傘寿 米寿 御中元 御歳暮 暑中お見舞い お土産 贈り物 上場記念 株式公開記念 創業記念 法人ギフト 高級贈答品 官公庁ギフト 等としてお薦めです 九谷焼が語るロマンの世界 九谷焼の魅力は、「上絵付けで色絵装飾のすばらしさにあります。 上絵付けは、本焼きした陶磁器の上に顔料で紋様を描き再度焼く技法のことで、九谷焼は広くその技法が用いられています。 九谷焼の上絵付けの特徴は「五彩手」と呼ばれる、赤、黄、緑、紫、紺青で色彩効果と豪放優美な絵模様に表れています。 模様や色は古九谷、木米、吉田屋など時代によって生み出されたいくつかの作風があり、木米風の作風は素地に赤絵写しの文人を描く和やかな絵が特徴です、 吉田屋風は素地に緑、黄、紫の塗り埋め手が特徴です、 庄三風は赤絵線描、五彩に花鳥山水を描いた彩色金襴手の技法が用いられています。 九谷焼は各年代の窯ごとに、特徴ある作風が打ち立てられて、九谷焼の作品の層を幅広いものにし、各画風に名工を多く輩出させてきました。 九谷焼の多彩な絵付け技術の発達を可能にしたのは、九谷にもともと絵付けの技術をもつ陶画工が存在しなかったためで、絵師に絵付けさせたと言われています。 これが、素地業と上絵業に専業化され、上絵を専門分野としていくことにつななりました。 加賀百万石文化は、藩の強力な文化施策がありました。 金襴手と呼ばれる作風に使用する金銀箔は...

スポンサーリンク
スポンサーリンク