メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「中華鍋山田」検索結果。

中華鍋山田の商品検索結果全409件中1~60件目

山田工業所打出しフライパンHANAKO 24cm

ディノス

14,904

山田工業所打出しフライパンHANAKO 24cm

シンプル料理が劇的に美味しくなる感動のフライパン。ディノス別注です。自宅で洋食屋さんや中華料理屋さんののような味を再現したくありませんか?洋食屋さんの皮がカリカリのチキンソテーやジューシーなポークソテー、中華料理屋さんのしゃっきしゃきのもやし炒めやパラパラチャーハン・・・シンプルだからこそ差が出る定番料理。そんなお店のような味が自宅で再現できる!ことを目指したフライパンです!家庭で使いやすいようなサイズ、形状横浜中華街の多くのプロの職人に愛用されている山田工業所のフライパンです。プロの仕様はそのままに、家庭で使いやすいようにした特別仕様です。特徴はその製造方法。一派的なフライパンは短時間で大量生産が可能な「プレス式」生産。プレス機で鍋の形を一気に押し出す製法です。しかしこちらの商品はひとつひとつハンマーで叩いて作る「打ち出し製法」。特殊なハンマーで5000~8000回を叩いて、鍋の形に整えていくのです。ハンマーが当たる部分を微妙に調整しながら、火の当たる部分や側面など、それぞれの部位に合わせた薄さに仕上げるというテクニックまさに職人技。職人技で叩きあげて完成したフライパンは、大変丈夫で熱伝導がよく、表面には細かい凹凸があるので油なじみが非常によく、平らな鉄のフライパンよりも断然焦げつきにくいのが特徴です。凹凸といっても目でわかるレベルではなく、触ってみるとちょっとザラッとしている感じです。なぜ美味しく調理できるのか?鉄の板を5000回叩くことで、鉄の分子が細かくなり、熱の伝わりが良くなります。そのため家庭用のコンロの火力でもしっかりと高温になって、お店のようにおいしく調理できるのです!素早く熱が入るのでモヤシや葉野菜の中から水分が出る前にシャキッと焼き上がります。もちろんお肉は得意中の得意。表面を早く焼き付け、また高温が続くので...

山田工業所打出しフライパンHANAKO 27cm

ディノス

15,984

山田工業所打出しフライパンHANAKO 27cm

シンプル料理が劇的に美味しくなる感動のフライパン。ディノス別注です。自宅で洋食屋さんや中華料理屋さんののような味を再現したくありませんか?洋食屋さんの皮がカリカリのチキンソテーやジューシーなポークソテー、中華料理屋さんのしゃっきしゃきのもやし炒めやパラパラチャーハン・・・シンプルだからこそ差が出る定番料理。そんなお店のような味が自宅で再現できる!ことを目指したフライパンです!家庭で使いやすいようなサイズ、形状横浜中華街の多くのプロの職人に愛用されている山田工業所のフライパンです。プロの仕様はそのままに、家庭で使いやすいようにした特別仕様です。特徴はその製造方法。一派的なフライパンは短時間で大量生産が可能な「プレス式」生産。プレス機で鍋の形を一気に押し出す製法です。しかしこちらの商品はひとつひとつハンマーで叩いて作る「打ち出し製法」。特殊なハンマーで5000~8000回を叩いて、鍋の形に整えていくのです。ハンマーが当たる部分を微妙に調整しながら、火の当たる部分や側面など、それぞれの部位に合わせた薄さに仕上げるというテクニックまさに職人技。職人技で叩きあげて完成したフライパンは、大変丈夫で熱伝導がよく、表面には細かい凹凸があるので油なじみが非常によく、平らな鉄のフライパンよりも断然焦げつきにくいのが特徴です。凹凸といっても目でわかるレベルではなく、触ってみるとちょっとザラッとしている感じです。なぜ美味しく調理できるのか?鉄の板を5000回叩くことで、鉄の分子が細かくなり、熱の伝わりが良くなります。そのため家庭用のコンロの火力でもしっかりと高温になって、お店のようにおいしく調理できるのです!素早く熱が入るのでモヤシや葉野菜の中から水分が出る前にシャキッと焼き上がります。もちろんお肉は得意中の得意。表面を早く焼き付け、また高温が続くので...

山田工業所打出しフライパンHANAKO 30cm

ディノス

17,064

山田工業所打出しフライパンHANAKO 30cm

シンプル料理が劇的に美味しくなる感動のフライパン。ディノス別注です。自宅で洋食屋さんや中華料理屋さんののような味を再現したくありませんか?洋食屋さんの皮がカリカリのチキンソテーやジューシーなポークソテー、中華料理屋さんのしゃっきしゃきのもやし炒めやパラパラチャーハン・・・シンプルだからこそ差が出る定番料理。そんなお店のような味が自宅で再現できる!ことを目指したフライパンです!家庭で使いやすいようなサイズ、形状横浜中華街の多くのプロの職人に愛用されている山田工業所のフライパンです。プロの仕様はそのままに、家庭で使いやすいようにした特別仕様です。特徴はその製造方法。一派的なフライパンは短時間で大量生産が可能な「プレス式」生産。プレス機で鍋の形を一気に押し出す製法です。しかしこちらの商品はひとつひとつハンマーで叩いて作る「打ち出し製法」。特殊なハンマーで5000~8000回を叩いて、鍋の形に整えていくのです。ハンマーが当たる部分を微妙に調整しながら、火の当たる部分や側面など、それぞれの部位に合わせた薄さに仕上げるというテクニックまさに職人技。職人技で叩きあげて完成したフライパンは、大変丈夫で熱伝導がよく、表面には細かい凹凸があるので油なじみが非常によく、平らな鉄のフライパンよりも断然焦げつきにくいのが特徴です。凹凸といっても目でわかるレベルではなく、触ってみるとちょっとザラッとしている感じです。なぜ美味しく調理できるのか?鉄の板を5000回叩くことで、鉄の分子が細かくなり、熱の伝わりが良くなります。そのため家庭用のコンロの火力でもしっかりと高温になって、お店のようにおいしく調理できるのです!素早く熱が入るのでモヤシや葉野菜の中から水分が出る前にシャキッと焼き上がります。もちろんお肉は得意中の得意。表面を早く焼き付け、また高温が続くので...

【ベルメゾン】【値下げ】鉄 打出しフライパン中華鍋  24/27/30cm  直火対応 山田工業所

ベルメゾンネット

2,690

【ベルメゾン】【値下げ】鉄 打出しフライパン中華鍋 24/27/30cm 直火対応 山田工業所

日々の料理で一番割合が高いと言っても過言ではない炒め物を最高の逸品に導いてくれる、毎日使える「相棒」的な鉄のフライパンはどれなのか。「くらしのいっちょうら」では数ある鉄のフライパンの中でも、この山田工業所の打ち出しフライパンをオススメします。その理由は商品名にも入っている「打ち出し」製法をしているから。日本で唯一と言っていい打ち出し製法で作られるフライパンは、職人が丁寧に叩く位置を調節しながら、専用の機械を使用して鉄の板を約5000回も叩くことで完成します。何度も叩かれて形造られたフライパンは、底と側面で厚みを変えることによって火の回りが速くなる&均一にフライパンの温度が高くなる。だから炒飯も、我が家史上No.1のパラパラチャーハンに。そして「打ち出し」製法をすることで分子が密になり、より鉄が丈夫になるのでヘビーユースにも耐えられる仕様なのもポイント。しっかりお手入れすれば毎日だって使えます。だからこの価格でも一生ものの相棒になり得る。それが山田工業所の中華鍋です。様々な料理に対応する3サイズを揃えました。【スタッフVoice】鉄製ということで重い印象があったのですが、意外と軽いので女性でも使いやすいです。薄くても打ち出しで叩いて作ることで鉄の強度が増しているので、安心して使えるのも山田工業所の中華鍋ならではだと思います。チャーハンのパラパラ感だけでなく、野菜炒めのキャベツのシャキシャキ感も是非味わってください!くらしのいっちょうらとは、暮らしも心も豊かになる日常プレミアムな調理道具・掃除道具・風呂道具など日用雑貨をご紹介するシリーズです。

山田 鉄 打出中華鍋   36cm

厨房・Byonho

3,758

山田 鉄 打出中華鍋 36cm

山田工業所の打出中華鍋は、 何千回も叩くことで伸ばされるため、通常のプレス製中華鍋よりも薄く、そして軽量にできています。 また、叩かれることによって、鉄の分子が細かくなり、とても丈夫になります。 更に熱の伝わりが良く、表面に凹凸ができるので油なじみが良く、焦げ付きにくいです。 職人の熟練された腕によって、底が"厚め"に、そして火の先があたる鍋のカーブの部分が"薄く"仕上げられています。 火のあたる場所を薄くすることで、熱の伝わりを素早くかつ均一にし、料理を格段に美味しくできるんです。 ■■ 中華鍋が手元に届いたら一度【空焚き】をお願いしております ■■ ※はじめは錆び止め材が塗られていますので、【空焚き】はそれを落す作業です。 1.鍋をコンロに置き、材料を入れずに火をかけます。 ※この時、置きっぱなしで放置しないで、まんべんなく焼いて下さい。 ※取手が熱くなりますので直に持たずタオルなどを巻いて下さい。タオルは火にかからないようご注意下さい。 ※必ず換気を行って下さい。 2.焼き始めると表面が黒くなり、その後灰色くなってきます。この色が出たら終了です。 3.少し鍋の温度が下がったらタワシなどを使いお湯で洗って下さい。(洗剤を使っていただいても大丈夫です。) ※スチールタワシを使うと傷が付きます。 4.油ならしをします。鍋に油を多めに入れてくず野菜を炒めます。鍋の中全体に行います。 5.くず野菜を捨て、鍋をお湯で洗ってからご使用下さい。 ※鉄に高熱を与えた為、あか錆びがでる場合がありますがご使用には影響ありません。 尚、鍋に錆び止めを塗らない状態で販売されている商品もございます。 ■■ お手入れの方法 ■■ お料理が終わりましたら、タワシ等でお湯を使い洗って下さい。 鍋に少し余熱が残っているうちにお湯をつけてしまった方が焦げ付きが取れや...

山田工業所・打ち出し中華鍋(1.2mm 30cm)

三浦半島まるかじりクック&ダイン

3,866

山田工業所・打ち出し中華鍋(1.2mm 30cm)

知る人ぞ知る逸品、山田工業所 製造。打出し中華鍋(30cm)横浜・金沢区で作り続ける 日本唯一の打ち出し中華鍋メーカー 山 田 工 業 所 中華鍋・製造過程大きな特注サイズや肉厚板の際は、1枚づつ叩き上げて成形していく。打ち出しは鉄の密度が高くなり、薄くて丈夫な鍋となるのだ。底面や側面など場所によって、厚みを変えられるのも手作業の打ち出しならでは。一流料理人にとってはこの点はとても重要のようだ。1. こちらは両手鍋タイプの完成品。打ち出しの模様がうっすら出ている。2. 一般的なサイズの中華鍋は、かたどった鉄板を8~10枚重ねて専用の打ち出し機で成形する。一番上と一番下では打ち出し模様の濃淡が異なってくる。3. 摩擦熱を抑えるためのグリスを塗った上から叩き上げた片手の中華鍋(北京鍋)。持ち手部分と、へり部分が未完成の状態。 4. 通常の中華鍋は、1枚の板をドスンとプレスして成形する。この打ち出しはその分完成まで時間がかかる。しかし、この強さと軽さがプロの料理人から絶大なる支持を得ており、横浜中華街の名店の多くの料理人たちが古くから愛用している。その実力、推して知るべし。5. 波打っていたヘリの部分は、小型の打ち出し機を使って1枚1枚、熟練職人の手によって見事に成形される。6. 取っ手を持ちやすいように丸めた北京鍋の付け根部分に、補強の溶接を加える。プロの料理人の激しい鍋振りに耐えられるか否か、この行程で大きく左右されるため、熟練の溶接職人が細心の注意を払い仕上げていく。富士山に「打出し」の刻印が、山田の中華鍋の証。日本唯一の打ち出し中華鍋は、全国の料理人からのオーダーを受けて、今日もこうして作り続けられている。 直径30cm。家庭で一番オススメのサイズ。 ※ 初めて使う方にはちょっと大きく感じますが、中華鍋の真骨頂...

スポンサーリンク
スポンサーリンク