メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ロイヤルコペンハーゲン メガ」検索結果。

ロイヤルコペンハーゲン メガの商品検索結果全66件中1~60件目

ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen) ブルー フルーテッド メガ オーバルディッシュ 23.5×15cm 2381356【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 ロイヤル...

ブランド洋食器の店ル・ノーブル

7,776

ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen) ブルー フルーテッド メガ オーバルディッシュ 23.5×15cm 2381356【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 ロイヤル...

ロイヤルコペンハーゲンの新作「メガ」シリーズは、歴史ある唐草模様を尊重しながら21世紀に相応しい新モチーフとして生まれました。「メガ」とは、「巨大な」という意味を持つ言葉に由来します。柄を拡大するという発想もおもしろいが、裏に入れられている王冠マークとペインターサインも通常より拡大されているところがユニーク!青と白の世界に吸い寄せられそうになる、デンマークの陶磁器メーカー「ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)」。1770年代初め、科学者ミューラーの手によってデンマーク初の磁器焼成に成功し、その歴史は始まりました。素焼きの器に色を付け、上薬をかけて高温で焼き上げる「アンダーグレース技法」の陶器を手がけ、それらは19世紀のヨーロッパの上流階級の人々に愛用され、広く知られるようになりました。その後デンマーク王室の暖かな加護を受けて育ちました。それぞれの時代を反映しながら創り出されてきたロイヤルコペンハーゲンの製品は、長年培われた最高の工芸技術で今も伝えられております。日本の有田焼の影響もあり、コペンハーゲンの伝統であるコバルトブルーの唐草模様は繊細で格調高い職人達の心意気を強く感じます。ロイヤルコペンハーゲンのフィギュリンは、長い歴史があります。1889年に最初のフィギュリンがパリの万博公園で発表されて以来、熟練の職人たちによるクラフトマンシップに支えられて、現在まで変わらぬ技法で制作され続けています。伝統を受け継ぎながら、毎年新たなフィギュリンが発表されております。また、その心温まる表情・しぐさには定評があります。「ロイヤルコペンハーゲン 商品のご購入に関するお願い」以下の点につきまして、予めご了承くださいませ。・色味について色味は、濃さが1点1点異なります。つきましては、HP上でご紹介しております商品とお届けする商...

送料無料
ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド&メガペアマグカップ copen-7

Amazon

19,440

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド&メガペアマグカップ copen-7

北欧を代表する老舗ブランドロイヤルコペンハーゲンは、1775年にデンマーク王室の庇護を受けて創設されました。 製品の美しい絵柄、品質の高さ、そして優れた職人技術は世界的に有名です。 現在でもデンマークの王室では、ロイヤルコペンハーゲンの器を使用しています。 ロイヤルコペンハーゲン商品に印されたバッグスタンプの絵には、とても深い意味があります。 クラウン(王冠)の下の3本の波線は、デンマークの国の周りを囲む主な海峡を表現しています。 絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられています。【Blue Fluted Mega ブルーフルーテッド メガ】 ブルーフルーテッドのパターンは、誰からも愛され、世代を超えて人々を魅了してきました。 新しいミレニアムが始まる年に、デザインスクールの学生だったカレン キエルガード ラーセンが新しいブルーフルーテッドの提案を持ってロイヤル コペンハーゲンを訪ねました。 それは、伝統的なパターンの一部を大胆に拡大したデザインでした。 ブルーフルーテッドを心から愛し、同時に現代的なデザインに生まれ変わらせた結果、ブルーフルーテッド メガが誕生しました。 プレートの裏側に施される王冠と三本の波を模ったロイヤル コペンハーゲンのロゴも拡大され、デザインにさらにユーモアが加えられました。 2010年ブルーフルーテッド メガは10周年を迎えロイヤル コペンハーゲンの新たなアイコンとなりました。 ・専用箱付 サイズ:カップ口径 8.5cm 高さ9.0cm

送料無料
ロイヤルコペンハーゲン メガフルーテッド ペアマグカップ copen-44

Amazon

21,600

ロイヤルコペンハーゲン メガフルーテッド ペアマグカップ copen-44

北欧を代表する老舗ブランドロイヤルコペンハーゲンは、1775年にデンマーク王室の庇護を受けて創設されました。 製品の美しい絵柄、品質の高さ、そして優れた職人技術は世界的に有名です。 現在でもデンマークの王室では、ロイヤルコペンハーゲンの器を使用しています。 ロイヤルコペンハーゲン商品に印されたバッグスタンプの絵には、とても深い意味があります。 クラウン(王冠)の下の3本の波線は、デンマークの国の周りを囲む主な海峡を表現しています。 絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられています。【Blue Fluted Mega ブルーフルーテッド メガ】 ブルーフルーテッドのパターンは、誰からも愛され、世代を超えて人々を魅了してきました。 新しいミレニアムが始まる年に、デザインスクールの学生だったカレン キエルガード ラーセンが新しいブルーフルーテッドの提案を持ってロイヤル コペンハーゲンを訪ねました。 それは、伝統的なパターンの一部を大胆に拡大したデザインでした。 ブルーフルーテッドを心から愛し、同時に現代的なデザインに生まれ変わらせた結果、ブルーフルーテッド メガが誕生しました。 プレートの裏側に施される王冠と三本の波を模ったロイヤル コペンハーゲンのロゴも拡大され、デザインにさらにユーモアが加えられました。 2010年ブルーフルーテッド メガは10周年を迎えロイヤル コペンハーゲンの新たなアイコンとなりました。

ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen) ホワイト フルーテッド プレイン オーバルディッシュ 23.5×15cm 2408356【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】...

ブランド洋食器の店ル・ノーブル

3,402

ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen) ホワイト フルーテッド プレイン オーバルディッシュ 23.5×15cm 2408356【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】...

ロイヤルコペンハーゲン創設の1775年依頼製造が続けられているブルーフルーテッドの素地となっている二枚貝のような地模様が特徴の器をもとに白さを生かした「ホワイトプレイン」。ブルーフルーテッドやメガシリーズと合わせてお使いいただけ、幅広いシーンに活躍するアイテムです。※こちらの商品は、電子レンジ、食洗機に対応しており、普段使いに最適なシリーズです。青と白の世界に吸い寄せられそうになる、デンマークの陶磁器メーカー「ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)」。1770年代初め、科学者ミューラーの手によってデンマーク初の磁器焼成に成功し、その歴史は始まりました。素焼きの器に色を付け、上薬をかけて高温で焼き上げる「アンダーグレース技法」の陶器を手がけ、それらは19世紀のヨーロッパの上流階級の人々に愛用され、広く知られるようになりました。その後デンマーク王室の暖かな加護を受けて育ちました。それぞれの時代を反映しながら創り出されてきたロイヤルコペンハーゲンの製品は、長年培われた最高の工芸技術で今も伝えられております。日本の有田焼の影響もあり、コペンハーゲンの伝統であるコバルトブルーの唐草模様は繊細で格調高い職人達の心意気を強く感じます。ロイヤルコペンハーゲンのフィギュリンは、長い歴史があります。1889年に最初のフィギュリンがパリの万博公園で発表されて以来、熟練の職人たちによるクラフトマンシップに支えられて、現在まで変わらぬ技法で制作され続けています。伝統を受け継ぎながら、毎年新たなフィギュリンが発表されております。また、その心温まる表情・しぐさには定評があります。「ロイヤルコペンハーゲン 商品のご購入に関するお願い」以下の点につきまして、予めご了承くださいませ。・色味について色味は、濃さが1点1点異なります。つきましては...

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド メガ ジャグ 2-381-440 [並行輸入品]

Amazon

9,720

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド メガ ジャグ 2-381-440 [並行輸入品]

2000年に誕生したメガシリーズは、デザインスクールの学生カレン・キエルガード・ラーセンが持ち込んだアイデアから始まりました。 今までのロイヤルコペンハーゲンにない斬新なスタイルは、ミレニアムの年を新鮮な驚きで包み込んだそう。 デンマーク生まれの学生カレンは、家族で代々引き継がれていた“ブルーフルーテッドプレイン"に親しんでいました。 そのモチーフの一部を大胆にデフォルメし、現代的でフレッシュなイメージにアレンジ。 左右非対称であったり、直線と緩やかなカーヴを混在させたデザインは、リズムを感じます。 現在メガシリーズは、ロイヤルコペンハーゲンの中でも、No2の人気を誇るシリーズです。 *** ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)は、デンマークの1775年創業の陶磁器ブランド。 その歴史は、ボーンホルム島で良質のカオリンが発見された事に始まり、1773年フランツ・ヘンリック・ミュラーがデンマークで初の硬質磁器を完成させました。 1775年にクリスチャン7世国王とユリアナ・マリア王太后の援助により“ロイヤルコペンハーゲン王室御用達窯"の輝かしい歴史が始まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク