メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リチャードジノリ ピノキオ」検索結果。

リチャードジノリ ピノキオの商品検索結果全2件中1~2件目

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) ピノキオ マグカップ 4175-16204

Amazon

4,536

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) ピノキオ マグカップ 4175-16204

生産国 イタリア 直径 8,5cm 高さ 9cm イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 世界中で愛され続けている名作『ピノキオ』は、 カラフルな色使いは子供から大人まで大人気のシリーズです。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【送料無料】ティファニー ダンシングピッグズ3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

32,400

【送料無料】ティファニー ダンシングピッグズ3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

・箱付きサイズ:ダブルハンドマグ口径 7cm 高さ 7cm ボウル 直径17cm 高さ 4cm ディッシュ 直径21.5cm 高さ 1cm <ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め...

送料無料
【送料無料】ティファニー フローラル ペアマグカップ tiffany-21お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

10,584

【送料無料】ティファニー フローラル ペアマグカップ tiffany-21お茶のふじい・藤井茶舗

・箱に少々ヨゴレありますサイズ:口径 7.8cm 高さ9cm <ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て...

スポンサーリンク
スポンサーリンク