メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ムーミン食器」検索結果。

ムーミン食器の商品検索結果全2,326件中1~60件目

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 茶碗1個[amabro/アマブロ]

ディノス

2,160

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 茶碗1個[amabro/アマブロ]

人気のMOOMIN×amabro SOMETSUKEシリーズにお茶碗が登場!江戸時代に長崎県波佐見で盛んに焼かれていた庶民の日常食器であるくらわんか碗をベースにした飯碗です 筆で描かれた大胆な下絵とキャラクターが融合し織り成すストーリーをお楽しみ下さい。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がるーー当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。ブランドコンセプト日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>ブランドプロフィール 2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。バイヤーコメント「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが、これだけ世界中でメジャーなキャラクターを和の伝統柄と組み合わせて版権元からの承認を得るのはすごく...

Moomin ムーミン シトラスドット オーバルボウル (24cm / ムーミン)【北欧雑貨】

北欧雑貨byPOS 楽天市場店

1,728

Moomin ムーミン シトラスドット オーバルボウル (24cm / ムーミン)【北欧雑貨】

■スペック 発信国: FINLAND デザイナー: トーベ・ヤンソン サイズ: 約W238×D197×H45mm / 約501g 素材: 磁器 原産国: made in JAPAN ご注意: ■本品には専用ケースが付属しません。■電子レンジ(100℃以下)・食器洗い乾燥機をご利用いただけます。■直火、オーブンには使用できません。■ご使用後は、台所用洗剤をやわらかなスポンジ、布等につけて洗ってください。   ■ラインアップ ⇒ こちらもご覧下さい! ■デザイナー・プロフィール Tove Jansson トーベ・ヤンソントーベ・ヤンソンは1914年8月9日、フィンランドのヘルシンキで生まれました。 父は彫刻家、母は画家という芸術一家で、幼いころから絵を描いたり詩や物語を作ったりと、芸術に親しんで育ちました。 下に弟が二人いて、12歳年下の弟ラルスは後にコミック版ムーミンの共同執筆者になっています。 トーベが14歳のとき雑誌の子ども欄に自作の絵と詩が掲載され、15歳では早くも雑誌の挿し絵画家としてデビューし、その後もいろいろな雑誌に絵を描いたり美術展に作品を出したりと活躍し始めますが、時には持ち込んだ作品を出版社で断られることもありました。 19歳ではじめての本が出版されましたが、ムーミンの物語が書かれるのはもう少し後のことです。 「小さなトロールと大きな洪水」のもとになるお話は 1935年、25歳のときに書き始められましたが、このころフィンランドではソ連による空爆が始まり、世界は暗い戦争へと入っていきました。 トーベは雑誌の表紙にヒトラーを皮肉る絵を描いて親独派ににらまれたというエピソードもあります。 第二次世界大戦が終わった1945年、ムーミンシリーズの1作目「小さなトロールと大きな洪水」が出版され...

MOOMIN ムーミン パスタプレート(ムーミン)【北欧雑貨】

北欧雑貨byPOS 楽天市場店

3,240

MOOMIN ムーミン パスタプレート(ムーミン)【北欧雑貨】

■スペック デザイン: FINLAND デザイナー: 河東 梨香 サイズ: 約φ210×H41mm/約320g【外装】: W216×D230×H48mm 素材: 磁器 原産国: made in JAPAN ご注意: ■電子レンジ(100℃以下)・食器洗い乾燥機をご利用いただけます。■直火、オーブンには使用できません。■ご使用後は、台所用洗剤をやわらかなスポンジ、布等につけて洗ってください。   ■ラインアップ ⇒ こちらもご覧下さい! ■デザイナー・プロフィール 河東 梨香日本人の父とデンマーク人の母の間に生まれ、スウェーデン、日本等、4ヶ国で幼少期を過ごしました。 米国のロードアイランドスクールオブデザイン大学テキスタイルデザイン科を卒業後、テキスタイルデザイナーとして大手自動車会社向けファブリックのデザインと開発を行いました。 その後2011年にtonaデザイン事務所を設立しています。MOOMIN Recollections ムーミン リコレクションズ パスタプレート (ムーミン) 繊細なカラーリングと薄くて軽い使いやすさが魅力♪ギフトにも重宝するムーミンのテーブルウェア北欧と日本の両方にルーツを持つデザイナー 河東梨香。彼女の独自の解釈によるムーミンワールドは女性らしい優しいカラーリングと、細部までこだわって作られたデザインが特徴です。微妙に色の違う淡い色や表現しがたい穏やかな色は、まるでムーミン谷の中に迷い込んでいくようです。テーブルウェアは軽さ、薄さ、質の良い原料にこだわって作られた上質な陶磁器です。全て日本製にこだわり、岐阜県の伝統的な産地で生産されています。パスタプレートはパスタ以外にもサラダや汁気のおおい料理にオススメです。 ムーミンキャラクターの簡単な紹介と、取扱説明書が付属した専用ケースに入れてお届けいたしますので...

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼丸皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,620

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼丸皿1枚[amabro/アマブロ]

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ 【商品説明】有田焼などの磁器に多く用いられてきた呉須による染付の中で「ムーミン」の世界観を表現。どこか懐かしく、それでいて新鮮な雰囲気の絵柄ができあがりました。「ムーミン」のファンタスティックな世界と日本伝統の絵付けの味わいを共にお楽しみください。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ...

Moomin ムーミン petit jour paris プティジュール メラミンプレート (花の中のムーミンたち)【北欧雑貨】

北欧雑貨byPOS 楽天市場店

1,404

Moomin ムーミン petit jour paris プティジュール メラミンプレート (花の中のムーミンたち)【北欧雑貨】

■スペック デザイン: FINLAND デザイナー: トーベ・ヤンソン サイズ: 約φ216×H20mm / 約122g 素材: メラミン樹脂 原産国: made in CHINA ご注意: ■耐熱温度70℃■電子レンジでは使用できません。■食洗機の使用はできません。■火のそばにおかないで下さい。   ■ラインアップ ⇒ こちらもご覧下さい! ■デザイナー・プロフィール Tove Jansson トーベ・ヤンソントーベ・ヤンソンは1914年8月9日、フィンランドのヘルシンキで生まれました。 父は彫刻家、母は画家という芸術一家で、幼いころから絵を描いたり詩や物語を作ったりと、芸術に親しんで育ちました。 下に弟が二人いて、12歳年下の弟ラルスは後にコミック版ムーミンの共同執筆者になっています。 トーベが14歳のとき雑誌の子ども欄に自作の絵と詩が掲載され、15歳では早くも雑誌の挿し絵画家としてデビューし、その後もいろいろな雑誌に絵を描いたり美術展に作品を出したりと活躍し始めますが、時には持ち込んだ作品を出版社で断られることもありました。 19歳ではじめての本が出版されましたが、ムーミンの物語が書かれるのはもう少し後のことです。 「小さなトロールと大きな洪水」のもとになるお話は 1935年、25歳のときに書き始められましたが、このころフィンランドではソ連による空爆が始まり、世界は暗い戦争へと入っていきました。 トーベは雑誌の表紙にヒトラーを皮肉る絵を描いて親独派ににらまれたというエピソードもあります。 第二次世界大戦が終わった1945年、ムーミンシリーズの1作目「小さなトロールと大きな洪水」が出版され、その後26年の間にシリーズは9作書かれました。 1954年からはイギリスの新聞「イブニング・ニューズ」にマンガ「ムーミントロール...

スポンサーリンク
スポンサーリンク