メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ポーセリン」検索結果。

ポーセリンの商品検索結果全280件中1~60件目

送料無料
ロシア食器 インペリアル・ポーセリン コバルトネット プレート 27cm ペア【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 皿

ブランド洋食器の店ル・ノーブル

25,920

ロシア食器 インペリアル・ポーセリン コバルトネット プレート 27cm ペア【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 皿

こちらは、コバルトネット プレート 27cm ペアセットとなります。コバルトの網目模様に金の美しい装飾が特徴の「コバルトネット」シリーズは、女帝エカテリーナ2世に献上されたディナーセットを基に制作されました。そのユニークで上品なスタイルは世界中で高く評価されており、1958年にはブリュッセル万国博覧会にてグランプリを受賞しました。1949年の発表より半世紀以上にわたり、インペリアル・ポーセリンを代表するパターンとして世界中の人々に愛され続けています。インペリアル・ポーセリン〜Imperial Porcelain Manufactory〜は、華やかなロシア文化を築き上げたロマノフ王朝時代の1744年、ロシア皇帝ピヨートル大帝の娘、エリザベートの命により、皇帝専属磁器工場としてサンクトペテルブルクに設立されたロシア最古の窯となります。開窯当初よりロマノフ家および宮廷で使用される陶磁器を生産し、サンクトペテルブルクの冬宮殿宮や、ツァールスコエ・セローにあるエカテリーナ宮殿などを含むすべての宮廷で行われる晩餐会のテーブルや部屋を彩りました。インペリアル・ポーセリンはロシア帝国の繁栄とともに、皇帝専用の窯として発展を遂げます。1917年ロシア革命後のソビエト時代は軍需用セラミック製品を手掛けることが多くなりましたが、その間も少数ながら製造され、海外の博覧会などで国力宣伝用として数多く出展され、純度の高い素材と芸術性において、高い評価を得ました。その後1925年にロシア科学アカデミー創立200周年を記念し、エリザベートの時代に活躍した、偉大な科学者ミハイル・ロモノーソフにちなんで「ロモノーソフ磁器工場」と改名されました。1991年の以降は日常茶器や食器などの生産が急速に復活、かつての華麗な磁器造りが再現されていきます...

ロシア食器 インペリアル・ポーセリン コバルトネット シュガーポット 300cc【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】

ブランド洋食器の店ル・ノーブル

17,820

ロシア食器 インペリアル・ポーセリン コバルトネット シュガーポット 300cc【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】

コバルトの網目模様に金の美しい装飾が特徴の「コバルトネット」シリーズは、女帝エカテリーナ2世に献上されたディナーセットを基に制作されました。そのユニークで上品なスタイルは世界中で高く評価されており、1958年にはブリュッセル万国博覧会にてグランプリを受賞しました。1949年の発表より半世紀以上にわたり、インペリアル・ポーセリンを代表するパターンとして世界中の人々に愛され続けています。インペリアル・ポーセリン〜Imperial Porcelain Manufactory〜は、華やかなロシア文化を築き上げたロマノフ王朝時代の1744年、ロシア皇帝ピヨートル大帝の娘、エリザベートの命により、皇帝専属磁器工場としてサンクトペテルブルクに設立されたロシア最古の窯となります。開窯当初よりロマノフ家および宮廷で使用される陶磁器を生産し、サンクトペテルブルクの冬宮殿宮や、ツァールスコエ・セローにあるエカテリーナ宮殿などを含むすべての宮廷で行われる晩餐会のテーブルや部屋を彩りました。インペリアル・ポーセリンはロシア帝国の繁栄とともに、皇帝専用の窯として発展を遂げます。1917年ロシア革命後のソビエト時代は軍需用セラミック製品を手掛けることが多くなりましたが、その間も少数ながら製造され、海外の博覧会などで国力宣伝用として数多く出展され、純度の高い素材と芸術性において、高い評価を得ました。その後1925年にロシア科学アカデミー創立200周年を記念し、エリザベートの時代に活躍した、偉大な科学者ミハイル・ロモノーソフにちなんで「ロモノーソフ磁器工場」と改名されました。1991年の以降は日常茶器や食器などの生産が急速に復活、かつての華麗な磁器造りが再現されていきます。ロモノーソフの製品が門外に流出することはまれであり、一部収集家が所有するのみでしたが...

ロシア食器 インペリアル・ポーセリン コバルトネット プレート 27cm【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 皿

ブランド洋食器の店ル・ノーブル

12,960

ロシア食器 インペリアル・ポーセリン コバルトネット プレート 27cm【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 皿

コバルトの網目模様に金の美しい装飾が特徴の「コバルトネット」シリーズは、女帝エカテリーナ2世に献上されたディナーセットを基に制作されました。そのユニークで上品なスタイルは世界中で高く評価されており、1958年にはブリュッセル万国博覧会にてグランプリを受賞しました。1949年の発表より半世紀以上にわたり、インペリアル・ポーセリンを代表するパターンとして世界中の人々に愛され続けています。インペリアル・ポーセリン〜Imperial Porcelain Manufactory〜は、華やかなロシア文化を築き上げたロマノフ王朝時代の1744年、ロシア皇帝ピヨートル大帝の娘、エリザベートの命により、皇帝専属磁器工場としてサンクトペテルブルクに設立されたロシア最古の窯となります。開窯当初よりロマノフ家および宮廷で使用される陶磁器を生産し、サンクトペテルブルクの冬宮殿宮や、ツァールスコエ・セローにあるエカテリーナ宮殿などを含むすべての宮廷で行われる晩餐会のテーブルや部屋を彩りました。インペリアル・ポーセリンはロシア帝国の繁栄とともに、皇帝専用の窯として発展を遂げます。1917年ロシア革命後のソビエト時代は軍需用セラミック製品を手掛けることが多くなりましたが、その間も少数ながら製造され、海外の博覧会などで国力宣伝用として数多く出展され、純度の高い素材と芸術性において、高い評価を得ました。その後1925年にロシア科学アカデミー創立200周年を記念し、エリザベートの時代に活躍した、偉大な科学者ミハイル・ロモノーソフにちなんで「ロモノーソフ磁器工場」と改名されました。1991年の以降は日常茶器や食器などの生産が急速に復活、かつての華麗な磁器造りが再現されていきます。ロモノーソフの製品が門外に流出することはまれであり、一部収集家が所有するのみでしたが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク