メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ベトナム陶器」検索結果。

ベトナム陶器の商品検索結果全136件中1~60件目

ベトナム色漂う エキゾチックなコーヒーカップ 京焼 清水焼 紅安南珈琲碗皿【あす楽】

京もの専門店「みやび」

5,400

ベトナム色漂う エキゾチックなコーヒーカップ 京焼 清水焼 紅安南珈琲碗皿【あす楽】

ギフト対応 ■商品仕様 商品名 紅安南珈琲碗皿(紙箱入) 品目 カップ&ソーサー 柄/色/形 粉引に赤絵、ろくろ成形 素材 陶器 実寸サイズ 直径12.5cm、高さ9cm お届け日について 在庫がある場合はご注文確認後、即日配送。 在庫のない場合は約30日ほどお時間を頂きます。 組合/事業者名 陶工房 伯耆 特徴 優しい色合いと異国情緒の雰囲気が漂う珈琲碗皿です。 お手入れ方法・取り扱い注意事項 オーブンの使用はおやめください。電子レンジ、食洗機の使用は可能ですが、器を痛めやすいのでおすすめしておりません。長時間コーヒーを入れたままにすると黒ずみやすいので気をつけてください。 その他 粉引は磁器と比べるとやや口が欠けやすくなっております。陶器は割れ物ですのでお取り扱いに気をつけてください。手にもつと優しさ溢れる異国情緒な珈琲タイム 古くは安南(アンナン)と呼ばれるベトナムから 渡来した焼き物を模したカップです。 生地には、鉄分の多い赤土に白泥を掛けて生成色に 仕上げる粉引という手法が使われており、とても優しい 雰囲気が漂っています。 赤と緑を基調とした安南模様はエキゾチックな香りが 漂い、受け皿とともに、愛嬌のある楽しさが溢れています。 異国情緒溢れる珈琲タイムをお楽しみください。

送料無料
安南トンボの絵酒盃 真葛

Amazon

24,000

安南トンボの絵酒盃 真葛

江戸時代から続く京焼の一つ、真葛焼 安南トンボの絵酒呑 宮川真葛です。 酒杯ですが形状はベトナムから伝世されている名品、安南絞手茶碗をそっくりそのまま写しています。 安南とはベトナムとその焼き物のことで、当時の日本の茶人が注文していたとされています。 絞手(絞り手)とはオフケ釉ともいって雑巾を絞った時に水がしみ出たようになった染付のあとが特徴です。 業界用語では釉が泣くといって普通の染付を高温で焼いたりしてもこうなります。 ちなみに描かれた蜻蛉(とんぼ)は安南手には付き物の絵柄です。 口造りは三方からたわめているのは本物の抹茶碗にも見られる形状です。 もう一つのお約束、高台内の鉄泥です。 これはベトナムの陶器の伝統様式の一つです。 安南手は人間の手の油や酒の渋が貫入に染みこめば一層色合いが艶やかになると言われています。 永年愛用して是非育ててみてください。 安南とは今のベトナムあたりのことを指す中国の呼び名で、 柔らかい生地に呉須でざっくり描き、その上からかける透明釉が青く流れやすく、 泣いたようにみえる陶磁器を産出したため、 こういった景色の器を日本では安南手とよばれるようになりました。 ◆商品番号 488 安南トンボの絵酒呑 宮川真葛 ■食器洗浄機 電子レンジ OK ■寸法 直径6.5cm×高さ5cm 重さ70g 木箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

和食器 安南八寸皿 作家「荒木義隆」

うつわや悠々

8,640

和食器 安南八寸皿 作家「荒木義隆」

食卓を少しいつもと違う雰囲気に変えたい時に ぴったりです。土味とどこか異国を想わせる色 彩が絶妙に溶け合った作品。使い易い大きさで 夏でも冬でも四季を問わず合います! ■素材 陶器 ■サイズ 径約24.5cm 高さ約5cm ■手触り つるっとしています。高台はざらっと。 ■重量 約900g荒木義隆/Yoshitaka Araki (Japan,Kyoto 1942 - ) 昭和17年京都生まれ。 昭和38年京都五条坂 河島浩三氏に師事。 昭和41年京都山科にて独立。 昭和43年炭山工芸村設立に参加。 工房を宇治市炭山に移転。 昭和54年新宿京王百貨店にて初個展。 毎年 東京、神戸、広島等にて個展を開催。 昭和55年招請を受け技術指導のため中国各地へ。 昭和63年招請を受け技術指導のためベトナムへ。 ハノイ市、ホーチミン市、他。 ベトナムにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年招請を受けラオスへ。 ビエンチャンにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年作品集「うつわあそび」発行。 平成 4年ベトナム、ラオス行 5年の区切りとして。 ハノイ・ビエンチャン・京都展 玉川高島屋。 平成4年能登門前町に穴窯 門前小僧窯を築窯。 平成4年ハノイにて現代の安南陶器展。 平成7年ハノイにて第二回現代の安南陶器展。

スポンサーリンク
スポンサーリンク