メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「フッチェンロイターマグ」検索結果。

フッチェンロイターマグの商品検索結果全19件中1~19件目

ローゼンタール スタジオライン ラブストーリー マグカップNo.2 飛行機 LOV MG2

コンビニマート

4,366

ローゼンタール スタジオライン ラブストーリー マグカップNo.2 飛行機 LOV MG2

商品名ローゼンタール スタジオライン ラブストーリー マグカップNo.2 飛行機 LOV MG2JAN4012434338129品番cnbnb009ye3u46重量商品仕様サイズ:270ml、口径8×高さ9cm重量:400g素材・材質:磁器原産国:ドイツ商品説明●1879年、フィリップ・ローゼンタールがドイツ南部バイエルン州のエアカースロイト城に絵付け工房を開いたのがローゼンタールの始まり。1891年良質の磁器を求めてゼルプに工場を移し、歴史と伝統に支えられたマイスターの技と近代的な生産設備により、ドイツを代表する磁器メーカーへと成長した。ローゼンタールは、モダンスタイルを発信する"スタジオライン"、ヨーロピアン・エレガンスを今日に伝える"クラシック"、カジュアルライン"トーマス"、洗練されたトラディショナル"フッチェンロイター"などのブランドを展開し、時代をリードし続けている●kitty Kahane(キティ・カハーン)デザイン。夢の国のカップルをポップな色使いでロマンティックに描いた「ラブストーリー」。出会いから世界一周旅行へと旅立つ、恋人たちの物語がテーブルの上に広がる※ご注文タイミングやご注文内容によっては、購入履歴からのご注文キャンセル、修正を受け付けることができない場合がございます。※大型商品や一部の商品につきましてはメーカー取り寄せとなる場合がございます。

こちらの関連商品はいかがですか?

スカンジナビア マグ ホワイト 8.1cmx10.5cm ms-mg-w

Amazon

1,583

スカンジナビア マグ ホワイト 8.1cmx10.5cm ms-mg-w

商品詳細 【波佐見焼】 長崎県波佐見町で焼かれる陶磁器ブランド。 現代では食器愛好家の間で熱烈な波佐見焼ブームが巻き起こっています。その起源は、慶長3年(1598年)の登り窯の開始まで遡るとされ、 原料には、熊本県天草に産出する世界的な陶磁器原料である「天草陶石」を用い、 熟練の技術者の手により現代へと受け継がれています。波佐見焼は、時代と共に移りゆく人々の暮らしに寄り添い、 様々な器として作り続けられている「暮らしの器」なのです。 ・[Scandinavia] (スカンジナビア) 北欧諸国が位置するスカンジナビア半島の名を ブランド名とする当店のオリジナルブランド[Scandinavia]。日本(波佐見町)の「伝統」や「癒し」と北欧の「機能美」や「合理性」を融合し、 メイド・イン・ジャパンにこだわり、和と洋のコラボレーションを希求します。 仕 様 サイズ φ8.1cm、W10.5cm×H6.5cm(取っ手含む) 素材 磁器 原産国 日本 備考 ・食器洗浄機:使用可 電子レンジ:使用可 ※オーブン:使用不可※急な温度変化は破損の可能性がありますのでご注意ください。 製造上、下記のような現象が生じる場合がございます。このような状態は商品の製造工程および品質上のものであり、不良ではございません。 ・器形状のゆがみ ・複数箇所の継ぎ目 ・ブランドマークの濃淡およびズレ、はがれ ・食器表面の極小の凹みや黒点 ・裏底面の高台部分に極小の欠け(削れ) ・色ムラ、釉薬(うわ薬)のかかりのムラ ・ピンホール(針でつついたようなくぼみ) ・小さな突起や傷

スカンジナビア マグ レイク 8.1cmx10.5cm ms-mg-la

Amazon

1,791

スカンジナビア マグ レイク 8.1cmx10.5cm ms-mg-la

商品詳細 【波佐見焼】 長崎県波佐見町で焼かれる陶磁器ブランド。 現代では食器愛好家の間で熱烈な波佐見焼ブームが巻き起こっています。その起源は、慶長3年(1598年)の登り窯の開始まで遡るとされ、 原料には、熊本県天草に産出する世界的な陶磁器原料である「天草陶石」を用い、 熟練の技術者の手により現代へと受け継がれています。波佐見焼は、時代と共に移りゆく人々の暮らしに寄り添い、 様々な器として作り続けられている「暮らしの器」なのです。 ・[Scandinavia] (スカンジナビア) 北欧諸国が位置するスカンジナビア半島の名を ブランド名とする当店のオリジナルブランド[Scandinavia]。日本(波佐見町)の「伝統」や「癒し」と北欧の「機能美」や「合理性」を融合し、 メイド・イン・ジャパンにこだわり、和と洋のコラボレーションを希求します。 仕 様 サイズ φ8.1cm、W10.5cm×H6.5cm(取っ手含む) 素材 磁器 原産国 日本 備考 ・食器洗浄機:使用可 電子レンジ:使用可 ※オーブン:使用不可※急な温度変化は破損の可能性がありますのでご注意ください。 製造上、下記のような現象が生じる場合がございます。このような状態は商品の製造工程および品質上のものであり、不良ではございません。 ・器形状のゆがみ ・複数箇所の継ぎ目 ・ブランドマークの濃淡およびズレ、はがれ ・食器表面の極小の凹みや黒点 ・裏底面の高台部分に極小の欠け(削れ) ・色ムラ、釉薬(うわ薬)のかかりのムラ ・ピンホール(針でつついたようなくぼみ) ・小さな突起や傷

スカンジナビア マグ スノウ 8.1cmx10.5cm ms-mg-sn

Amazon

1,791

スカンジナビア マグ スノウ 8.1cmx10.5cm ms-mg-sn

商品詳細 【波佐見焼】 長崎県波佐見町で焼かれる陶磁器ブランド。 現代では食器愛好家の間で熱烈な波佐見焼ブームが巻き起こっています。その起源は、慶長3年(1598年)の登り窯の開始まで遡るとされ、 原料には、熊本県天草に産出する世界的な陶磁器原料である「天草陶石」を用い、 熟練の技術者の手により現代へと受け継がれています。波佐見焼は、時代と共に移りゆく人々の暮らしに寄り添い、 様々な器として作り続けられている「暮らしの器」なのです。 ・[Scandinavia] (スカンジナビア) 北欧諸国が位置するスカンジナビア半島の名を ブランド名とする当店のオリジナルブランド[Scandinavia]。日本(波佐見町)の「伝統」や「癒し」と北欧の「機能美」や「合理性」を融合し、 メイド・イン・ジャパンにこだわり、和と洋のコラボレーションを希求します。 仕 様 サイズ φ8.1cm、W10.5cm×H6.5cm(取っ手含む) 素材 磁器 原産国 日本 備考 ・食器洗浄機:使用可 電子レンジ:使用可 ※オーブン:使用不可※急な温度変化は破損の可能性がありますのでご注意ください。 製造上、下記のような現象が生じる場合がございます。このような状態は商品の製造工程および品質上のものであり、不良ではございません。 ・器形状のゆがみ ・複数箇所の継ぎ目 ・ブランドマークの濃淡およびズレ、はがれ ・食器表面の極小の凹みや黒点 ・裏底面の高台部分に極小の欠け(削れ) ・色ムラ、釉薬(うわ薬)のかかりのムラ ・ピンホール(針でつついたようなくぼみ) ・小さな突起や傷

ツバメ琺瑯マグカップホワイトM (ホワイト)

Amazon

2,700

ツバメ琺瑯マグカップホワイトM (ホワイト)

サイズ:径7.5㎝高さ7.5㎝容量300ml 素材:琺瑯部分 / ステンレス、琺瑯、 籐部分 / 皮籐、ニス 原産国:日本 ツバメシリーズは新潟県燕( つばめ)市の老舗琺瑯メーカーで製作されました。 琺瑯(ホーロー)はガラス質の釉薬を焼付けたものです。金属の影響を受けにくい事で匂いがつきにくく味質が変わらない特性をもっていることから、本来の薫りと味覚を楽しむ事ができます。 この琺瑯製品は一般的なスチール製ではなく、ステンレス材を使用しております。ステンレスの錆にくい特徴を活かし錆止め剤を使用せず、直接琺瑯を塗布することが出来ることから薄くて軽い仕上がりになっています。 ステンレス材の琺瑯製品が世界でも珍しいのはその工法の難しさからきており、仕上がるまでには繊細かつ緻密さを要求されます。 琺瑯、籐製品はひとつひとつが職人の手によって作られています。そのため仕上がりに若干の個体差がでるものですが、ふたつとないものとしてみると味わい深いものとなります。 籐部分の節、色ムラは着色無しの天然の特徴によるものとご理解ください。 箱入り 日本製 * 全て手作りのため、製品の仕上がりには若干の個体差があることをご理解下さい。 * 電子レンジ不可 * 直火OK *ただし籐の部分に直接火が当たるのは避けて下さい。 *空焚きはしないでください。 * 食洗機は琺瑯、籐の剥離の恐れがあるため使用は控えて下さい。 * 長時間の水への浸け置きは避けて下さい。籐が変形する可能性があります。

送料無料
生涯を添い遂げるマグ 美濃焼 レギュラー ホワイトマット

Amazon

2,916

生涯を添い遂げるマグ 美濃焼 レギュラー ホワイトマット

バリスタが認めた日本の職人手作りのマグ。 カップ内側のボトムが丸く膨らんだシェイプが特徴のマグは、良質なクレマ(エスプレッソの液面に浮かぶキメ細かい泡のこと)をつくり出し、アロマ(香り)を閉じ込め、スプーンでかき回しても消えないくらいしっかりした理想的なラテの泡をつくります。コーヒーを美味しく召し上がっていただくためのマグをコーヒーのプロと共同開発しました。カフェの店内でも使用されているプロユースのマグカップでご自宅でも本格的なコーヒータイムをお楽しみいただけます。※手づくりによる製法上、形状に個体差があります。また、サイズや厚さのばらつき、凹凸などがある場合がありますが、不良品ではございません。「生涯補償」という価値を付加したマグです。お客様の生涯の間、マグが割れた場合に新しいマグと交換させていただきます。(初回は無料、2回目以降は有償1,200円(税抜)で交換させていただきます) 割れてしまったら、マグの破片をマグが入っていた紙箱に入れて、同梱されている取扱説明書に記載されている住所宛へ送ってください。マグの破片は、新しいマグの原料として使用し、再生させていただきます。デザインは世界のデザイン賞で多くの賞を受賞しているGKインダストリアルデザイン。いままでのマグにない、永くお使いいただけるすっきりとしたデザインが、コーヒータイムを特別に演出します。ぐるりと一周した楕円形の特徴的なハンドルは、マグ本体に面で取り付けられていてとても握りやすく、デザイン性と実用性を兼ね備えています。手にしたときに心地良いマットな質感がシャープなデザインにマッチ。名入れをご希望のお客様はWiredBeansStoreでご注文いただけます。世界でたったひとつの特別なマグを贈り物に! 平日15時までのご注文で当日配送承り中!...

送料無料
ミキモトインターナショナル ホワイト ペアマグカップ mikimoto-18

Amazon

10,584

ミキモトインターナショナル ホワイト ペアマグカップ mikimoto-18

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

ZEROJAPAN デスクトップティーマグ スクエア ホワイト DP-01 WH

Amazon

2,484

ZEROJAPAN デスクトップティーマグ スクエア ホワイト DP-01 WH

「ここがおすすめ!」担当バイヤーコメントZERO JAPANのシンプルなデザインがおすすめです。また、カラーの多さに驚きます。素敵なカラー展開です。自分のスタイルに合ったものが見つけて、食卓が楽しくなればうれしいです。商品紹介「MADE IN JAPAN」クオリティへのこだわりZERO JAPANは日本で生まれ、アメリカでMADE IN JAPANのクオリティの高さが評価され 人気を得てきた。今ではアメリカ・オーストラリア・ヨーロッパなど世界各国で愛され使用されているシンプルなデザインは見た目の良さだけではなく、一度使えばすぐに納得できる使いやすさを併せ持っている ZERO JAPANの製品へのこだわり 「MADE IN JAPAN」全てのZERO JAPAN商品は「見て、触って、使って気持ち良い」というコンセプトのもとでデザインされている見た目はシンプルでありながらステンレスや木等の他素材と融合することでモダンで洗練されたイメージがより際立つ 徹底した品質管理クオリティを追求し、手に取るとしっかりとフィット。1度使えば納得できる使いやすさ、取り外し可能なパーツなど、衛生面においても優れている美濃焼の長い歴史の中で培われた技術と多くの製品を見て研究を重ねZERO JAPANのコンセプトとデザインに活用して全く新しいものを創造する挑戦を設立当初より続けている 妥協を許さない製品作り 【デザイン・製法(カラー管理)】大量生産・低価格化の時代の流れで、生産拠点が海外に移され輸入品が増える中、日本のものづくりに対する繊細さや高い基準の品質管理や技術を駆使して、より良い製品を造るためにMADE IN JAPANにこだわり続けていくことで、より多くの方にZERO JAPAN製品・MADE IN JAPANの良さを知って使って頂く事が目標であり...

スポンサーリンク
スポンサーリンク