メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「トルコ皿」検索結果。

トルコ皿の商品検索結果全392件中1~60件目

エクラ 13cmボール ブラック ガラス食器【お取り寄せ品】

Primitive 陶舎花*花

2,052

エクラ 13cmボール ブラック ガラス食器【お取り寄せ品】

メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています(エビデンスは税別表記です) ※こちらはメーカー在庫取り寄せ品となります。在庫がある場合は通常 ご注文より4営業日以内に発送となります。欠品の場合はお待ちいただくか キャンセルのお願いをさせていただきますことを ご了承の上、ご購入を お願いいたします。 細かい凹凸のデザインのガラス皿で、サラダボウル としても使用できます。 ブラックのシンプルな器なので、お料理が引き立ちます。 ガラスボウルで、お料理をお洒落に演出してみませんか。 【サイズ】 13cm×H5cm ガラス食器/原産国:トルコ・加工:日本 ※電子レンジ・食器洗浄機のご使用はお避けください。 ※事前によくチェックしていますが、目立たない程度の製造 過程での傷、よごれなどある場合もございます。 ※製造過程上、表面の細かいキズ・細かい気泡・底部及び 側面のシワ跡・冷却時の水滴汚れ・曇り現象のような状態 が若干発生します。これらは使用上商品の特性を減少 させるものではございませんので安心してお使いください。 この状態での返品交換は承っておりません。 ※プレス成型のため、色・サイズ・風合いに多少のバラつきが 見られます。 ※モニターによって色あいが異なって見えることがあります。エクラ 13cmボール ガラス食器 ブラック 細かい凹凸のデザインのガラス皿で、サラダボウル としても使用できます。 ブラックのシンプルな器なので、お料理が引き立ちます。 ガラスボウルで、お料理をお洒落に演出してみませんか。 ◇◆◇ 同シリーズのアイテム一覧 ◇◆◇ エクラ 34cmチャージャープレート ガラス食器 シルバー エクラ 27cmプレート ガラス食器 シルバー エクラ 19cmプレート ガラス食器 シルバー エクラ 21.5cmプレート...

エスプレッソ・デミタスコーヒーカップ&ソーサー珍しい小さめ椀皿トルココーヒー用 2客セット ゴールデンホーンハリチ/ブラック

ガラタバザール(キリム&雑貨)

2,800

エスプレッソ・デミタスコーヒーカップ&ソーサー珍しい小さめ椀皿トルココーヒー用 2客セット ゴールデンホーンハリチ/ブラック

ほかのデザインはこちらからオスマントルコ時代にアラビア半島から伝わったコーヒーは、またたくまに大流行!小さなカップが、トルココーヒー用に作られました。N:ゴールデンホーンハリチ/ブラックイスタンブルの金角湾の名が付けられた伝統柄。エキゾチックながらも落ち着いた雰囲気です。コーヒーの粉がカップの底に沈むのを待って、上澄みをゆっくりと楽しみます。コーヒーを飲み終わったあとは、カップをひっくり返してコーヒー占いを♪※専用の箱は付属していませんのでご了承ください。【セット内容】カップ&ソーサー同柄2客【カップサイズ】ソーサー直径12cmカップ高さ6cm 約95ccトルコ・キュタフヤ製 KEY:トルココーヒー・トルコお菓子・デミタスカップ・コーヒーカップ・トルコお土産・カフェ・カプチーノ・エスプレッソ・アラビアコーヒー・イエメン・ギリシャコーヒー・オズデミル・パシャ・イスタンブル・イ0スタンブール・キュタフヤ・陶磁器・磁器・オスマントルコ・イズニック・タイル・セラミック・ギフト

送料無料
35角スクエア角皿/トルコ・キュタフヤ産手書きの飾り皿チューリップ・ターコイズブルー

ガラタバザール(キリム&雑貨)

36,000

35角スクエア角皿/トルコ・キュタフヤ産手書きの飾り皿チューリップ・ターコイズブルー

35角スクエア角皿/トルコ・キュタフヤ産手書きの飾り皿チューリップ・ターコイズブルーサイズ直径35cm/深さ6cm重 さ1.8Kg材 質陶器(手書きの絵付け)皿形状角皿制 作キュタフヤトルコの陶器産業の中心地「キュタフヤ」の工房で手書き絵付けされている飾り皿です。このプレートは、陶器の白い地肌を残さずに全体に色釉薬で丁寧に彩色されています。円形のプレートにとらわれず、モチーフが連続するタイルのデザインを使ったアーティスティックな作品です。オスマントルコ時代からの伝統を守りつつも、新しいデザインや技術を取り入れた、21世紀の伝統工芸品です。*裏面には紐を通す穴が開いていて、壁にかけられるようになっています。飾り皿ですので食器には不向きです。【キュタフヤ陶器(Kutahya)キュタフヤはトルコの陶器産業の中心地で、タイル、食器、陶磁器の工房が立ち並ぶ緑豊かな町です。オスマントルコ独特の表現で描かれるタイルや陶器は、16-17世紀にキュタフヤよりもイスタンブルに近く交通の便のよいイズニックで作られていました。のち、18世紀後半から良質な陶土が産出されるキュタフヤに窯が作られるようになり、現代に続く陶器の産地となったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク