メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ディナー皿」検索結果。

ディナー皿の商品検索結果全445件中1~60件目

送料無料
ミキモト インターナショナル ディナープレート mikimoto-03

Amazon

12,960

ミキモト インターナショナル ディナープレート mikimoto-03

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
DANSK チボリ ディナープレート ブルー 541020

Amazon

2,909

DANSK チボリ ディナープレート ブルー 541020

●【ダンスク社】 1954年設立のダンスク社は、「デンマーク風」という意味より「DANSK」と名付けられた。スカンジナビアモダンアートをコンセプトに北欧を中心とした各国のデザイナー達にデザインされた製品を作り出しているデザイン会社。現代的で機能性に優れたダンスクの製品は、流行や年代を越えた新しいぬくもりを持っており、ほとんどの製品がオーブン、電子レンジ、食器洗い機に使用可能と、とても実用的。ダンスクは、キッチンからテーブルまでのトータルライフスタイルブランドとして好評を博しており、デンマーク王室に始まり、ルーブル美術館、モダンアート美術館などのコレクションにも加わっている●【チボリ・シリーズ】 北欧デンマークの首都、コペンハーゲンを代表する名所チボリガーデン。チボリシリーズは、コペンハーゲン生まれのニールス・レフスガード氏が春の花に染まる公園を表現したもの。器を縁取る花づる模様は、フェンスと門の装飾を彷彿させる●【ニールス・レフスガード】 1934年コペンハーゲン生まれ。1953~1957年の間デンマーク美術工芸学校に学ぶ。ニールスは1964年からダンスクにデザイナーとして参加、それ以来筆頭デザイナーとして活躍し続けている。彼の作品は数々の賞を受賞しており、ノルウェー美術館・メトロポリタン美術館・オスロ美術館に所蔵され、さらに、スウェーデン王室・デンマーク王室でも愛用されている

Jars/Plume ディナープレート オーシャンブルー

Amazon

4,104

Jars/Plume ディナープレート オーシャンブルー

◆電子レンジや食器洗い機も使用可能◆150年もの歴史の、上質な日常を演出するフランス南西部のリヨンの陶磁器「Jars(ジャス)」の釉薬の繊細な色合いと、やさしいウェーブの縁が印象的なPlume(プリュム)シリーズのディナープレートです。 メイン用のお皿としてはもちろん、パスタ皿としてもお使いいただける一枚あると便利なサイズです。 使いやすさを最優先に考えた、機能的なデザインは、手に持つ、料理を盛る、洗う、重ねて収納する、とそれぞれに使い勝手がよく、毎日気持ちよく使えます。 門外不出の自然で美しい色づかいは、盛りつけた料理がよく映え、釉薬と焼成のバランスによって生じるナチュラルな色合いは、異なる色の器を組み合わせてもしっくりとなじみます。 南仏の工場で丁寧に作られたジャスの食器はいずれも丈夫。 1280度で焼いているので、高温にも強く、電子レンジや自動食器洗い機も使用できます。 粘土、釉薬ともに自然な原材料を使用し、自然のあたたかみを感じる粘土の選別から仕上げまで、各工程に厳密なチェックを行いながら丁寧に作られています。 大量生産される器には感じられない、あたたかなぬくもりを感じます。 テーブルに映えるのと同時に、あくまで日常使いの食器としての実用的なので、自宅用にはもちろん、ギフトにもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク