メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ディナー皿」検索結果。

ディナー皿の商品検索結果全1,952件中1~60件目

【25cmプレート】【MIKASA ミカサ WEEKEND ウィークエンド RHOMBUS】【ディナープレート/ディナー皿/大皿】

おしゃれな食器・雑貨の店 Suteki

1,620

【25cmプレート】【MIKASA ミカサ WEEKEND ウィークエンド RHOMBUS】【ディナープレート/ディナー皿/大皿】

ブランド MIKASA (ミカサ) サイズ 直径25.0×高さ3.0cm カラー RHOMBUS 材 質 アイアンストーン(硬質陶器) 製造国 Made In マレーシア 備 考 電子レンジ、食器洗浄機使用可能商品です。 MIKASA,ミカサ,WEEKEND,ウィークエンド,プレート,ディナー皿, ディナープレート,大皿,お皿,皿,オシャレ,ネイティブ柄, キャンプ,オシャピク,ピクニック,プレゼント,カフェ,洋食器,可愛い, 玉樹,おしゃれな食器・雑貨の店 Suteki,suteki,ステキ,世界中のレストラン・家庭で愛され続ける日本が生んだブランド「ミカサ」 ニューヨーク、そして東京・・・。 都市の輝きと洗練された意識の中から磨かれ、はぐくまれたミカサデザイン。 料理と器との幸福なコラボレーションが満たされた「時」を創ります。 洗練されたデザイン、一流レストランも愛用する機能性と強度のある「ミカサ」 のテーブルウェア。1965年誕生以来、アメリカを中心に世界中で愛され 続けています。 洋食器中心のミカサの食器は、アメリカでは広く家庭でも知られていますが、 日本では業務用としてのシェアーが大半を占め、帝国ホテル、ホテル日航大 阪などの一流ホテル、一流レストランで使用され、その優れた機能性は定評 があります。 1990年国内生産に加えマレーシアにも自社工場を立ち上げ生産を開始。 順番に1年間日本で研修し、技術のみならず日本語も徹底的に教え、現地工 場でも日本語でやりとりするなど、徹底した従業員の育成を図りました。 2004年以降洋食器の生産をすべて マレーシア工場に移しましたが、何一つ として日本生産品と変わることの無い品質を実現しています。 MIKASA...

400cc フォンデュ片手ソースパン 黒 (直火OK)日本製の直火 OK フォンデュ & バーニャカウダ & チゲ & ビビンバ用品がいろいろ

産地問屋の 【サクラ陶器 】

1,620

400cc フォンデュ片手ソースパン 黒 (直火OK)日本製の直火 OK フォンデュ & バーニャカウダ & チゲ & ビビンバ用品がいろいろ

※コンロは別売りです。 フォークと使用可能ウォーマー 389円 固形燃料対応鍋 品名 330cc ボール 330cc ボール 340ccc深型ボール 340ccc深型ボール 500cc手付ボール 500cc手付ボール 400cc手付きパン 400cc手付きパン 単価843円713円843円713円1620円1296円2139円1620円 長径12.5cm12cm17cm19.5cm 短径 13.5cm14.5cm 高さ5cm7.5cm5cm 25g固形燃料はこちらへ 30g固形燃料はこちらへ どうぞ サクラ陶器のショーケース 洋食器 炊飯鍋 ・ 土鍋 (直火 & IH)・ゆきひら・煎じ土瓶・オーブン食器 カスター & そば食器 & 和食器 & 酒器 Sスタイル & キッズ & 甕 & すり鉢 & その他商品【日本製のカフェ & テーブルウェアー & 居酒屋食器が 問屋価格で 】 身・蓋・カップが後から買い足しができるオープンストック サクラ陶器の食器はプロの料理人が使う、プロ仕様の食器です カフェ & テーブルウェアー & 居酒屋食器シリーズには ディナー皿 ピザ皿 前菜皿 パスタ & カレー 強化仕切りランチ 強化給食食器 強化食器の皿・ボール 居酒屋食器 ウエスタン食器 IH対応土鍋 直火OKのカスレ土鍋と炊飯土鍋 ウォーマー トング & カトラリーなどを用意しています 直火 OK のアヒージョ & フォンデュ & バーニヤカウダ & チゲ & ビビンバ & ステーキ陶板 の数々 アルコール燃料用ウォーマー & 固形燃料用ウォーマー & 1合炊飯セット & 固形燃料 の数々 フォンデュ用フォーク & 敷き板 & カッティングボード の数々 ※コンロは別売りです。

送料無料
ミキモト インターナショナル ディナープレート mikimoto-03

Amazon

12,960

ミキモト インターナショナル ディナープレート mikimoto-03

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク