メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コーヒーカップモダン」検索結果。

コーヒーカップモダンの商品検索結果全4件中1~4件目

レンジ台 90cm ロータイプ レンジボード レンジラック 食器棚 キッチンボード カップボード キッチンカウンター キッチン収納 キッチン 収納 ラック 棚 作業台 ガラス レトロ モダン 木製...

ザッカーグplus いいもの見つけた

21,120

レンジ台 90cm ロータイプ レンジボード レンジラック 食器棚 キッチンボード カップボード キッチンカウンター キッチン収納 キッチン 収納 ラック 棚 作業台 ガラス レトロ モダン 木製...

商品説明キッチンをフレンチカントリーテイストでコーディネートブリーチした木目柄をいかし、アンティークテイストに仕上げた食器棚シリーズ。扉枠や質感のある型ガラスなど細部にまでこだわりぬいた丁寧な作りに加えて、使い勝手のよさや収納力も抜群。温かみのあるミルキーホワイトがキッチンをやさしく彩ります。●ブリーチした木目柄がアクセントになった扉枠と表情豊かなレトロ調の型ガラスの組み合わせがおしゃれ。●ヒンジの固定ネジと調整ネジで扉の上下左右の歪みが調整でき、本体と扉を美しく調和させることができます。●収納物に合わせて高さを変えられる可動棚。●スライド式で炊飯器やポット、コーヒーメーカーなどの出し入れや取り扱いがスムーズに行えます。●レンジや炊飯器などのキッチン家電に対応して家具本体に大容量の2口コンセントを設置。●ペットボトルや深型鍋などの収納に便利な大型スライドストッカー。商品情報サイズ[外寸]約幅88.1×奥行37.8×高さ86.5cm[引出(小)]約幅53×奥行40×高さ4.5cm[引出(ワゴン)]約幅50.3×奥行38×高さ27.6cm重量約39kg材質プリント紙化粧繊維板・パーティクルボードカラーミルキーホワイト耐荷重[天板]約30kg[棚板(1枚)]約10kg[可動棚(1枚)]約8kg[スライド棚]約8kg [スライドストッカー]約16kgスライド量約31cm棚板固定棚×1枚、可動棚×(大)2・(小)1枚コンセント2口コンセント 1500W生産国タイ組立区分お客様組立品カテゴリカテゴリ キッチン キッチン収納家具 レンジ台・レンジボード同シリーズ※このページは食器棚 ART-9090レンジを販売しております。※このページは食器棚 ART-9090レンジを販売しております。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

Amazon

21,168

リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

送料無料
ティファニー バレー ペア カップ&ソーサー tiffany-53

Amazon

21,600

ティファニー バレー ペア カップ&ソーサー tiffany-53

ティファニー 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主流...

スポンサーリンク
スポンサーリンク