メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コーヒーカップ 5 客」検索結果。

コーヒーカップ 5 客の商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
エルメス(HERMES) ガダルキヴィール 11017 コーヒーカップ&ソーサー ペア 【並行輸入品】

Amazon

28,155

エルメス(HERMES) ガダルキヴィール 11017 コーヒーカップ&ソーサー ペア 【並行輸入品】

1984年にテーブルウェアの販売を開始したエルメスの中でも、特に印象的で新しいテイストのシリーズ、ガダルキヴィール。一度聞いただけでは、少し覚えにくい響きのパターン名ですが、ガダルキヴィールはスペインのゴルドバにある河の名前で、そこからインスピレーションを受けたデザインとされています。エルメスといえば、従来はスカーフやネクタイ等に見られる馬具などの緻密なデッサンによるプリントを思い浮かべがちですが、このガダルキヴィールは、そういった緻密なプリントとは明らかに異なる雰囲気を持っており、プレート全体に描かれた思わず目を奪われる赤色の幾何学模様を見ていると、確かにそこに情熱の国スペインを彷彿とさせるものを感じとることができます。このデザインの特徴ともいえる燃え立つような赤色は、炎の中で輝く鉄を自在に操る鉄細工職人と、金属のレースを編み出す彫金職人たちの自由なイマジネーションからうまれました。4、5種類の赤を基本に混ぜ合わせることで、10以上のトーンを持った深みのある赤が生まれるのですが、その赤こそが、オリジナルデッサンが持つ透明感や素朴さを表現するのに最もふさわしい色であるとされています。裏面には、それぞれプリントを施した職人のトレードマークが入っていて、それはまるで伝統と革新に裏付けられた技術の結晶のようです。またガダルキヴィールは、赤色をした幾何学デザインの中に「ハート型」が見受けられることから、結婚に関する記念品や贈り物などに大変人気です。

送料無料
ロイヤルコペンハーゲン プリンセスブルー カップ&ソーサー(ペア) copen-13

Amazon

38,880

ロイヤルコペンハーゲン プリンセスブルー カップ&ソーサー(ペア) copen-13

北欧を代表する老舗ブランドロイヤルコペンハーゲンは、1775年にデンマーク王室の庇護を受けて創設されました。 製品の美しい絵柄、品質の高さ、そして優れた職人技術は世界的に有名です。 現在でもデンマークの王室では、ロイヤルコペンハーゲンの器を使用しています。 ロイヤルコペンハーゲン商品に印されたバッグスタンプの絵には、とても深い意味があります。 クラウン(王冠)の下の3本の波線は、デンマークの国の周りを囲む主な海峡を表現しています。 絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられています。 【Princess プリンセス】 美しいレースの縁取りとレリーフで飾られたプリンセスは、ブルーフルーテッド シリーズと深く関係しています。 シェイプと手描きのパターンは、1880年代に、ロイヤル コペンハーゲンのアートディレクター、アーノルド クローによってデザインされました。 しかし、このシリーズが実際に制作されたのは、それから約100年後の1978年のことでした。 美しい縁取りの絵付けがティアラのように見えることからプリンセスと名付けられました。

送料無料
リチャードジノリ 「フィオッコグレース」ペア カップ&ソーサー riginori-03

Amazon

28,080

リチャードジノリ 「フィオッコグレース」ペア カップ&ソーサー riginori-03

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

送料無料
エルメス(HERMES) ガダルキヴィール 11016 ティーカップ&ソーサー ペア 【並行輸入品】

Amazon

29,008

エルメス(HERMES) ガダルキヴィール 11016 ティーカップ&ソーサー ペア 【並行輸入品】

1984年にテーブルウェアの販売を開始したエルメスの中でも、特に印象的で新しいテイストのシリーズ、ガダルキヴィール。一度聞いただけでは、少し覚えにくい響きのパターン名ですが、ガダルキヴィールはスペインのゴルドバにある河の名前で、そこからインスピレーションを受けたデザインとされています。エルメスといえば、従来はスカーフやネクタイ等に見られる馬具などの緻密なデッサンによるプリントを思い浮かべがちですが、このガダルキヴィールは、そういった緻密なプリントとは明らかに異なる雰囲気を持っており、プレート全体に描かれた思わず目を奪われる赤色の幾何学模様を見ていると、確かにそこに情熱の国スペインを彷彿とさせるものを感じとることができます。このデザインの特徴ともいえる燃え立つような赤色は、炎の中で輝く鉄を自在に操る鉄細工職人と、金属のレースを編み出す彫金職人たちの自由なイマジネーションからうまれました。4、5種類の赤を基本に混ぜ合わせることで、10以上のトーンを持った深みのある赤が生まれるのですが、その赤こそが、オリジナルデッサンが持つ透明感や素朴さを表現するのに最もふさわしい色であるとされています。裏面には、それぞれプリントを施した職人のトレードマークが入っていて、それはまるで伝統と革新に裏付けられた技術の結晶のようです。またガダルキヴィールは、赤色をした幾何学デザインの中に「ハート型」が見受けられることから、結婚に関する記念品や贈り物などに大変人気です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク