メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「グリーンパンフライパン」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

【ベルメゾン】南部鉄器のパン焼き器 タミパンクラシック

ベルメゾンネット

8,640

【ベルメゾン】南部鉄器のパン焼き器 タミパンクラシック

終戦直後、子どもたちのためにジュラルミン製のパン焼き器でパンを焼いたタミさん。その意思を受け継いで生まれたのが、南部鉄器のパン焼き器。分厚い南部鉄はまんべんなく熱が伝わるので、パンの中までしっかりと火が通りふっくらと上手に焼きあがります。鍋の中央が煙突状になっているのもおいしさのヒミツ。フタはフライパンとして使えます。1852年創業の南部鉄器メーカー「及源鋳造(おいげんちゅうぞう)」のもの。時を経て、子どもたちのために南部鉄器でパンを焼いたタミさんが100歳を迎えた記念に、より使いやすいこの形に生まれ変わりました。パンがふっくらと短時間で焼けるだけでなく、保温性にも優れているのでやきたてのおいしさを長く味わえます。フタは裏返してフライパンとして使うことも。IHに対応(100Vのみ)し、食卓で、アウトドアで、いろんなシーンで活躍必至の、一生もの。【奥州の南部鉄器】岩手県南部にある奥州市の南部鉄器には約900年に渡る歴史があります。時の権力者・奥州藤原氏が平泉に鋳物師を呼び寄せたことから、鋳造業が発展。北上山地の砂鉄や木炭、北上川から出る砂や粘土など、良質の鋳型材料が容易に手に入ることもあり、地場産業としての地位を確立。今では世界に誇る鋳物師集団の地としてマーケットを広げています。なかでも、1852年の創業当時は南部鉄器の鉄瓶や鉄鍋をすべて一社で手作りしていた「及源鋳造-OIGEN」は、長い歴史にわたって、今の時代に合う製品を次々と国内外に送り出している、南部鉄器の先駆的存在。日本各地の素敵な雑貨をあつめました!『ローカル雑貨に出会う旅。』特集はコチラ≫≫

スポンサーリンク
スポンサーリンク