メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カップ 5 客セット」検索結果。

カップ 5 客セットの商品検索結果全1,779件中1~60件目

ラスカボヘミア 水玉タンブラー5客セット

ディノス

10,800

ラスカボヘミア 水玉タンブラー5客セット

LaskaBohemia 「Laska(ラスカ)」とはチェコ語で「愛」を意味します。おもてなしをするときにゲストの皆様に尽くす「愛」贈り物をするときに相手の方をおもう「愛」作り手である職人たちが商品ひとつひとつに込めた「愛」「LasakaBohemia」にはそんな様々な「愛の」気持ちが込められています本場チェコ製の愛を込めたグラスシリーズ、ラスカ Laska LaskaBohemia 「Laska(ラスカ)」とはチェコ語で「愛」を意味します。おもてなしをするときにゲストの皆様に尽くす「愛」、贈り物をするときに相手の方をおもう「愛」、作り手である職人たちが商品ひとつひとつに込めた「愛」・・・「LasakaBohemia」にはそんな様々な「愛の」気持ちが込められています。感謝の気持ちや、愛を伝えるプレゼントにもおススメです。ハンドペイント低温で溶かした色ガラスの顔料や金を混ぜた溶き油でガラス表面に繊細な絵や文様を描き、焼き付けられるハンドペイント。基本的技法であり、伝統的な芸術が成しえる匠の技と言えます。1832年創業の老舗「チェコ・エーゲルマン工房」で、成型から彩色まで熟練の職人が手造りで仕上げました。ウォータードロップ(水玉)のデザイングラス多彩な配色と手描きならではの仕上がりに感じる懐かしさ。使われるシーンに合わせた幻想のひとときを演出します。 ■サイズ:(約)口径 5.5×高さ 10.3cm 230ml■重量:(約)140g■素材:カリクリスタル■チェコ製※ 手作りのため、サイズや色合いが多少異なる場合がございます。

送料無料
コーヒーカップ 5客 セット 銀彩

和座 和風空間創造工房

16,200

コーヒーカップ 5客 セット 銀彩

■作品のお取り扱いについてご注意下さい 【食器洗浄機】 絵柄の美しさ保持の為、食器洗浄機はご遠慮下さい こんな時にお薦めです 記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >>コーヒーカップ一覧 本来、コーヒーカップは洋食器のカテゴリーです。ということは九谷の地で作られるコーヒーカップは近代の作品となります。明治以降、JAPAN KUTANI(ジャパンクタニ)と呼ばれ海外への輸出が盛んになり始めた頃、西洋様式の生活文化にも合う九谷焼をとして製作されたのが始まりではないかと思います。時代が変わり現代となった今、当たり前のように使われるようになったコーヒーカップはもはや洋食器や和食器というカテゴリーではなく普段使いの器として自然と生活の中に存在します。薫り高いコーヒーを大切な人と楽しむ一時は一日の中でもとても素敵な時間の一つです。そんな大切な時間を過ごす器をデザイン性の高いコーヒーカップで彩ってみてはいかがでしょうか。 「他産地との共同生産」元来、九谷焼の焼成温度は他産地(有田焼・美濃焼)などに比べると低温での焼成となっており業務用の器などのように使用頻度が通常よりも多くなる場合には耐久性という点でやや弱い部分がありました。ご家庭においても使いやすく強度の高い器を九谷焼ならではのデザインで生産するという実用性の高い食器を安定的に生産するために誕生したのがデザイン九谷です。業務用食器等で実用性、デザイン性の高い食器を長年製造している岐阜県の陶磁器メーカーの協力により提供頂いた器に九谷焼の加飾技術にてデザイン(絵付・転写等)した汎用性の高い普段使いに最適な作品です。...

ミキモト インターナショナル 遊炉(YUURO)湯呑 5客セット mikimoto-09

Amazon

8,640

ミキモト インターナショナル 遊炉(YUURO)湯呑 5客セット mikimoto-09

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク