メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カップソーサーペア」検索結果。

カップソーサーペアの商品検索結果全735件中121~180件目

エルメス(HERMES) ガダルキヴィール 11017 コーヒーカップ&ソーサー ペア 【並行輸入品】

Amazon

28,155

エルメス(HERMES) ガダルキヴィール 11017 コーヒーカップ&ソーサー ペア 【並行輸入品】

1984年にテーブルウェアの販売を開始したエルメスの中でも、特に印象的で新しいテイストのシリーズ、ガダルキヴィール。一度聞いただけでは、少し覚えにくい響きのパターン名ですが、ガダルキヴィールはスペインのゴルドバにある河の名前で、そこからインスピレーションを受けたデザインとされています。エルメスといえば、従来はスカーフやネクタイ等に見られる馬具などの緻密なデッサンによるプリントを思い浮かべがちですが、このガダルキヴィールは、そういった緻密なプリントとは明らかに異なる雰囲気を持っており、プレート全体に描かれた思わず目を奪われる赤色の幾何学模様を見ていると、確かにそこに情熱の国スペインを彷彿とさせるものを感じとることができます。このデザインの特徴ともいえる燃え立つような赤色は、炎の中で輝く鉄を自在に操る鉄細工職人と、金属のレースを編み出す彫金職人たちの自由なイマジネーションからうまれました。4、5種類の赤を基本に混ぜ合わせることで、10以上のトーンを持った深みのある赤が生まれるのですが、その赤こそが、オリジナルデッサンが持つ透明感や素朴さを表現するのに最もふさわしい色であるとされています。裏面には、それぞれプリントを施した職人のトレードマークが入っていて、それはまるで伝統と革新に裏付けられた技術の結晶のようです。またガダルキヴィールは、赤色をした幾何学デザインの中に「ハート型」が見受けられることから、結婚に関する記念品や贈り物などに大変人気です。

送料無料
香蘭社 ベネチアンレッド ペア碗皿 VR1077-2HL

Amazon

15,850

香蘭社 ベネチアンレッド ペア碗皿 VR1077-2HL

●香蘭社製。香蘭社は、今からおよそ三百年前、江戸文化が華麗に花開いた元禄の頃、初代深川栄左ヱ門が肥前有田で『香蘭社』の前身となる磁器の製造を始めた。そして日本に近代化をもたらした明治維新の激動期、有田焼は佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失った。その再興に指導的役割を果たしたのが、八代深川栄左ヱ門だった。強い自立の精神が、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、それに陶商達を一つにまとめ結社を作った。これが『香蘭社』。時に明治八年。その後、相次いで世界各国で行われた万国博で数々の名誉金牌を受賞。海外でもその評価を高めるとともに、明治二十九年には宮内省御用達の栄にも浴し今日に及んでいる。『香蘭社』の製品は、有田磁器独特の白く硬い透明な生地の上に、優雅な染付と華麗な赤絵を配した典雅な文様、十八世紀フランスのセーブルを中心に、ヨーロッパで愛好された金銀彩のルリ釉もの、さらに目にやさしく心がなごむグリーンシリーズ製品など多彩を極めている。『香蘭社』の製品は、すべて伝統を誇る有田色絵磁器の多様な文様を集大成し、有田の伝統様式を一歩前進させたとして評価され、世に「香蘭社スタイル」とも「香蘭社調」とも呼ばれ、広く親しまれている

送料無料
ティファニー ノーツ(TIFFANY NOTES) ペアコーヒーカップ&ソーサー tiffany-11

Amazon

10,000

ティファニー ノーツ(TIFFANY NOTES) ペアコーヒーカップ&ソーサー tiffany-11

ティファニー 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主流...

スポンサーリンク
スポンサーリンク