メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カップソーサーペア」検索結果。

カップソーサーペアの商品検索結果全739件中1~60件目

耐熱ガラス カップ & ソーサー ペアセット YF-1003W

K’s Rainbow

2,160

耐熱ガラス カップ & ソーサー ペアセット YF-1003W

ギフト対応 お湯を注ぐと美しく舞う茶葉を楽しむことが出来ます♪ 紅茶やハーブティー、日本茶でも香りと味だけを楽しむのはもったいない!! お茶の美しい色もお楽しみください。 商品詳細 カップ 口径:83mm 幅(取っ手含む):113mm 高さ:53mm 満水容量:240ml 材質:耐熱ガラス 耐熱温度差120度 ソーサー 口径:135mm 高さ:20mm 材質:耐熱ガラス 耐熱温度差120度 入り数 耐熱ガラスカップ&ソーサー:2客 備考 食器洗浄機対応 電子レンジ対応 熱湯対応 直火不可 ガラス製品の製造上、ガラス内部に気泡やガラスのシワが見えることがございます。 そのような場合は、メーカー各社様規定に準じて、当店でも【不良品】とさせて頂いております。 上記規定の対象外の品に関してのご返品・ご交換は、【お客様都合】とさせて頂きます。 【お客様都合】でのご交換・ご返品の場合は、往復の送料はお客様のご負担となります。 ご了承のうえ、ご購入下さい。 こちらの商品は、ある程度の在庫を店舗で持っておりますが、実店舗でも人気の商品のためメーカー取り寄せとなることがございます。(通常ご注文より7営業日以内の発送) また、メーカー欠品の場合は当店よりお買い上げくださったお客様に納期その他をご連絡させて頂きます。脚なしポットセット 脚付ティーポット 強化ガラスカップ デイジープレート 木製 コースター カップ&ステンソーサー シュガーポット シュガーポット 陶器 ティーポット 波佐見焼 ティーポット 陶器 キャニスター 木製 スプーン

送料無料
ミキモト インターナショナル ペアカップ&ソーサー mikimoto-06

Amazon

10,800

ミキモト インターナショナル ペアカップ&ソーサー mikimoto-06

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

Amazon

21,168

リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

スポンサーリンク
スポンサーリンク