メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カップソーサーペア」検索結果。

カップソーサーペアの商品検索結果全846件中1~60件目

送料無料
【送料無料】プラスルーム デュレ ペアカップ&ソーサー  PR‐DR03 ガラスギフトセット/ガラスカップ/ティーカップ 出産内祝い 内祝い お返し 快気祝い 新築内祝い 引き出物 法事 香典返し...

すず陶楽天市場店

3,580

【送料無料】プラスルーム デュレ ペアカップ&ソーサー PR‐DR03 ガラスギフトセット/ガラスカップ/ティーカップ 出産内祝い 内祝い お返し 快気祝い 新築内祝い 引き出物 法事 香典返し...

商品名 プラスルーム デュレ ペアカップ&ソーサーPR‐DR03 送 料 発送の目安 商品サイズ ●現品(カップ)約8.8φ×6.4cm・(ソーサー)約14.4φ×1.6cm 商品材料 ●耐熱ガラス 商品内容 ●カップ(容量約180ml)・ソーサー各2 箱サイズ ●箱サイズ:30×14.8×8.5cm 重量:580g その他 ●カップは耐熱ガラス製二重構造で断熱性が高く保温保冷効果があるので、熱い飲み物をゆっくり楽しめます。水色が見えるのでハーブティや紅茶などにもってこいの器です。●原産国:中国●パッケージ形態:化粧箱入●常温便 のし対応 カード対応 包装紙 こんなご用途にご使用できます 出産内祝い 結婚内祝い 結婚引き出物 結婚引出物 結婚御祝い 快気祝い 快気内祝 全快祝い 全快内祝 新築祝い 上棟祝 新築内祝 成人祝い 成人内祝 入学祝い 進学祝 入学内祝 入園祝い 入園祝 卒園祝 卒業内祝 入園内祝 進学内祝 初節句内祝い 初節句 七五三 七五三内祝 就職祝い 就職内祝 退職祝い 敬老祝い 香典返し 満中陰志 法事・法要引き物 父の日 母の日 お誕生日祝い プレゼント 還暦祝い 長寿祝 初老祝 還暦祝 古稀祝 喜寿祝 傘寿祝 米寿祝 卒寿祝 白寿祝 長寿祝お返し 退職記念 記念日 お中元 お歳暮 ゴルフコンペ ボーリング大会 賞品 記念品 法人 大口 ノベルティ メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。

送料無料
ミキモト インターナショナル ペアカップ&ソーサー mikimoto-06

Amazon

10,800

ミキモト インターナショナル ペアカップ&ソーサー mikimoto-06

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
ミキモト インターナショナル プラチナライン ペアデミタスカップ&ソーサー mikimoto-12

Amazon

10,800

ミキモト インターナショナル プラチナライン ペアデミタスカップ&ソーサー mikimoto-12

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク