メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「エルメスシエスタ」検索結果。

エルメスシエスタの商品検索結果全18件中1~18件目

エルメス (HERMES) シエスタ クリームジャグ 200ml【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 引き出物 内祝い 食器

ブランド洋食器の店ル・ノーブル

34,020

エルメス (HERMES) シエスタ クリームジャグ 200ml【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】 引き出物 内祝い 食器

生命溢れる庭園の静けさとこおばしい香りが見事に表現されています。自然はあらゆる瞬間に、その輝く情景を表現します。アーティストによって繊細に組まれた花々の装飾と蝶とのハーモニーがひとつひとつのピースを飾り、はかなげで素朴なブーケを連想させます。「バックスタンプについて」バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。フランスを代表する超一流ブランド「HERMES」。エレガントなデザインが生み出す上質空間で優雅な癒しの時間をお過ごし下さい。エルメスの創業は1837年。テーブルウェアに進出したのは1984年のことです。エルメスの得意とする「エレガンス」が磁器の上で繰り広げられています。遊び心や楽しさをデザインの中に生かしたスタイルは世界中から広く愛されています。 ギフト対応 商品詳細ブランドエルメス(フランス)シリーズシエスタアイテムクリーマー・ピッチャーサイズ直径5×横幅11×高さ9cm金額詳細価格34,020円(税込)ブランドボックスはありません。※商品名にプレート立て付などの表記がない場合は、付属品は別売となります。※商品の価格は実店舗と異なる場合があります。※販売価格は予告なく変更される場合がございます。観賞用に名陶・手描き・芸術品・美術品・ボーンチャイナ・ブランド・グラス・ガラス・クリスタル・陶磁器作品Interior(インテリア)陶器・磁器・洋食器・洋陶磁器・洋陶器・生活雑貨テーブルコーディネート(食卓)ディナー・モーニング・ティータイム・珈琲・紅茶・ティーブレイク・コーヒーブレイク・Tea & Coffee・ブランド食器キッチンウェア・テーブルウェアティーカップ・コーヒーカップ・受け皿・カフェ・カップ・コップ・ソーサー・Cafe・ブレンド・オリジナル・エスプレッソカップ・エスプレッソ...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
ティファニー ゴールドバンド 2客 カップ&ソーサー tiffany-13

Amazon

13,000

ティファニー ゴールドバンド 2客 カップ&ソーサー tiffany-13

未使用。箱に少々汚れ、しみ有ります。 ティファニー 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで...

送料無料
ミキモト インターナショナル ロイヤルクラウン エスプレッソデミタスカップ&ソーサー2客 mikimoto-07

Amazon

10,800

ミキモト インターナショナル ロイヤルクラウン エスプレッソデミタスカップ&ソーサー2客 mikimoto-07

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク