メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「にわとり雑貨」検索結果。

にわとり雑貨の商品検索結果全102件中1~60件目

リチャードジノリ・赤にわとり 20cmプレート

輸入洋食器店アイン 楽天市場店

8,100

リチャードジノリ・赤にわとり 20cmプレート

サイズ:20cm 素材:陶磁器 ※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。 お店で 赤にわとりを 見たお客さんが言われます。 美しいですね。 私は お答えします。 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 二百数十年生き続けた 美術品です。それにしても 手描き金彩 余白美に満ちた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。 貴方の眼に キラリと光る 未だ知らぬ一品 いわれを聞けば 納得の逸品 古の栄華の人との 美の追求と共有 喜びは やがて秘かな誇りへと 歴史は 今貴方と駆ける イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。 フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。 (彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。 ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。 流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。 フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。 次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。 侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。当初...

【ポーランド陶器・食器】マグカップS 0.2L マニュファクトゥラ社 K67-P319 にわとり ポーリッシュポタリー ポーランド食器

カジュアル雑貨ビューピィ

2,127

【ポーランド陶器・食器】マグカップS 0.2L マニュファクトゥラ社 K67-P319 にわとり ポーリッシュポタリー ポーランド食器

ポーランドから可愛いマグカップが入荷しました。 ニワトリさんたち並んだ愛らしいデザインです。 下の方に丸みを帯びた、ぽてっとしたかわいい形。 くびれた飲み口が唇にフィットして飲みやすくなっています。 ハンドメイドで、世界でひとつだけの模様は心温まります。 【製品の特徴】 ●耐久性に優れ、傷がつきにくい。 ●電子レンジ、食器洗乾燥はもちろん、オーブンにも直接使用できます。 ■サイズ(cm) ・持ち手を含め幅:11.3cm ・高さ:8.1cm ・口径:7.4cm ・幅(取っ手込み):10.1cm ・容量:200ml Fabryka Naczyn Kamoinkowych Manufaktura 社 ポーランド製 知っていただきたい事 ポーランド陶器は、ひとつひとつが職人の手作業で成型、絵付けされいますので、 同じ商品でも、柄の細かい部分が微妙に異なっています。 また、絵付けの際の絵具の散り、スタンプのずれ、ちいさなくぼみ、多少のざらつき、釉薬をかけた際の気泡によるピンホールなどはメーカー良品基準内となっております。 工業製品とは違ったハンドメイドならではの特徴としてご了承いただきますようお願い致します。 良品のみをお届けしておりますので、輸送中の破損以外は、返品・交換には対応できません。ご理解の上、お買い求めください。 当店は正規代理店を通して輸入、日本の食品衛生法検査に合格した商品だけを販売しております。 【コンビニ受取対応商品】コケコッコー♪ニワトリ柄がかわいい マグカップ200ml 中央ヨーロッパ・ポーランドから入荷しました。 『 Manufakturaマニュファクトゥラ社 』のマグカップです。 かわいいマグカップの入荷です。 下の方に丸みを帯びた、ぽてっとしたかわいい形。 くびれた飲み口が唇にフィットして飲みやすいです。...

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) レッドコック プレート 26cm 0115[並行輸入品]

Amazon

11,340

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) レッドコック プレート 26cm 0115[並行輸入品]

生産国 イタリア 直径 26cm ブランドBOX 別売りでございます。 イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 “レッドコック"は、ベッキオシェイプに東洋的絵柄のデザインシリーズです。 今から250年程前、九州有田で生まれた『栗とうずら』の絵皿を 創業者カルロジノリが気に入り、このモチーフが使われ始めました。 いつの間にか「うずら」は「にわとり」に姿を変えて描かれています。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク