メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「すり鉢片口」検索結果。

すり鉢片口の商品検索結果全340件中1~60件目

送料無料
すり鉢 波紋 乳だく 片口 7号 JUJU調理器具

きれいな食器のお店絵器彩陶

9,396

すり鉢 波紋 乳だく 片口 7号 JUJU調理器具

陶芸作家が心を込めて造りました。形がシャレてて素敵です。 山菜料理や胡麻和えなどをもりつけるのにはぴったり そのままテーブルに出せます。もちろん すり鉢としても十分使えます。 大きさも大中小あり お好みでどうぞ!! 口径 21.5cm 高さ 9.0cm 重さ 670g 他のサイズもございます。 お好みのサイズからお選びください。 5号 6号 7号さすが 陶芸作家のデザイン!!少量でもしっかりきめ細かくすれ、 注ぎ口もオシャレ♪ 陶芸作家加藤智也かとう ともなり 寛政六年、初代藤兵衛により開窯。高田の地より産出される青土(アオト)を代々用い 現在は 7代目藤兵衛によって 16世紀より続く高田焼すり鉢とおろし器をメインにひとつひとつ手作りによる製法を守り続けております。 1997年 多治見市陶磁器意匠研究所 終了 2003年 第26回長三賞展 長三大賞 2007年 55°PREMIO FAENZA [ITALIA・FAENZA] Targa dargent del Presidente del Sanate della Repubblica 2008年 台湾国際陶芸展 審査員賞[台湾] 2009年 56’PREMIO FAENZA Grand Prix [ITALIA・FAENZA] 2009年 多治見市顕彰受賞 国産くるみ 29 国産ひのき 24 山椒 すりこぎ 24 すりこぎ 24 国産すりこぎ(24cm) 波紋 すり鉢7号 点紋すり鉢 7号 唐草模様の すり鉢7号 間取花広口7号 波紋すり鉢 7号 黒波紋 7号 古染 花型すり鉢 7号 波紋中ヌリ すり鉢 7号 お買い得 すり鉢 7号 レッドすり鉢 7号 イエローすり鉢 7号 均窯 すり鉢 7号 黒片口波紋すり鉢6号 波紋の目がしっかりたっているところを見てください。

【盛鉢/すり鉢】【美濃焼(みのやき)】青十草片口すり鉢

うつわ魯庵

2,160

【盛鉢/すり鉢】【美濃焼(みのやき)】青十草片口すり鉢

【盛鉢/すり鉢】【美濃焼/みのやき】加藤明子作 サイズ:φ15.5×高さ7cm 手作り品につき多少の誤差はございます。 お客様を招いてのパーティや冠婚葬祭、 もちろん普段使いにでも。 大変重宝致します。 いつもの食卓が高級料亭へ変ります。 美濃焼/のことなら是非!うつわ魯庵までお任せ下さい。 いつもの食卓が高級料亭へ変わります。【美濃焼 みのやき】【美濃焼(みのやき)】【盛鉢/すり鉢/片口鉢】青十草片口すり鉢 「美」と「食」を極致をご堪能頂ける至極の一品 美濃焼(みのやき) 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。 そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。   他にもこのような作品があります。 (写真左) 加藤綱助作 灰釉斑紋片口向付 (写真中央) 中垣連次作 志野鉄絵変型片口鉢 (写真右) 中垣連次作 織部カゴメたわみ鉢     いつもの食卓が高級料亭に変ります。 「器は料理の着物」 美食家 北大路魯山人の言葉の通り、 例えばスーパーやコンビニで買ったパック入りのお惣菜やお料理、パックのまま食べるのでは何だか味気ない・・・ そうだ!この前買ったお気に入りのうつわに盛ってみよう それだけで、いっそう美味しくいただけます。       釉薬について 織部焼とは・・・ 安土・桃山時代の大名茶人、古田織部の好みによって使われた釉薬である。当時は志野、鳴海、瀬戸(瀬戸黒、黒織部、織部黒)も含まれていた。それまでの技法に飽き足らず、色調・文様・形状に技巧を凝らし、「ひょうげたる物」として桃山時代に一大変革をもたらした。現在は黒織部、青織部、赤織部、絵織部を含めて織部と呼び、一般的には青織部のみを織部と称している。           食の真髄をご堪能になれる和食器の最高峰をご案内します...

すり鉢 波紋 天目片口付 5号(国産 桧 すりこぎ付)

きれいな食器のお店絵器彩陶

2,894

すり鉢 波紋 天目片口付 5号(国産 桧 すりこぎ付)

すり鉢ですからスリ目で薬味をすり 調味料を加えてそのまま食卓へ。 注ぎ口もついていて かけるのも簡単♪ 目立ては職人の手造りですからすり味には 自信があります。 山菜などを盛って小鉢としても・・・ 注ぎ口含む一番長い所 17.0cm 注ぎ口のラインと直角に交わる太い所 16.4cm 高さ 7.5cm すりこぎ 18.0cm少量でもしっかりきめ細かくすれ、 注ぎ口もオシャレ♪ 陶芸作家加藤智也かとう ともなり 寛政六年、初代藤兵衛により開窯。高田の地より産出される青土(アオト)を代々用い 現在は 7代目藤兵衛によって 16世紀より続く高田焼すり鉢とおろし器をメインにひとつひとつ手作りによる製法を守り続けております。 1997年 多治見市陶磁器意匠研究所 終了 2003年 第26回長三賞展 長三大賞 2007年 55°PREMIO FAENZA [ITALIA・FAENZA] Targa dargent del Presidente del Sanate della Repubblica 2008年 台湾国際陶芸展 審査員賞[台湾] 2009年 56’PREMIO FAENZA Grand Prix [ITALIA・FAENZA] 2009年 多治見市顕彰受賞 均窯 すり鉢 5号 白マット すり鉢 5号 コバルトブルー すり鉢 5号 黒 すり鉢 5号 白マット すり鉢 5号 古染 片口すり鉢5号 太トクサ すり鉢5号 均窯 すり鉢 5号

スポンサーリンク
スポンサーリンク