メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「お箸」検索結果。

お箸の商品検索結果全16,400件中1~60件目

TOUMEI 箸置きセット 箔

ディノス

3,240

TOUMEI 箸置きセット 箔

箸置きを添える(変える)だけで、食卓は華やぐ。今回トウメイからリリースするのは、クリア素材に金箔が映え、食卓に華を添えるカトラリー。その名も『HASHIOKI』。(そのままです)和の文化である箸置きだから、アクリルの素材感を活かしながらも、和の要素を大切にデザインした。マット加工を施した表面は、磨りガラスの如く上品に裏面の金箔を映し、サイドのクリア部分はその透明度の高さで奥行を生む。箸はもともと日本の神器として使用され、その始まりはかの聖徳太子の時代まで遡る。その際、神様がお使いになる箸が台に触れないようにと作られたのが箸置きであり、その細やかな考え方はとても日本的だなぁと思う。さらに、箸文化の国々の中で古代より箸置きを使用しているのは日本だけだというから、気遣いや清潔感といった面から考えても、ちょっと誇らしい。そういった歴史や日本古来の心遣いみたいなものを鑑みると、箸置きは使った方が断然格好いいなという気になる。そして、どうせ使うなら欧米諸国のカトラリーレストとは一線を画す、和の雰囲気のあるものを。欲を言えば、和食器にも洋食器にも合うものを。「HASHIOKI」は当にうってつけのデザインではないか。美しく使い勝手の良い箸置き。 ■柄:(ア)い、(イ)ろ、(ウ)は■サイズ:約幅4.5x奥1.5x高さ0.8cm(重量6g)■材質:アクリル樹脂■耐熱温度80℃■日本製

TOUMEI 箸置きセット 押し花

ディノス

3,240

TOUMEI 箸置きセット 押し花

箸置きを添える(変える)だけで、食卓は華やぐ。“oshibana"シリーズ、 文字通り、食卓に、生活に、華(花)を添えるカトラリーである。透明度の高いアクリル素材に、草花の緑が映えるカトラリー達。本物の植物が閉じ込められているような、よりリアルで活き活きとしたデザイン、食器類に描かれる"絵"ではなく、"本物"を表現したところが特徴である。(プリントに見えないでしょう?)箸はもともと日本の神器として使用され、その始まりはかの聖徳太子の時代まで遡る。その際、神様がお使いになる箸が台に触れないようにと作られたのが箸置きであり、その細やかな考え方はとても日本的だなぁと思う。さらに、箸文化の国々の中で古代より箸置きを使用しているのは日本だけだというから、気遣いや清潔感といった面から考えても、ちょっと誇らしい。そういった歴史や日本古来の心遣いみたいなものを鑑みると、箸置きは使った方が断然格好いいなという気になる。そして、どうせ使うなら欧米諸国のカトラリーレストとは一線を画す、和の雰囲気のあるものを。欲を言えば、和食器にも洋食器にも合うものを。「HASHIOKI」は当にうってつけのデザインではないか。美しく使い勝手の良い箸置き。 ■柄:(ア)A、(イ)B■サイズ:約幅4.5x奥1.5x高さ0.8cm、重量6g■材質:アクリル樹脂■耐熱温度80℃■日本製

送料無料
【ネコポス送料無料】能作 箸置 花ばな 5個入 箸置 おしゃれ セット はしおき プレゼント シンプル 錫製品 新築祝い 結婚祝い 内祝い 出産祝い

ひょうま楽天市場店

5,400

【ネコポス送料無料】能作 箸置 花ばな 5個入 箸置 おしゃれ セット はしおき プレゼント シンプル 錫製品 新築祝い 結婚祝い 内祝い 出産祝い

箸置 - 「花ばな」 愛らしいお花の形の箸置の5ヶセットです。梅・桜・桔梗・コスモス・蓮の5種類の花々が食卓を彩ります。 錫は、抗菌性に優れているため食器として安心してお使いいただけます。また、錫100%でやわらかいので、端を曲げてお好きな形にしてお使いください。通常の錫製品は硬度を持たせるため他の金属を加えますが、能作では何も加えず、錫本来の持ち味を最大限に生かしました。 華やかな花々の箸置は、贈り物などにもおすすめです。 商品情報 サイズ H2 φ42 箱サイズ H19 W147 D129 重さ(箱含む) 149g マテリアル 錫100% 箱仕様 化粧箱 Design 能作香織能作 箸置 花ばな 縁起の良い錫製の箸置達 愛らしいお花をモチーフにした箸置。 梅・桜・桔梗・コスモス・蓮の5種類の花々が食卓を彩ります。 錫はやわらかいので、端を曲げてお好きな形にしてお使いいただけます。箸置きとしてはもちろん、お皿の上に薬味を乗せてアクセントとしてお使い頂くこともできます。結婚祝いなどにも人気の商品です。  錫(錫100%) 金、銀に次ぐ高価な金属として知られる錫は、酸化しにくく 抗菌作用が強いという特性をもち、金属アレルギーにもなりにくい素材です。 その歴史は古く、紀元前1500年頃の古代エジプト王朝では錫の道具が用いられていたと推測され、日本でも正倉院に錫製の宝物が収められています。また、古くから「錫の器に入れた水は腐らない」や「お酒の雑味が抜けて美味しくなる」などと言われ 酒器や茶器などに使われてきました。 能作の錫は、純度100%です。通常は、仕上げ加工をしやすくするために他の金属材料をくわえて硬くしますが、能作の錫はそれらを一切含みません。 純度100%の錫は非常に柔らかく、形状や厚さにもよりますが手で容易に曲げること...

スポンサーリンク
スポンサーリンク