メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「お玉」検索結果。

お玉の商品検索結果全5,128件中1~60件目

くもんの玉そろばん120

フレアOnline Shop

3,075

くもんの玉そろばん120

[商品スペック]●本体サイズ : 縦26.5×横30.4×奥行13cm●重量 : 1300g●セット内容 : 本体1個、かずシート2枚(両面使用)、仕切り板1枚、ガイドブック1部●材質 : 本体:木製(シナ合板、イジュ)・ステンレス・ABS樹脂・PP樹脂数シート・ガイドブック:紙●生産国 : 中国●仕様 : STマークつき●対象年齢 : 3歳以上[商品詳細]120までの数を唱えて、数の世界を広げる。120までの数を、玉をはじきながら声に出して数える「玉そろばん」です。くもん独自の「120までの数かぞえ」ができて、数の並びの規則性が理解でき、100を超える大きな数の感覚も身についていきます。付属の厚紙製の「数シート(背板)」を差し替えることで、「助数詞」「数えていくつ」などの学習もできます。【詳しい仕様】・数シートの内容 1枚目:助数詞、120の数表 2枚目:数えていくつ、60の数表 数シートは、本体上部から溝にスライドさせて差し込んで使います。・玉の仕切り板つき(60ずつに玉をわけたり、二人で遊ぶ場合に使うなどします)【遊びかた・使いかた】・120までの数を、玉をはじきながら声に出して数えます。・数シートをつかって、60まで、120までの数かぞえや、助数詞の練習などをします。…

鉄瓶 ティーポット 丸玉S

TABLE & STYLE

12,960

鉄瓶 ティーポット 丸玉S

山形は鋳心ノ工房から「鉄の造形美」を発信しつづける 鋳金家 増田尚紀デザインのティーポット。 日本の繊細な感性を伝統の技術で裏打ちされたこちらのティーポットは、茶入れの棗の形にインスパイアされたもの。 フォルムの美しさは勿論のことながら、錆防止のホーロー加工や2本ツルなど、使い手側にたったデザインは生活の道具としても秀逸です。 【産地】山形【サイズ】サイズ 100x125x125mm 0.4L【素材】鋳鉄【山形鋳物とは】山形鋳物(やまがたいもの)は、日本の伝統的工芸品。 山形県山形市とその周辺に伝わる鋳物で、1975年に、経済産業省(当時の通産省)に伝統的工芸品に指定された。また、鋳物の技術を利用した機械部品鋳物も盛んに作られている。 【注意】 ・内側はホーロー仕上げを施していますので、空焚きは絶対にしないでください。 ・外側はアクリル樹脂の焼付け塗装で仕上げています。 ・ティポットを落としたり、硬い物にぶつけたりしますと、注ぎ口、つまみなどが欠けたり、表面の色落ちの原因となりますので十分にご注意ください。 ・ティポットは本体、蓋、ステンレスの茶漉しは全てが金属の為、お互いが擦れ合うことにより、 表面の着色が変化しますのでご了承ください。 ・キャンドルウォーマーでの加熱は構いませんが、ガスの強火での加熱はしないで下さい。 ・ガスを使用する際は、ごく弱火でお使い下さい。 ・ご使用後は内側、外側の水分を十分に拭き取って保管下さい。 サビの原因になりますのでご注意下さい。・長期間お使いにならない場合は、水分、湿気を避けた場所に保管下さい。 ・一点、一点手造りの為、多少の仕上げが異なったり、着色が異なる場合があります。 ・ティポットをお持ちの際は、鍋つかみなどをご使用下さい。 ・商品は焼物の特性上、サイズや風合い(色・焼き上がり等...

国産!ホテイアオイ ホテイ草 玉草 浮き草 10株 メダカ・金魚の産卵に

Amazon

1,910

国産!ホテイアオイ ホテイ草 玉草 浮き草 10株 メダカ・金魚の産卵に

【別名】 ホテイソウ ホテイアオイ ウォーターヒヤシンス 布袋葵 【効果】 ・ホテイアオイを水槽に入れると、水の汚れが少なくなります(水質浄化)。これは、ホテイアオイが水中の窒素やリンを吸収するためです。 ・産卵床となります。 ・メダカには、外部に天敵を見つけると葉陰に隠れ身を守るという習性があるため、屋外で飼育する場合でも天敵に捕食されにくくなります。 ・屋外・内問わずメダカにとって葉陰は安心できる場所となります。 【花】 順調に育てることで一年に一度、花を咲かせます。花は青紫色をしていて美しいため、観賞用としても昔から親しまれてきました。 水質浄化作用があり、根がメダカの産卵床や隠れ家として最適なので、メダカや金魚の繁殖用としてもよく使用されます。 茎を平行に伸ばして増えます。 その草姿からホテイアオイの和名が付けられています。 根がメダカの産卵床として最適なのでメダカの繁殖用としてもよく使用されます。 また、土に根を下ろして成長することも出来、その場合ポンテデリアによく似た草姿となります。 草丈は最大で60cm以上になるなど、一般的に販売されているサイズからは想像し難いほどに大きく成長します。 性質は非常に強健で、強光さえ確保できれば大きく成長し、次々に子株を付けて増殖していきます。 強光が必要なので基本的にはビオトープなどで育成するのが最適です。 室内で育成する場合はメタハラなどが必要です。 耐寒性はないので気温が15度を下回るようになってきたら屋内にいれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク